1. Home
  2. Fashion
  3. スニーカーで。ジーンズで。市役所で。結婚式がますます自由になってる

スニーカーで。ジーンズで。市役所で。結婚式がますます自由になってる

1,912

20180307_wedding

最近、モデルで女優のEmily Ratajkowski(エミリー・ラタコウスキー)が、「ZARA」の約2万円のパンツスーツで結婚式を挙げたことが話題。

自分の好きな服でシンプルに結婚式をする人がアメリカでも増えています。

結婚式は新郎新婦もゲストもみんなスニーカーで出席

ここ数年、友人の結婚式にいくつも出席しましたが、新郎新婦がスニーカーを履いていた結婚式がふたつありました。

そのひとつは、「ゲストもスニーカーで出席してほしい」と招待状に書いてあり、私も新品のコンバースを購入して出席。

海沿いの結婚式だったのですが、新婦はカジュアルなホワイトのドレスに、同じくホワイトのコンバースを合わせていました。

最近では新郎新婦がスニーカーを履いている結婚式はめずらしくありませんが、その日はゲストもみんなスニーカーだったので、それぞれのファッションを見るのがとても楽しかった。

もちろん、新郎新婦の両親もスニーカーでした!

「私のウェディングドレスはH&Mで60ドルだった」

Aeyさん(@aeypannatorn)がシェアした投稿 -

いちばん印象に残っているのが、夏のサンディエゴでおこなわれた結婚式。

結婚を決めてからなんと1か月後に結婚式を挙げたケイトリンとマイケルの夫婦。

ふたりとも、盛大ないわゆる"結婚式"には興味がなかったそうで、とにかくみんなが楽しめるパーティにしたかったとのこと。

招待状には「ジーンズOK。みんな自分の好きな服で着てね」というメッセージが書いてあり、私も「何を着ていくかは前日に決めよう!」というくらいカジュアルな気分で臨みました。

ゲストのみんなのファッションは、ジーンズがいたり、スニーカーがいたり、タキシードもいたりとさまざま。

なかでも、新婦のケイトリンが、

「私のドレス、H&Mで60ドルだったの」

と言っていたのにはびっくり。でも、とってもシンプルで彼女らしい、カジュアルなホワイトのワンピースでした。

「いちばんお金をかけたのはDJよ!」

とも話していたケイトリン。

ダウンタウンにある新婦・マイケルの親族が営むイタリアンレストランで開かれた結婚式は、まるでカジュアルなDJパーティのような、飾らないふたりにぴったりの楽しいものでした。

今回話題になったエミリー・ラタコウスキーが式を挙げたのは、歴史に残る大人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のキャリーが結婚式をしたニューヨーク市庁舎。

そういえば、キャリーも結婚式では、豪華なトップブランドのドレスではなく、古着のヴィンテージスーツでした。

結婚式は女性の晴れ舞台。そんな言葉は、もう古いのかも。

女性でも男性でも、結婚式は自分らしく! がいまのトレンドなのです。

写真/Shutterstock

フレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    2. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    3. ファッショニスタに学ぶ、セットアップをさらっと着こなすテクニック

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    9. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    8. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    9. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    4. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    スニーカーで。ジーンズで。市役所で。結婚式がますます自由になってる

    FBからも最新情報をお届けします。