1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

女子のアソコは5つのタイプに分けられる

42,016

20180305_vagina-1

普段なかなか他人とはシェアできない、ヴァギナに関するあれこれ。

自分のヴァギナの形やサイズって、誰とも比べることができないから、余計に気になってしまいます。

ヴァギナの美容整形が海外で急増中。みんなヴァギナの形に自信がない?

海外で近年増えているヴァギナの美容整形。

アメリカの美容整形団体「American Society of Plastic Surgeons(ASPS)」の報告によれば、2016年におこなわれた施術は1万2千件を超え、その数は前年度に比べて39%もアップしたとのこと。

他人と比べることが難しいパーツだからこそ、みんな密かに悩んでいるのでしょうか…。この数字の伸びかたは、なんだか驚異的に感じます。

ヴァギナは5パターンに分けられる

ヴァギナの整形がいろいろな意味で注目されていますが、アメリカのビューティシャンによれば、程度の差はあれ、女子のヴァギナは大きく分けて全部で5パターンに分類されるのだそう。

左右きっちり対称。多くの人が思い描く理想のタイプ

前から見るときっちり左右対称に整っているタイプ。

内側にある小陰唇がしっかり内側に納まっている、いわゆる多くの人が思い描く"理想の形"です。

とはいえ、実際にこのタイプのヴァギナを持つ女子は、とても少ないとのこと。なんだか気が楽になりました。

下にぷっくり丸くなって垂れ下がったタイプ

前出の左右きっちり対称になっているヴァギナと似ているけれど、大陰唇が恥骨から下に丸く垂れ下がっているのが特徴。

水着やぴちっとしたエクササイズショーツを着ると気になってしまうこともありますが、個人的には何だかかわいく思えてきます。

いちばん多い。小陰唇がちょっぴり外に飛び出たタイプ

小陰唇が大陰唇の外側に飛び出していて、女子のなかでもっとも多く見られるタイプ。

小陰唇が垂れ下がっているのは、年齢による老化や体重とは何の関連性もないとのこと。

「小陰唇がきちんとなかに収まっていないとかっこ悪い?」なんて思ってしまうけれど、統計的に見ればとってもノーマルなヴァギナなのです。

馬のスニーカーみたい? U字型タイプ

大陰唇が大きく開いて垂れ下がりながらも、下部で再び引っ付いているタイプ。

小陰唇は内側にきちんと納まっているのが特徴です。

U字型の馬蹄に形が似ていることから「Horseshoe(馬のスニーカー)」と呼ばれることもあるそう。すごくユニークなネーミング(笑)。

まるでチューリップのつぼみ。控えめタイプ

小陰唇が大陰唇の隙間からわずかにちょこんと出ているタイプ。

外側からは見えているけれど、大陰唇の下側には垂れ下がっていないのがポイントです。まるでチューリップのつぼみが少しだけ顔をのぞかせているみたい。

「私のアソコって変?」なんて、思い悩む必要なし!

女子のヴァギナって本当に人それぞれ。ちょっぴりいびつな形だからこそ、個性があって美しいのだ思います。

METRO, THE SUN

イラスト/ニシクボサユリ

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    2. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    3. ファッショニスタに学ぶ、セットアップをさらっと着こなすテクニック

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    9. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    8. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    9. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    4. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方