1. Home
  2. Cosmetics
  3. ヘア・メイク
  4. ピンクベースの口紅。唇からふわっと春を呼び込む

ピンクベースの口紅。唇からふわっと春を呼び込む

1,749

20180307_rouge

メイクをするのが面倒くさいと感じる日もある。

そんなときにかんたんに顔の印象を変えてくれるのが、口紅。

カラーヴァリエーションがあると服装や気分に合わせてメイクの幅も広がります。

そこで今回は、春の気分に寄り添うピンクをベースとしたルージュメイクをご紹介。

ピンク × オレンジならすっぴんメイクも華やかに

Jeanneさん(@jeannedamas)がシェアした投稿 -

オレンジがかったピンクルージュは、色白の肌にも日焼けした肌にも似合う色。ベージュ、ブラウンなどの肌なじみのいいアイメイクと相性良しです。

どんなファッションにも合うので、1本持っていると便利。

とくに休日、あまり化粧したくないときでも、ピンク × オレンジルージュをひと塗りするだけで、顔色がよく見え、華やかな印象になります。

今年のキーカラー、パープルをルージュで取り入れる

青みがかったピンクルージュはパープルっぽい色味で、しっかりした濃いめのアイメイクと相性抜群。

「PANTONE(パントン)」が発表した2018年のキーカラーがウルトラバイオレットということもあり、パープル系は今年注目したいカラーです。

パープルのルージュ...というと難易度が高く思えますが、ファッションにパープル系のカラーを取り入れたときにより自然となじむピンク × ブルールージュは、いまっぽさを意識するなら断然おすすめです。

ナチュラル派なら、やっぱりピンク × ベージュ

色味のうすいピンク × ベージュルージュは、ナチュラルに仕上げたい日に最適。

無色のリップクリームでは再現できないほんのりとしたピンクのおかげで、ナチュラルななかにも女性らしさを演出してくれます。

カジュアルな服装に合わせて、ラクに過ごしたい日にぴったりのカラーです。

主張しすぎず、だけど華やかなピンクベースのルージュなら、すでに持っているコスメや洋服と合わせやすいのもありがたい。

さっそく春の気分に合わせてルージュを新調しようと思います。

写真/Shutterstock

ELIE INOUE

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    2. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    6. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    7. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    8. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    9. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 「価値観の違い」って結局なに? 東京の男女に聞いた、別れた本当のワケ

    4. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    5. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    6. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    7. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. 何これ、真似したい! 超簡単オージーガールのBBQレシピ

    10. ラブリさんに聞いた、なりたい自分に近づくためにやっていること

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    4. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    5. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    8. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    9. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    10. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    ピンクベースの口紅。唇からふわっと春を呼び込む

    FBからも最新情報をお届けします。