1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. 本物? CG? フォロワー60万人のインスタグラマーが人気の秘密

本物? CG? フォロワー60万人のインスタグラマーが人気の秘密

2,918

20180306_cg

CGで作られたインフルエンサーの話題、もうどこかで見た人もいるかもしれません。

彼女は、Miquela Sousa(ミケーラ・ソウザ)。またの名を、Lil Miquela(リル・ミケーラ)。

Instagramでは、2018年3月時点で、60万人以上のフォロワーを抱えるインフルエンサーです。

2017年にはSpotifyでシンガーとしてデビューしています。

フォロワーの最大の関心事のひとつは、彼女は実体のある人物なのか、それとも完全にバーチャルなのかということ。

でも、彼女の言葉を読んでいると、じつはリアルかバーチャルかわからなくなっているのは、リアルなはずの私たち自身ではないかと思わされます。

そしてそんなことを考える機会をくれることが、ミケーラの魅力のようです。

見た目はちょっと不自然、でもそれっていまどき普通

「ブラジル人とスペイン人の混血、ロサンゼルス在住の19歳」という設定のミケーラ。

彼女のInstagramをぱっと見ただけでは、まるで実在する女の子みたい。

インフルエンサー友だちと一緒に食事をしていたり、ブランドから贈呈された服を着ていたりしています。

でも、それぞれの写真や動画をよく見ると、なんだか肌がきれいすぎたり、隣の人との映りかたが違っていて浮いて見えたりします。

ただ、ミケーラが自身のインタビューで問いかけているのは、「いまどき自分の画像を編集しない人なんているの?」ということ。

たしかにいま、フィルターのようなかんたんな処理も含めれば、誰もが気軽に自分の画像を加工してSNSでシェアしています。

フォロワーに迎合してるわけじゃない、ちゃんと自分のある女の子

ミケーラがリアルなのかフェイクなのかという問いは、外見だけでなく、興味の対象やコメント内容にまで及びます。

Business of Fashion」のインタビューでは、彼女に対して「あなたのアイデンティティは、どのような形でクラウドソースされていると言えますか?」と質問しています。

つまり、フォロワーというクラウドの反応をもとに、ウケのいい話題をねらって振っているだけじゃないですか? というちょっと意地悪な質問です。

ところが、ミケーラの答えははっきりしていて、「私のアイデンティティがクラウドソースされたなんて、まったく思わない」とのこと。

私はアーティストで、これまでウケの悪い考えを表現してきたし、そのせいでファンが減ってもいるんです。

(「Bussiness of Fashion」より翻訳引用)

たしかに彼女は、誰もが賛成というわけではない黒人人権運動の「Black Lives Matter」やトランスジェンダーの権利といったことへの支持を表明しています。

翻って、普通の人のSNSを考えると、つい「いいね!」されやすい内容は投稿して、そうでないことは控える、といった行動をとりがち。

つまり、バーチャルなはずのミケーラのほうが、むしろ本音を表に出しているのです。

人気の秘訣は「フォロワーが自分自身について学べること」

バーチャルでありながらリアルな問いを投げかけてくるミケーラは、自身の人気の秘訣についても興味深い見方をしています。

「Busineess of Fashion」で「成功の要因は何だと思いますか?」との質問に、こう答えました。

最初は多分、好奇心だと思います。でもみんなが(アンフォローせずに)残ってくれるのは、みなさんが問いかける質問を通じて、結局はその人たち自身について学んでいるからだと思います。

(「Bussiness of Fashion」より翻訳引用)

つまり、インフルエンサーをフォローすることの意味は、インフルエンサーではなく自分自身を知ることなので、フォローする相手に実体があるかどうかはあまり重要でない、ということなのかもしれません。

ただミケーラはフォロワーとのコミュニケーションをとても大事にしていて、それも人気を支えているように見えます。

コメントにはていねいに返信し、ときには自らコメント欄でなくDMを送ることもあるのだそう。

コミュニティは、コミュニケーションを取ったり自分の意見を言ったりすることが安全だと感じられる場所から生まれます。

(「Bussiness of Fashion」より翻訳引用)

とも語っていて、インフルエンサーでありながらネットコミュニティの管理人のような役割も果たしているようです。

人も企業も、バーチャルだからって気にしない時代

順調にフォロワーを増やしているミケーラにはいま、錚々たるブランドやメディアからコラボレーションの誘いが舞い込んでいます。

有名雑誌での写真撮影も完了して出版待ちとのことですし、先日はプラダとコラボレーションしてこんなGIF動画を公開していました。

ミケーラという存在が本当のところ何者なのか、たんに自分の写真を加工しすぎな女の子なのか、それとも彼女の活動すべてが何らかのアート作品または実験なのか、それは分かりません。

真実がいつか明らかになるのかどうかすらわかりませんが、どちらにしても当面、彼女のフォロワーや企業は彼女を追いかけ続けることでしょう。

リアルかバーチャルかわからない存在とコミュニケーションをとり、その写真を見て共感したり、楽しくなったりする時代。

それを良しとする人がすべてではないのかもしれませんが、世のなかの空気はますますテックフレンドリーに向かっているのを感じます。

YouTube, Business of Fashion

福田ミホ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 今の彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    2. エアコンで冷えた体は「骨盤ゆるゆる体操」でリセット。テレビ見ながらできちゃう

    3. 肌の色、ジェンダー、サイズは関係ない。今年のNYFWが多様性にあふれてた

    4. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    5. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    6. 家に帰ったら大自然。都会の喧騒を忘れられるフレグランス

    7. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    8. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. すっかり秋に。季節の変わりめ、体調大丈夫? #心理テストまとめ

    1. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    2. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    3. エアコンで冷えた体は「骨盤ゆるゆる体操」でリセット。テレビ見ながらできちゃう

    4. すっかり秋に。季節の変わりめ、体調大丈夫? #心理テストまとめ

    5. 今の彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    6. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    7. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    8. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    9. 顔が似ている人が性格も似る理由。答えは顔筋だった【GLITTY研究所】

    10. 家に帰ったら大自然。都会の喧騒を忘れられるフレグランス

    1. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    2. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    3. ぽっちゃりってかわいくない? リアルな女子の体型にフィットするブランド見つけた

    4. ここまできたか。クレジットカードもエモくなる時代になりそうです

    5. 童貞に恋をしました。進展しない関係性にヤキモキしています...【解決しない恋愛相談室】

    6. モデルやスタイリストが恋する定番アイテム【スニーカー編】

    7. 「私のサイズを作って!」プラスサイズ女子の憂鬱をコミカルに発信する

    8. 女子がイケメンに言われたいのは「〇〇しないで」。たまには妄想したっていいよね

    9. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    10. ZARAのパンプスが推し。洗練された足もとを作るコツ #東京女子のマイルール

    本物? CG? フォロワー60万人のインスタグラマーが人気の秘密

    FBからも最新情報をお届けします。