1. Home
  2. Cosmetics
  3. ヘア・メイク
  4. 8割の女子の悩み。自分に合うファンデーションって結局何?

8割の女子の悩み。自分に合うファンデーションって結局何?

1,292

20180305_kate_top

メイクに欠かせない、ファンデーション。

毎日自分の顔と向き合っていてもなお、わからないのがファンデーションの選びかたです。

じつは「KATE(ケイト)」の調査によると、80%以上の女性が「自分に合うファンデーションがよくわからない」と回答したのだそう。

リキッド派? パウダー派?100人の女性が選んだのは…

「ケイト」が20代女性100人をターゲットにおこなった調査では、好きなファンデーションの形状として約6割が「リキッドタイプ」、約4割が「パウダータイプ」と回答。

その理由を見てみると、

リキッドファンデーションを使う理由

20180305_kate1

パウダーファンデーションを使う理由

20180305_kate2

という結果に。

「カバー力の高さ」「伸びの良さ」「密着感の高さ」を重視する人はリキッドタイプを、「さらさらの仕上がり」「軽やかな仕上がり」「厚塗りに見えない仕上がり」を好む人はパウダータイプを選んでいるよう。

おもしろいのが、ファンデーションに求めるものの回答。

ファンデーションを選ぶときに求めること(リキッド派)

20180305_kate3

ファンデーションを選ぶときに求めること(パウダー派)

20180305_kate4

リキッド派、パウダー派ともに、「カバー力の高さ」と「厚塗りに見えない」をとくに求めているという結果に。

リキッド派とパウダー派、選んでいるファンデーションは違っても「カバー力があって、厚塗りに見えないファンデーションがいい」というのが本音みたい。

リキッドとパウダーのいいとこどり。新感覚のファンデーション

20180305_kate6

そんな声に応えて、ケイトが2月1日に発売したのが「ケイト パウダリースキンメイカー」。

リキッドタイプだけど、肌になじませるとパウダー状に変化する新感覚のファンデーションです。

肌にのせてみると、液状のファンデーションがぴたっと密着し毛穴をカバー。さらになじませていくとパウダー状に変化しさらっと仕上がりました。

私も普段のメイクでは、リキッドタイプのファンデーションの上からフェイスパウダーを重ねているけど、それが必要ないくらいのさらさら感。

2月1日の発売から、すでに50万本以上出荷しているヒット商品だというのにもうなずけます。

カバー力の高いリキッドか仕上がりの軽やかなパウダーか、どちらかを選ばないといけないと思っていたけど、どっちも欲張っていい! というのがうれしい。

20180305_kate9

さらにファンデーション選びのコツとして、カネボウ化粧品・美容研究所の今原まゆみさんが教えてくれたのは、「首の色に近いものを選ぶ」というカラー選びの仕方。

何色かとって、頬から首に向かってなじませて比較すると、首に近い色を選べるのだそう。

カラーもタイプも妥協せずに選んだファンデーションなら、「自分に合っている」と自信を持って言えそうです。

写真(トップ)/Shutterstock

KATE

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. おめでとう! メーガン・マークルが結婚でゲットしたもの

    2. 2泊3日の韓国旅行。女子旅って楽しい! #ふたりごと

    3. 「ティファニーで朝食を」が生まれ変わった。パーカーにデニムの気軽さがうれしい

    4. 買い物はスマホでずる賢く。いまどき女子のマイルール

    5. 発想に脱帽。アクセサリーを作るプラモデルにワクワク止まらない

    6. 衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

    7. キャミソール1枚でもいやらしくならない着こなしのコツ

    8. パンプス履くとき、靴下どうしてる?

    9. 正社員にこだわりはない。どう生きたいかで仕事を選ぶオージーガール

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. パンプス履くとき、靴下どうしてる?

    2. おめでとう! メーガン・マークルが結婚でゲットしたもの

    3. 衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

    4. 30秒じっとするだけでお腹ほっそり

    5. 買い物はスマホでずる賢く。いまどき女子のマイルール

    6. バツイチ歴18年目。「結婚」について考えてみた #ふたりごと

    7. 結局、一生いじめや争いが完全になくなることはない【文太の日記】

    8. 「ティファニーで朝食を」が生まれ変わった。パーカーにデニムの気軽さがうれしい

    9. JINSのメガネ。女子の「かわいい」が盛り盛りでもう胸が痛い

    10. 発想に脱帽。アクセサリーを作るプラモデルにワクワク止まらない

    1. 生理の3Dアニメでタブーを打破。このシュールさがどこか懐かしい...

    2. パンプス履くとき、靴下どうしてる?

    3. おめでとう! メーガン・マークルが結婚でゲットしたもの

    4. 衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

    5. 30秒じっとするだけでお腹ほっそり

    6. バツイチ歴18年目。「結婚」について考えてみた #ふたりごと

    7. 買い物はスマホでずる賢く。いまどき女子のマイルール

    8. 生理用品、何使ってる?

    9. あ、アソコ蒸れてる...。デリケートゾーンの不快感をささっと拭き取るウェットティッシュ

    10. ぶっちゃけ、貯金してる?

    8割の女子の悩み。自分に合うファンデーションって結局何?

    FBからも最新情報をお届けします。