1. Home
  2. フィットネス
  3. お尻が人のイメージを左右する。キュッと締まった美尻に近づくエクササイズ

お尻が人のイメージを左右する。キュッと締まった美尻に近づくエクササイズ

3,437

20180313_hip

いまいちばん気になっているのが、お尻ケア。

Instagramのタイムラインで外国人のプリッとしたお尻の写真が流れてくるたびに、羨ましくなります。

そんな、お尻を意識しているのは私だけじゃないみたい。

「お尻」と「胸」、イメージを左右するのはどっち?

今回、「レキットベンキーザー・ジャパン」は、20~30代の女性500名にアンケートを実施。

女性らしさを感じるパーツとして対比されることが多い「胸」と「お尻」とを比較した質問をぶつけてみました。

すると、おもしろい結果に...。

■ラインやシルエットが、その人のイメージに大きくかかわると思うのは?

お尻:22%

胸:18%

どちらも同じくらい:60%

■ラインやシルエットが美しいと、若々しくみえるのは?

お尻:43%

胸:11%

どちらも同じくらい:45%

■ラインやシルエットに、その人の生活習慣があらわれるのは?

お尻:62%

胸:3%

どちらも同じくらい:35%

「その人自身のイメージやシルエットの美しさを左右するのは、胸よりもお尻だ」と考えている人が多いというのは、意外な結果でした。

とはいえ、62%が「胸よりもお尻のほうに生活習慣が反映される」と答えたことを考慮してみれば、お尻がその人の内面までもを想像させてしまうのは納得。

お尻ひとつでそこまで想像させられるという事実に驚きです。

89%が「自信なし」。理想のお尻を手に入れるエクササイズ

そんなお尻への意識が高い女性たちに、自分のお尻に自信があるかどうか聞いてみると、「ある」と答えたのが11%、「ない」と答えた人は89%に上りました。

みんなお尻のシルエットの大切さは分かっているものの、「サイズが大きい」「丸みがない」「形が四角い」などの悩みを持って、いまいち自身が持てないみたい...。

そこで、キュッと締まったお尻に近づけるエクササイズをまとめてみました。

水着が似合うお尻ほしい。空手キックでキュッと引き締める

20180313_hip01

お尻と太ももを引き締めてくれるのが、空手流の全力キック。カロリーの消費も大きく、バランス感覚もきたえられるので、続けるうちに全身の引き締め効果にもつながります。ストレス解消にも良さそう!

>>記事を読む

効果あるし続く。スマホで映画を観ながら、お尻を小さくする方法

20180313_hip02

1日中オフィスで座ってばかりのお尻は、どうしてもたるんでしまう...。だけど、スマホをいじりながらできちゃうヒップリフトなら、続けていくうちにお尻がプリッと上向きになるのを実感できるかも。

>>記事を読む

裏太ももほっそり。「おはようございます!」とお辞儀するようにエクササイズ

20180313_hip03

太ももの裏とお尻、背筋に効くのが、「グッドモーニング」と呼ばれるトレーニング。実際に現役のプロレスラーもおこなっているとのことで、効果が期待できます。

>>記事を読む

春はファッションや髪型を変えるのもいいけど、お尻を鍛えて美しいシルエットを手に入れてイメージチェンジするのも素敵です。

レキットベンキーザー・ジャパン

写真/Shutterstock

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    2. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    3. ファッショニスタに学ぶ、セットアップをさらっと着こなすテクニック

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    9. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    8. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    9. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    10. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    4. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    お尻が人のイメージを左右する。キュッと締まった美尻に近づくエクササイズ

    FBからも最新情報をお届けします。