1. Home
  2. Trend
  3. 猫背を治して美胸になる。一石二鳥な背中エクササイズ

猫背を治して美胸になる。一石二鳥な背中エクササイズ

1,979

20180322_ex_top

寒さですっかり猫背気味になった背中。新年度に向けて、ピシッとした姿勢を取り戻したい。

そこで、丸まった背中を改善しバストアップにもつながるストレッチを紹介します。

背中を鍛えて、きれいな姿勢とバストを手に入れる

1. 背筋を伸ばして胸を張る

2. 腕をまっすぐ前に伸ばし、手のひらを外に向けるようにして両手の甲と甲をくっつける

3. 手のひらが上にくるように手首をまわしながらこぶしを握り、ワキをしめてひじをまっすぐ後ろに引く。このとき、腰まで反らないようにお腹に少し力を入れる

4. 両手をゆっくり2の位置に戻し、両手の甲をくっつける

5. 3と4を10回くり返す

腕を前に伸ばすときは、肩に力を入れすぎないこと。肩はしっかり落とし、リラックスした状態でおこないましょう。

また、両こぶしを引くときは肩甲骨どうしがくっつくくらい、しっかりと引くのがポイントです。

私がやったときは、あまりに普段から猫背になりすぎていたせいか、ひじを引いたときに「パキッ」と背骨が鳴る音がしました。

何回かくり返しているうちに、だんだん背中の血行が良くなりポカポカしてきます。

ひじをしっかり引くと肩と胸まわりの筋肉も刺激されるので、背中を鍛えると同時にバストアップ効果も期待できるのがうれしいところ。

ピシッとした姿勢が作れたら、春ファッションもかっこよく着こなせそうです。

写真/Shutterstock

チョビベリー

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    2. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

    5. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    6. 彼の誕生日を祝いたい。だから新幹線に飛び乗った #終電と私

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    猫背を治して美胸になる。一石二鳥な背中エクササイズ

    FBからも最新情報をお届けします。