1. Home
  2. Fashion
  3. オージーガールはパジャマで女子を楽しむ。リボンやフリフリだって着ちゃうよ

オージーガールはパジャマで女子を楽しむ。リボンやフリフリだって着ちゃうよ

20180327_pajamas

ファッションの流行は追わず、基本シンプルなスタイルを好むオージーガール

だけど、家で着るパジャマには、とことんキュートなアイテムを選ぶのが気分みたい。

そんな彼女たちの間で人気に火がついているのが、パジャマブランド「Peter Alexander(ピーター・アレクサンダー)」です。

ユニークなのにガーリー全開。女の子な気分を満喫できるパジャマ

オーストラリアを始め、いま世界中で注目を集めている「Peter Alexander」。

肌にやさしい素材で作られていて、着心地は抜群。ユニークで遊び心満載のデザインには、必ずどこか女の子らしさが感じられるものばかり。

女子の心をくすぐるハートやスイーツはもちろんのこと、ピンクのネコちゃんもパジャマになって登場しています。

ディテールにもこだわりがあって、一気に女子度が上がるデザイン。大人になっても思いっきりフリフリを楽しめるのは、パジャマならでは。

オードリー・ヘップバーンだって、「Peter Alexander」の手にかかればこんなにガーリーに変身します。

ヘルシーガールが大よろこびしそうなアボカドのデザインも発見しました。

ETにピカチュウ。パジャマならキャラものだって着ちゃう

海外では大人にも人気なポケモンもパジャマになって登場。アニメのキャラクターも子どもっぽすぎず着こなせます。

いつもクールなオージーガールがETやピカチュウのパジャマに身を包んでいるのって、意外性があってなんだかかわいい。

キュートなBOXに入れてプレゼントすることも可能です。

同僚のメリッサは、女友だちへのギフトにはいつも「Peter Alexander」のパジャマをチョイスするのが定番。

「その子に似合いそうなパジャマを選んでいると、自分までワクワクしちゃう」

とすっかりトリコのよう。

毎月新しいコンセプトに合わせたパジャマが続々登場するショップは、ディスプレイにもこだわりがあって、おもしろい。見ているだけでも楽しくなってきます。

ちなみに3月のテーマは「Laundry(ランドリー)」でした。

パジャマのほかに、スリッパやシャワーガウンのコレクションも。

日本からもオーダーすることが可能で、国際郵便で届けてくれます。

世界中のトレンドが詰まったパジャマにセレブも夢中

ファウンダー兼デザイナーのPeter Alexanderは、パリやニューヨークなど世界中を旅してデザインのインスピレーションを得ているのだそう。

着ているだけでテンションが上がる理由は、こんな自由な好奇心に隠されているのかも。

オーストラリア出身のミランダ・カーや、カイリー・ミノーグを始め、ニコール・リッチーやレディ・ガガといった個性的なセレブたちに支持されているのにも納得です。

普段クールな女子だって、自分のなかの「女の子」な部分は大切にしたい。

誰に見せる必要もなく自分のために選ぶパジャマは、女子が思いっきりガーリーになれる最強のアイテムです。

Peter Alexander

写真/Shutterstock

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    2. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    3. 顔が似ている人が性格も似る理由。答えは顔筋だった【GLITTY研究所】

    4. 「ヤセたいけどおかし食べたい」みたいな、女子あるあるを漫画にしてる。かずはりんぬの原動力

    5. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    6. シワ、くすみ、乾燥を1本でケア。オージーガールが偏愛する美容オイルって?

    7. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 童貞に恋をしました。進展しない関係性にヤキモキしています...【解決しない恋愛相談室】

    10. もんだら、引っ張る。凝り固まった頭をほぐすマッサージ

    1. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    2. モデルやスタイリストが恋する定番アイテム【スニーカー編】

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    5. 家賃は150万円。迎えはプライベートジェット。クレイジーリッチなアジア女子の世界

    6. 「私のサイズを作って!」プラスサイズ女子の憂鬱をコミカルに発信する

    7. 童貞に恋をしました。進展しない関係性にヤキモキしています...【解決しない恋愛相談室】

    8. 「ヤセたいけどおかし食べたい」みたいな、女子あるあるを漫画にしてる。かずはりんぬの原動力

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. まっしろなTシャツを着るなら自分を愛して。ある女優が語る本当の美しさ

    1. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    2. ぽっちゃりってかわいくない? リアルな女子の体型にフィットするブランド見つけた

    3. ここまできたか。クレジットカードもエモくなる時代になりそうです

    4. 童貞に恋をしました。進展しない関係性にヤキモキしています...【解決しない恋愛相談室】

    5. モデルやスタイリストが恋する定番アイテム【スニーカー編】

    6. 「私のサイズを作って!」プラスサイズ女子の憂鬱をコミカルに発信する

    7. 女子がイケメンに言われたいのは「〇〇しないで」。たまには妄想したっていいよね

    8. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    9. ZARAのパンプスが推し。洗練された足もとを作るコツ #東京女子のマイルール

    10. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    オージーガールはパジャマで女子を楽しむ。リボンやフリフリだって着ちゃうよ

    FBからも最新情報をお届けします。