1. Home
  2. Fashion
  3. オージーガールはパジャマで女子を楽しむ。リボンやフリフリだって着ちゃうよ

オージーガールはパジャマで女子を楽しむ。リボンやフリフリだって着ちゃうよ

20180327_pajamas

ファッションの流行は追わず、基本シンプルなスタイルを好むオージーガール

だけど、家で着るパジャマには、とことんキュートなアイテムを選ぶのが気分みたい。

そんな彼女たちの間で人気に火がついているのが、パジャマブランド「Peter Alexander(ピーター・アレクサンダー)」です。

ユニークなのにガーリー全開。女の子な気分を満喫できるパジャマ

オーストラリアを始め、いま世界中で注目を集めている「Peter Alexander」。

肌にやさしい素材で作られていて、着心地は抜群。ユニークで遊び心満載のデザインには、必ずどこか女の子らしさが感じられるものばかり。

女子の心をくすぐるハートやスイーツはもちろんのこと、ピンクのネコちゃんもパジャマになって登場しています。

ディテールにもこだわりがあって、一気に女子度が上がるデザイン。大人になっても思いっきりフリフリを楽しめるのは、パジャマならでは。

オードリー・ヘップバーンだって、「Peter Alexander」の手にかかればこんなにガーリーに変身します。

ヘルシーガールが大よろこびしそうなアボカドのデザインも発見しました。

ETにピカチュウ。パジャマならキャラものだって着ちゃう

海外では大人にも人気なポケモンもパジャマになって登場。アニメのキャラクターも子どもっぽすぎず着こなせます。

いつもクールなオージーガールがETやピカチュウのパジャマに身を包んでいるのって、意外性があってなんだかかわいい。

キュートなBOXに入れてプレゼントすることも可能です。

同僚のメリッサは、女友だちへのギフトにはいつも「Peter Alexander」のパジャマをチョイスするのが定番。

「その子に似合いそうなパジャマを選んでいると、自分までワクワクしちゃう」

とすっかりトリコのよう。

毎月新しいコンセプトに合わせたパジャマが続々登場するショップは、ディスプレイにもこだわりがあって、おもしろい。見ているだけでも楽しくなってきます。

ちなみに3月のテーマは「Laundry(ランドリー)」でした。

パジャマのほかに、スリッパやシャワーガウンのコレクションも。

日本からもオーダーすることが可能で、国際郵便で届けてくれます。

世界中のトレンドが詰まったパジャマにセレブも夢中

ファウンダー兼デザイナーのPeter Alexanderは、パリやニューヨークなど世界中を旅してデザインのインスピレーションを得ているのだそう。

着ているだけでテンションが上がる理由は、こんな自由な好奇心に隠されているのかも。

オーストラリア出身のミランダ・カーや、カイリー・ミノーグを始め、ニコール・リッチーやレディ・ガガといった個性的なセレブたちに支持されているのにも納得です。

普段クールな女子だって、自分のなかの「女の子」な部分は大切にしたい。

誰に見せる必要もなく自分のために選ぶパジャマは、女子が思いっきりガーリーになれる最強のアイテムです。

Peter Alexander

写真/Shutterstock

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. ぶっちゃけ、貯金してる?

    2. 「女子力=ゆるふわ」は終わり。心理カウンセラーに聞いたこれからの女子力

    3. 女は愛されてこそ幸せになれるから、がんばって待つ。でも、結婚したい。

    4. サロペットだって子どもっぽくならない。大人女子のデニムコーデ

    5. くびれキュッ、お尻プリッ。手っ取り早くメリハリラインを作る方法

    6. 「インスタ映え」はもう十分。「自分映え」で唇からなりたい自分になる

    7. いい女こそ、細部にこだわる。下着を新調するベストなタイミングっていつ?

    8. キラキラ輝く瞳になるにはどうすればいい? 黄金比率に秘密があった

    9. 「ありがとう」って言葉をこれでもか!ってくらい伝えるようにしてる #ふたりごと

    10. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    1. 「女子力=ゆるふわ」は終わり。心理カウンセラーに聞いたこれからの女子力

    2. ぶっちゃけ、貯金してる?

    3. くびれキュッ、お尻プリッ。手っ取り早くメリハリラインを作る方法

    4. いい女こそ、細部にこだわる。下着を新調するベストなタイミングっていつ?

    5. ただヤセたいだけじゃなかった。サンフランシスコ女子が炭水化物を食べなくなった理由

    6. 「インスタ映え」はもう十分。「自分映え」で唇からなりたい自分になる

    7. つらい生理痛は指ひとつで和らげる。イラストでわかるツボ押しアプリ

    8. 渋谷に4畳半のクラブができた。ラムハイ片手に疲れもストレスも吹っ飛ばす!

    9. キラキラ輝く瞳になるにはどうすればいい? 黄金比率に秘密があった

    10. 「ありがとう」って言葉をこれでもか!ってくらい伝えるようにしてる #ふたりごと

    1. 「女子力=ゆるふわ」は終わり。心理カウンセラーに聞いたこれからの女子力

    2. 「ヤッホー! おしり! おしり!」腸活体操する中条あやみがとにかくかわいい

    3. くびれキュッ、お尻プリッ。手っ取り早くメリハリラインを作る方法

    4. 仕事中、がんばりたいのにイライラしたりボーっとしたり。私だけ? 理由知りたい

    5. 生理中のセックスも運動もあきらめない。女子の憂うつを吹き飛ばす3つのアイテム

    6. ぶっちゃけ、貯金してる?

    7. 生理前の便秘。おなら問題。女子のぶっちゃけトークがキュートなイラストになった

    8. 「インスタ映え」はもう十分。「自分映え」で唇からなりたい自分になる

    9. 意外と計算高いのね...。ネコが人間をメロメロにさせるのには理由があった

    10. キラキラ輝く瞳になるにはどうすればいい? 黄金比率に秘密があった

    オージーガールはパジャマで女子を楽しむ。リボンやフリフリだって着ちゃうよ

    FBからも最新情報をお届けします。