1. Home
  2. Fashion
  3. オージーガールはパジャマで女子を楽しむ。リボンやフリフリだって着ちゃうよ

オージーガールはパジャマで女子を楽しむ。リボンやフリフリだって着ちゃうよ

20180327_pajamas

ファッションの流行は追わず、基本シンプルなスタイルを好むオージーガール

だけど、家で着るパジャマには、とことんキュートなアイテムを選ぶのが気分みたい。

そんな彼女たちの間で人気に火がついているのが、パジャマブランド「Peter Alexander(ピーター・アレクサンダー)」です。

ユニークなのにガーリー全開。女の子な気分を満喫できるパジャマ

オーストラリアを始め、いま世界中で注目を集めている「Peter Alexander」。

肌にやさしい素材で作られていて、着心地は抜群。ユニークで遊び心満載のデザインには、必ずどこか女の子らしさが感じられるものばかり。

女子の心をくすぐるハートやスイーツはもちろんのこと、ピンクのネコちゃんもパジャマになって登場しています。

ディテールにもこだわりがあって、一気に女子度が上がるデザイン。大人になっても思いっきりフリフリを楽しめるのは、パジャマならでは。

オードリー・ヘップバーンだって、「Peter Alexander」の手にかかればこんなにガーリーに変身します。

ヘルシーガールが大よろこびしそうなアボカドのデザインも発見しました。

ETにピカチュウ。パジャマならキャラものだって着ちゃう

海外では大人にも人気なポケモンもパジャマになって登場。アニメのキャラクターも子どもっぽすぎず着こなせます。

いつもクールなオージーガールがETやピカチュウのパジャマに身を包んでいるのって、意外性があってなんだかかわいい。

キュートなBOXに入れてプレゼントすることも可能です。

同僚のメリッサは、女友だちへのギフトにはいつも「Peter Alexander」のパジャマをチョイスするのが定番。

「その子に似合いそうなパジャマを選んでいると、自分までワクワクしちゃう」

とすっかりトリコのよう。

毎月新しいコンセプトに合わせたパジャマが続々登場するショップは、ディスプレイにもこだわりがあって、おもしろい。見ているだけでも楽しくなってきます。

ちなみに3月のテーマは「Laundry(ランドリー)」でした。

パジャマのほかに、スリッパやシャワーガウンのコレクションも。

日本からもオーダーすることが可能で、国際郵便で届けてくれます。

世界中のトレンドが詰まったパジャマにセレブも夢中

ファウンダー兼デザイナーのPeter Alexanderは、パリやニューヨークなど世界中を旅してデザインのインスピレーションを得ているのだそう。

着ているだけでテンションが上がる理由は、こんな自由な好奇心に隠されているのかも。

オーストラリア出身のミランダ・カーや、カイリー・ミノーグを始め、ニコール・リッチーやレディ・ガガといった個性的なセレブたちに支持されているのにも納得です。

普段クールな女子だって、自分のなかの「女の子」な部分は大切にしたい。

誰に見せる必要もなく自分のために選ぶパジャマは、女子が思いっきりガーリーになれる最強のアイテムです。

Peter Alexander

写真/Shutterstock

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 意外とありかも! パーティドレスを活用した「ちょっとそこまでコーデ」

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. トイレで5秒ストレッチ。カチコチ腰をさくっとほぐす

    5. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    6. お風呂めんどくさい日の救世主。ソファで座りながら髪洗えるシャンプー

    7. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    8. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    9. メイク落とし、何使ってる?

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    2. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    3. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    4. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    7. トイレで5秒ストレッチ。カチコチ腰をさくっとほぐす

    8. 湯船、どれくらいの頻度で入る?

    9. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    10. お気に入りの曲を着信音にしちゃったら、それはもう彼を好きってことだよ

    1. 【タイプ別】ゲッターズ飯田の2018年下半期占い。この1年、どう締めくくる?

    2. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    3. やっぱ世界共通なんだね。他人には見せない女子の本性

    4. ドライヤーめんどくさい。この夏、髪を乾かすのがぐっとラクになる

    5. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    8. 早く海行きたい。寝転びエクササイズでプリッと上がったお尻になる

    9. セフレや不倫相手以上の男が見つからない。でも、結婚したい。

    10. 変化を感じるアラサー肌。いまの自分にいちばん合うスキンケアが知りたい

    オージーガールはパジャマで女子を楽しむ。リボンやフリフリだって着ちゃうよ

    FBからも最新情報をお届けします。