1. Home
  2. Trend
  3. バレンタインはオージーガールが乙女になれる日。会社にぬいぐるみや花束が届くサプライズも!

バレンタインはオージーガールが乙女になれる日。会社にぬいぐるみや花束が届くサプライズも!

20180210_valentinesday

もうすぐやって来るバレンタイン。

日本では、一般的に女性から男性に愛を告白する日と認識されているけど、オーストラリアを始めとする海外ではその逆。

女性はあくまで受け身の姿勢で、恋人や気になる意中の彼から思いっきり「尽くされる」日なのです。

女性が主役のバレンタインデー

日本のようにチョコレート渡すのが定番ではなく、男性は恋人や気になる彼女をデートに誘ったり、恥ずかしいけどこの日だけは! とがんばって花束をプレゼントしたり...。

そんな風景が当たり前のオーストラリアのバレンタイン。

女性が行動することを求められる日本のバレンタインをずっと過ごしてきた私には、最初はとてもカルチャーショックでした。

ちなみにホワイトデーは存在するものの、「女性がお返しをする」という部分は完全にスルー(笑)。

あくまでも、バレンタインの主役は女性なのです。

オフィスに届く花束やテディベア。男性からのサプライズがうれしい

@jroggioがシェアした投稿 -

バレンタイン当日のオフィスは、朝から何だかみんなソワソワ。

というのも、恋人や意中の彼からのサプライズプレゼントとして、大きなバラの花束やお腹に「I LOVE YOU」と書かれたテディベアが、素敵なメッセージカードと一緒にオフィスに届けられるから。

普段は「男女平等。女子だって経済的にも精神的にも自立していないのはダサい!」がモットーの彼女たちが、ハッピーモード全開で少し恥ずかしそうにプレゼントを受け取る姿は、見ていてなんだかほっこりしてしまいます。

オフィスに花束とぬいぐるみを届けるという、オーストラリア的バレンタインの定番イベント、日本でやると周囲からはどんな反応が来るんだろう...?

バレンタインはちょっとワガママに過ごしたい!

今年のバレンタインは、ディナーデートをする予定だという同僚のウェンディ。

彼が前もってリサーチして予約してくれたボンダイビーチにあるレストランは、半年以上ウェイティングリストがあるほどの超人気高級店。

同僚のサネラも、今年のバレンタインのプレゼントとして、あらかじめ彼に「PANDORA(パンドラ)」のブレスレットをおねだりしたのだそう。

「バレンタインデー、逆に彼には何かしてあげるの?」と聞いてみたところ、ふたりの答えはそろって「NO」。

「バレンタインは女子が主役なの。1年で1度プリンセス気分を味わえるスペシャルな日よ」

とのこと。

男性に頼りたいとか、支えられたいっていう願望がないオージーガールたちは、普段は恋人に対してとてもフランク。

そんなフェアな関係を好む彼女たちだからこそ、「バレンタインくらいワガママに女であることを楽しみたい!」という考えかたには、なんだか納得してしまいます。

日ごろ、ちょっと男勝りすぎる? くらいにパワフルなオージーガールが、乙女の顔をのぞかせるバレンタインデー。

彼女たちにとっては、自分のバースデーよりも気合いが入るみたいです。

写真/gettyimages

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    2. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

    5. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    6. 彼の誕生日を祝いたい。だから新幹線に飛び乗った #終電と私

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    バレンタインはオージーガールが乙女になれる日。会社にぬいぐるみや花束が届くサプライズも!

    FBからも最新情報をお届けします。