1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. 結局行き着くところは同じだから、悩んでも仕方ないわけ。私の場合。UNTITLED BY KIKUNO

結局行き着くところは同じだから、悩んでも仕方ないわけ。私の場合。UNTITLED BY KIKUNO

UNTITLED BY KIKUNO

1,243

20180202_untitled_by_kikuno

早いもので、2018年が始まって1か月が過ぎ、2月がやってきた。

1月の後半はやたらとバタバタしていて、めずらしくなにかにつけてイライラしたり、静かに考えごとをしたりする時間が多かったように感じる。

理由はわかっていて、1年のはじまりは自分に対しての期待や希望が大きくなる代わりに、プレッシャーがちょっとオーバーロードしてしまい、少しだけネガティヴになってしまうから。

自分に何ができるのか、自分は何をするべきで、何を大事にするべきなのか。

とか、真面目に考えてみたりした1月。

ネガティヴなときって誰かに上手に甘えられたらいいのになぁ

今年は「ムーンサイクル」について勉強してみたい。

新月とか、満月がどのように人に影響を与えるのかっていう話、すごく興味深くて。

そうやってネガティヴになったときに、月のせいにするっていうか、スピリチュアルな理由付けして頼ってみるのも、たまにはいいんじゃないかと。

私は悩みごとがあまりない人で、悩む前に自分のやりたいことややりたくないことって決まってるし、悩んで悩んで悩みまくって人に相談したところで結局行き着くところは同じだから、悩んでも仕方ないわけ。私の場合。

そもそも精神面で人に甘えたりするの、嫌なのね。せっかちだから、全部自分で解決したいわけ(笑)。

理由はないんだけど、昔っからそうしてきたから。

だからネガティヴになってしまうときって誰かに上手に甘えられたらいいのになぁって思うんだけど、なかなか難しいから、スピリチュアルな拠りどころがあったらサイコーじゃんっていう、超安易な考え。

コケるわ喧嘩するわ、最終的には熱出るわ

女子はとくにそうだけどさ、なにかと関連付けたがるじゃん。たとえば占いとか。

ある有名検索サイトの毎日占いをたまにみるんだけど、ビックリするくらい当たってんじゃん! って思うことがあるのね。

この間の大雪の日、「嫌なことにははっきりNOと言いましょう。さもなくば最悪の結果が訪れるでしょう」みたいなことが書いてあって。

私、都内で降る雪が得意じゃないのね。外に出ることがない日だったらいいんだけどさ、仕事や出かけなきゃならない用事があったときに不便だから。

出かけるのが本当は億劫だったんだけど、NOと言えずに仕方なく外に出たら、コケるわ喧嘩するわ、最終的には熱出るわで、本当に最悪の結果が待ってた(笑)。

でも、実際これが全世界の天秤座に(私は天秤座です)訪れているのか否かって話。

どれくらいの天秤座さんが、この日私と同じように爆発的バッドエンドを迎えたのか、気になるところで。

そもそも、嫌なことにはNOと言うべきだし、占いがそう言ってたのにも関わらず無視したからこんな結果が訪れたんだわ...なんてことはないんだよ、きっと。

すべては気の持ちようで、だっていくらその日の占いが当たってたからって、毎日ラッキーカラーを意識したり、方角や数字を気にしたところで、1日の運気がガラッと変わることなんて、あるの?

なんだか考えれば考えるほど不思議。これも何かの影響なのかしら、なんてね。

教えて占い先生!

>>連載「UNTITLED BY KIKUNO」をもっと読む

菊乃

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. 終電を逃すと厄介だ。でもぼくは「帰る場所」を手に入れた #終電と私

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 「10代のセックス = タブー」を変えたい。韓国の若者3人が立ち上がった

    10. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. ありそうでなかった広告画像。スリムとプラスサイズのモデルが同じドレスを着たら...

    7. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    10. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. ギクッ! 女子のちょっとお下品な生態がイラストになった

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    6. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    7. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    結局行き着くところは同じだから、悩んでも仕方ないわけ。私の場合。UNTITLED BY KIKUNO

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More