1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. 女子のアソコのプリントアート。人それぞれでなんか気持ち軽くなった

女子のアソコのプリントアート。人それぞれでなんか気持ち軽くなった

17,639

20180203_printart

ヴァギナの話題って、オープンにはしにくい。

だからこそ、他人と比べようがなくて、自分のヴァギナの色や形、サイズをネガティヴに捉えてしまいます。

セックスのときだって、「私のヴァギナ、大丈夫?」と彼の反応がついつい気になることも...。

そんなヴァギナへの不安やネガティヴなイメージを変えてくれるプリントアートが、アメリカで注目を集めています

個性がいっぱい。女子のアソコのプリントアート

「実態がよくわからないからこそ不安になる。だったらはっきり目で見て、自分のヴァギナの形やサイズをしっかり把握すればいい」

そんなコンセプトをもとに、アメリカ・ミシガン州在住のアーティスト、Lee(リー)がスタートさせたのが「Unfold」というプロジェクト。

手形や足形をとるのと同じ要領で、ヴァギナに特殊なインクをつけ、紙の上に押しつけて形を写し出していきます。

「Unfold」のInstagramには、個性あふれるヴァギナのプリントアートがずらりと勢ぞろい。

縦に長く伸びたもの、入り口の小さいもの、ピンク色のインクで写し出されたもの、生理の経血を描き足したものなど...。まさにヴァギナのアート集!

なかには自分のプリントアートを手に持っている女性の姿もあって、なんだかとてもユニーク。

ひとつひとつ写し出されたヴァギナを見ていると、「案外グロテスクなものなんかじゃない」と思えてきました。

いろいろなヴァギナがあって当たり前だよね

初めて聞くと驚いてしまうほど大胆なこのプロジェクト。

ところが、予想に反して多くの女性が参加し、「自分のヴァギナがなんだか愛おしくなった」「自己愛が高まった気がする」と、軒並み好評だったみたい。

また、インクをヴァギナに直接塗って紙に押し当てる作業中は、「とてもリラックスした雰囲気だった」とのこと。

「じゃあ、実際に参加してみる?」と聞かれると、まだちょっと躊躇してしまうけど、少なくともヴァギナへのネガティヴなイメージは払拭されました。

「いろいろな形や色、サイズのヴァギナがあって当たり前だよね」ということを思い出させてくれる、奇想天外なプリントアート。

なんだか気持ちが軽くなった気がします。

METRO

写真/Shutterstock

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 菊乃さんの素顔が知りたい。1日の過ごし方は? しあわせを感じる瞬間は?【ライフスタイル編】

    5. こんな89歳になりたい! 草間彌生は時代をスケボーで駆け抜ける

    6. 「化粧したい!」と思わせてくれる。オージーガールが夢中の「Tarte」って?

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    10. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    3. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. シルエット命。カーディガンを旬に着こなす5秒テク

    7. 同僚を勘違いさせてしまった。好意がないことを伝えるには?【解決しない恋愛相談室】

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. 前後にごろんでOK。シャンシャン体操でお腹引き締める

    10. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    1. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    2. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    7. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    8. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    9. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    10. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ