1. Home
  2. Trend
  3. もっといい人がいるかも? って思っちゃう。でも、結婚したい。

もっといい人がいるかも? って思っちゃう。でも、結婚したい。

でも、結婚したい。

4,216

20180219_papuriko

「結婚したい、でもいい人がいないんだよね...」

恋人がいないアラサー女性がよく口にする言霊トップ3のひとつ「いい人がいない」。

アラサー女ならこれまでの人生で1億回は言ったことがあると思います。

20代前半であれば「いい人いないかなー」とのんびり待ってもいられますが、アラサーになればそう悠長なことは言っていられません。

いざ婚活! ですが、婚活を始めて出会いが増えるようになると、「いい人いないかなー」は「もっといい人いないかなー」に進化します。

「もっといい人がいるのでは」症候群

20180219_papuriko01

婚活を始めると、一気に出会いの数が増えます。

じゃあ、あっという間に恋人が見つかり結婚ができるのでは? というと、そうもいかないのが難しいところ。

むしろ急激に増えたことで迷い、「もっと探せばもっといい人がいるのでは」症候群に罹患する女性のなんと多いこと。

「次に付き合う人とは結婚したいんだよね。いまの彼は告白してきてくれて、結婚も考えていると言ってくれたし、信頼できる人なんだけど、この人に決めていいのか迷っちゃって...」

「正直、婚活ってものすごくたくさんの人に会えるし、アプローチもされるじゃない。もっと探せばいまデートしてる人よりもっと自分に合う人がいるのでは? って思っちゃうんだよね」

「いま、AさんとBさんふたりからアプローチを受けているんだけど、どっちも一長一短で決めきれなくて...。Aさんは正社員で年収が高くてものすごくしっかりしてて話もしやすいんだけど、娯楽を一切楽しまない人で、趣味の話ができそうにない。BさんはAさんより年収はだいぶ低いから子どもを作れるか不安なんだけど、マンガにくわしくてずっと話してられる。両方ともいい人なんだけど、どっちにも決めきれない。ふたりのいいところを両方持っている人が現れてくれたらいいのに...」

「ようやく条件に合致している人を見つけたし、嫌いじゃないんだけど、どうしてもときめけなくて...なんか近所のいいお兄さんっていうか、決め手に欠けるんだよね...」

複数の人とデートをしている女性からも、婚活経由で出会ってお付き合いを開始した人からも「いまの人はまあまあいいんだけど、この人に決めていいのかわからなくて...」「もっといい人がいるんじゃないかって思っちゃって...」という声を聞きます。

もっといい人がいるかも? って思っちゃう。でも、結婚したい。

20180219_papuriko02

彼の性格は好きだけど顔がいまいち好みでない、という条件の部分一致への不満。

条件は合っているはずなのにどうしてもときめけない! 生理的にムリ! という、心身の不一致。

あれだけ婚活でたくさんの人に会ったのだから、もう少しねばればもっといい人が出てくるのでは? という、未来への期待。

つまりは「いまのデート相手や彼に満足できない」「結婚を考えるには決め手に欠ける」状態なのですが、かといって「不満すぎて即座に切りたい」レベルでもありません。

「結婚を考えるほど大好きなわけでもないけれど、すっぱり切るほどでもない」という中途半端さだからこそ、彼女たちは迷います。

迷うのは、自分の条件がわかっていない、あるいは多すぎるから

20180219_papuriko03

彼女たちの話を聞いていると、いまの彼に不満な現状も、どこが不満なのかはよく伝わってくるのですが、「どういう状態が理想なのか」を聞いてみると、わりと曖昧だったり、逆に多すぎたりします。

まず、よく言われる「相手に求める3つの条件」(3つは、多すぎもせず少なすぎもせず、相手を絞り込むのに適切な条件数と言われています)をそもそも設定せず「自分に合う人がいい」「フィーリングが合う人がいい」というふんわりした状態で婚活をしているケースがあります(とくに婚活初期に多いです)。

彼女たちにとっての婚活は「エンカウントはするし経験値もたまるけれど、クリア条件が設定されていないゲーム」のようなものです。

「この人はスペックがよかった。でもエスコートしてくれないのがイヤ」「こっちの人はエスコートしてくれる。でも月1回しか会えないのが不満」「彼はスペックが最高。でも顔がムリ」と、出会いが増えれば増えるほど「この人のここがいいけどあそこはイヤ」が増えていき、最終的に「全部クリアした人がいい = もっといい人がいないかな」コースまっしぐら。

自分の条件 = ゴールを自覚できているけれど、条件数が多く、優先順位づけができていないケースもあります。

「10の条件を全部クリアしている人と結婚したい」と考えていると、「Aさんは10条件のうち2と8以外は満たしているんだけど...。逆にBさんは2と8を満たしているけど1と4と9がダメなんだよね...」という「一部は満たされるけど全部じゃないから不満」状態がえんえんと続くことになります。

「デートしている人はみんなそこそこだけど、結婚するほどじゃない」「AさんとBさんとCさんで迷ってどっちも決められない」という人は、このタイプが多いです。

「条件を絞っているつもりだけど、自覚していない条件がたくさんある人」は、「条件が多い人」の派生型です。

彼女たちは3つ以内に条件を絞っているつもりなのですが、実際のところはめちゃくちゃに条件を積み重ねています。

20180219_papuriko04

たとえば「価値観が合う人がいい」という条件はいい例です。

「価値観」という言葉は「金銭感覚、食の好み、子育ての態度、家事分担の態度、趣味、仕事への態度」といった大量の条件を詰め込めてしまいます。

でも自覚しているのは「価値観が合う」ひとつだけなので「そんなに高望みしているわけじゃないのに、なんか違う...」と感じて、「もっと合う人がいるのでは?」コースへ。

以上のように、条件設定がそもそもきちんとできていない、あるいは条件が多すぎると、「もっといい人がいるのでは」「もっと条件に合う人がいるのでは」症候群にはまりやすくます。

「いい人がいないかなー」と待つ姿勢から抜け出して婚活したのに、また「もっといい人いないかなー」と待つ姿勢に逆戻りしてしまうのです。

条件を見直して、優先順位を明確にしよう

20180219_papuriko05

「もっといい人がいるかも」症候群の彼女たちに伝えたいのは、「条件が多すぎないか、あるいはなさすぎないかを見直そう。条件を出したら順位づけをしよう」ということです。

彼女たちの課題は「決断できない」ことです。だったら、「結婚したい」と決断できるよう、条件を正しく設定するしかありません。

条件を徹底的に洗い出し、1から順番に順位をつけていきます。「どっちがいいかな」と迷ってしまうので、同順位は不可。最終的に3つにまで絞ります。これでだいぶ打率は上がるはずです。

もちろん、これまでの婚活は無駄にはなりません。

婚活をしている最中に「本当に自分が望んでいる条件」が明確になったり、自分が考えていた条件とは違う条件が出てきたり、2番目に重要だと思っていた条件がじつは9位ぐらいだったり、逆にランク外だった条件が2位に急上昇したり、という順位チェンジはよくあります。

「次に付き合う人で結婚を決める」というハードルも、とっぱらってみることをオススメしたいです。

「次に付き合う人で結婚を決める」ということはつまり「失敗しない」ことを望んでいるわけですが、恋愛に慣れていない人がいきなり「失敗せずにゴール」を決めるのはなかなか難しいですし、「絶対に失敗しちゃいけない」と力んでしまい、決断を先延ばしにするリスクがあります。決断しない限り、失敗はしないですからね。

もちろんプレッシャーをバネにする人もいるので人によりますが、プレッシャーにより足がすくんで決断できなくなるタイプの人は、いっそその高いハードルは捨ててしまえ★ と思います。

結婚はこれから365日24時間続く生活であり、QOLに直結しますので、彼女たちの慎重な態度はよくわかります(気が短くすぐ行動しがちな私には真似できない美徳です)。

ですが、彼女たちの「慎重」という美徳は、ゴールがはっきりクリアになっている時に効力を発揮します。

「自分でもゴールがよくわかってない」という曖昧要素が混じっていると、「決められない」迷走コースに迷い込んで数年があっというまに吹き飛ぶことになるので、ゆっくりチョコレートでもかじりながら、条件の再設定祭りをしてみてほしいです。

>>連載「でも、結婚したい。」をもっと読む

撮影(トップ、2、3、4枚目)/田所瑞穂 撮影(5、6枚目)/出川光 文/ぱぷりこ

ぱぷりこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    2. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    3. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    4. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    7. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    8. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    2. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    5. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    6. 湯船、どれくらいの頻度で入る?

    7. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    8. カイリー・ジェンナーが最も成功した女性起業家に。自分で稼ぐのってやっぱりかっこいい

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. 夏。レトロな柄の水着でビーチの主役になる

    1. 【タイプ別】ゲッターズ飯田の2018年下半期占い。この1年、どう締めくくる?

    2. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    3. やっぱ世界共通なんだね。他人には見せない女子の本性

    4. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    5. ドライヤーめんどくさい。この夏、髪を乾かすのがぐっとラクになる

    6. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 早く海行きたい。寝転びエクササイズでプリッと上がったお尻になる

    9. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    10. 変化を感じるアラサー肌。いまの自分にいちばん合うスキンケアが知りたい

    もっといい人がいるかも? って思っちゃう。でも、結婚したい。

    FBからも最新情報をお届けします。