1. Home
  2. Fashion
  3. ヘルシーに肩出ししちゃえ。ワンショルダーなら嫌味ないセクシーさが手に入る

ヘルシーに肩出ししちゃえ。ワンショルダーなら嫌味ないセクシーさが手に入る

20180225_one

着たいものを着る! って、かんたんなようで難しい…。

着たいと思いつつ、これまでなかなか手を出せなかったアイテムのひとつが「オフショルダー」。

大胆に肩出しする自信も度胸もなくて挑戦できずにいたけど、今年はその突破口が見つかりました。

それは、「ワンショルダー」で肩出しファッションを楽しむこと。

片方だけ肩を出した、ワンショルダー。

オフショルダーより露出が半減する分、セクシーになりすぎずに着こなせます。これなら気軽に肩出しファッションに挑戦できそう!

そんな、セクシーとヘルシーを同時に叶えてくれるワンショルダーのトップス。この春、さまざまなブランドから続々登場しています。

女度上げる、タイトシルエットのプルオーバー

20180225_one1

LAGUNAMOON / 10,800円(税込)

体のラインを美しく見せてくれる、タイトシルエットのニットプルオーバー。大胆な首元のカッティング、長めの袖…シンプルななかにもセンスが光ります。合わせるものを選ばない無地のワンショルダーは、1枚持っておくと便利。

>>このトップスが欲しい

2WAYで着られるストライプ柄のブラウス

20180225_one3-1

ADAM ET ROPE' / 14,904円(税込)

ワンショルダーとしても肩を出さずも着られる2WAYブラウス。肩ひもがついているので、肩を出すことに抵抗がある人もトライしやすいアイテムです。アシンメトリーの襟で個性も十分。サックスブルーが春の着こなしに彩りを加えてくれそう。

>>このトップスが欲しい

チェック × ワンショルダーの旬顔ブラウス

20180225_one5

STUDIOUS / 16,740円(税込)

この春注目のチェック柄とワンショルダーをかけ合わせた旬な1枚。トラッドな印象をワンショルダーがほどよく崩してくれます。シルエットが立体的なので、タックインでもアウトでもかっこよくきまります。

>>このトップスが欲しい

カジュアルさと女っぽさを兼ね備えたトップス

20180225_one4

YARD PLUS / 4,212円(税込)

カジュアルなトレーナーもワンショルダーなら、レディな印象に。2WAYタイプなので、肩を出さずボートネックでも着られます。こなれた印象を演出してくれる、ほどよいルーズ感もポイント。

>>このトップスが欲しい

肩のリボンにキュン。品の良さを感じるブラウス

20180225_one2

Spick & Span / 11,880円(税込)

肩のリボンがアクセント。ひかえめな肩の開き具合と相まって、上品な印象を与えてくれます。デニムと合わせてカジュアルに着こなしても良し、スカートと合わせてとことんレディにきめても良し。コーディネートの幅が広がりそうなトップスです。

>>このトップスが欲しい

今年はワンショルダーで無理なく嫌味なく、肩出しファッションを楽しみたい。

写真/Shutterstock

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    2. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    6. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    7. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    8. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    9. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 「価値観の違い」って結局なに? 東京の男女に聞いた、別れた本当のワケ

    4. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    5. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    6. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    7. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. 何これ、真似したい! 超簡単オージーガールのBBQレシピ

    10. ラブリさんに聞いた、なりたい自分に近づくためにやっていること

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    4. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    5. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    8. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    9. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    10. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    ヘルシーに肩出ししちゃえ。ワンショルダーなら嫌味ないセクシーさが手に入る

    FBからも最新情報をお届けします。