1. Home
  2. Fashion
  3. ヘルシーに肩出ししちゃえ。ワンショルダーなら嫌味ないセクシーさが手に入る

ヘルシーに肩出ししちゃえ。ワンショルダーなら嫌味ないセクシーさが手に入る

20180225_one

着たいものを着る! って、かんたんなようで難しい…。

着たいと思いつつ、これまでなかなか手を出せなかったアイテムのひとつが「オフショルダー」。

大胆に肩出しする自信も度胸もなくて挑戦できずにいたけど、今年はその突破口が見つかりました。

それは、「ワンショルダー」で肩出しファッションを楽しむこと。

片方だけ肩を出した、ワンショルダー。

オフショルダーより露出が半減する分、セクシーになりすぎずに着こなせます。これなら気軽に肩出しファッションに挑戦できそう!

そんな、セクシーとヘルシーを同時に叶えてくれるワンショルダーのトップス。この春、さまざまなブランドから続々登場しています。

女度上げる、タイトシルエットのプルオーバー

20180225_one1

LAGUNAMOON / 10,800円(税込)

体のラインを美しく見せてくれる、タイトシルエットのニットプルオーバー。大胆な首元のカッティング、長めの袖…シンプルななかにもセンスが光ります。合わせるものを選ばない無地のワンショルダーは、1枚持っておくと便利。

>>このトップスが欲しい

2WAYで着られるストライプ柄のブラウス

20180225_one3-1

ADAM ET ROPE' / 14,904円(税込)

ワンショルダーとしても肩を出さずも着られる2WAYブラウス。肩ひもがついているので、肩を出すことに抵抗がある人もトライしやすいアイテムです。アシンメトリーの襟で個性も十分。サックスブルーが春の着こなしに彩りを加えてくれそう。

>>このトップスが欲しい

チェック × ワンショルダーの旬顔ブラウス

20180225_one5

STUDIOUS / 16,740円(税込)

この春注目のチェック柄とワンショルダーをかけ合わせた旬な1枚。トラッドな印象をワンショルダーがほどよく崩してくれます。シルエットが立体的なので、タックインでもアウトでもかっこよくきまります。

>>このトップスが欲しい

カジュアルさと女っぽさを兼ね備えたトップス

20180225_one4

YARD PLUS / 4,212円(税込)

カジュアルなトレーナーもワンショルダーなら、レディな印象に。2WAYタイプなので、肩を出さずボートネックでも着られます。こなれた印象を演出してくれる、ほどよいルーズ感もポイント。

>>このトップスが欲しい

肩のリボンにキュン。品の良さを感じるブラウス

20180225_one2

Spick & Span / 11,880円(税込)

肩のリボンがアクセント。ひかえめな肩の開き具合と相まって、上品な印象を与えてくれます。デニムと合わせてカジュアルに着こなしても良し、スカートと合わせてとことんレディにきめても良し。コーディネートの幅が広がりそうなトップスです。

>>このトップスが欲しい

今年はワンショルダーで無理なく嫌味なく、肩出しファッションを楽しみたい。

写真/Shutterstock

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    2. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    3. ファッショニスタに学ぶ、セットアップをさらっと着こなすテクニック

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    9. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    8. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    9. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    10. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    4. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    ヘルシーに肩出ししちゃえ。ワンショルダーなら嫌味ないセクシーさが手に入る

    FBからも最新情報をお届けします。