GLITTYの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. やっぱり自分を救えるのって自分しかいないから #オカマと映画とマイノリティ

やっぱり自分を救えるのって自分しかいないから #オカマと映画とマイノリティ

オカマと映画とマイノリティ

20180201_otsune

マイノリティ──。「社会的少数派」の意。

「社会的弱者」として言い換えられることもある。

当連載では、自身もマイノリティの立場であるライター・おつねが、マイノリティを描く映画を通して、見解を語っていきます。

百円の恋』(2014年公開)

安藤サクラ演じる一子は、32歳のニート。離婚して実家に帰ってきた子連れの妹・二三子と同居をはじめたものの、折り合いが悪くなり、仕方なくひとり暮らしをはじめる。

百円ショップで深夜労働にありつくが、そこにいたのは心に問題を抱えた店員たち。いつしか一子にとって、帰り道にあるボクシングジムで、ひとりで練習するボクサー・狩野をのぞき見することが、唯一の楽しみとなっていた。

ある夜、狩野が百円ショップに客としてやってきたことをきっかけに、ふたりは距離を縮めていく。そして、なんとなく一緒に住み始め、体を重ねていくるうちに、一子のなかで何かが変わり始めていた──。

安藤サクラさんが主演の『百円の恋』。

彼女は私がすべての役者さんのなかでいちばん素敵だなと思う人で、彼女が主演を務めているってだけで観る理由になった。

そして、すべてを観終わったあと、私はガツンと殴られたような、でも清々しいような、不思議な気持ちになったの。

人生はそんなに甘くない

私ね、ある相談をよく受けるんだ。

言葉にはできないし、何が原因か分からないけど、なぜかしあわせではないような、なんだか自分が底辺にいるような気持ちになるっていう相談。

そんな、多くの人が抱いている言いようのない不安とか、何かに負けたような気分を、分かりやすい形で表現したのが、本作の主人公である一子なんだと思うんだよね。

その不安な気持ちって、きっと自分への自信の無さからくるものなんじゃないかな。

実際、一子はアラサーのニートで、実家に引きこもり。見た目もお世辞にもきれいとは言えなくて、どこか家族からも厄介者扱いされている。

もちろん自分に自信なんか持つことはできなくて、自信を持つ方法すら分からなくて...。

そんなときに、狩野と出会って、恋愛をして、ようやく明るく前向きな気持ちになり始める。

きっとよくある映画だったら、このまま王子様のためにきれいになって、ちょっとハプニングなんかもあって、でも最後には王子様と結ばれてしあわせに生きていくハッピーエンドになるんだろう。

だけど、本作は、というか、人生はそんなに甘くない。

最終的に、一子は狩野に裏切られて、ボロボロにされてしまう。

自分の人生は自分で責任持って生きなくちゃ

自分に自信を持てない人生を変えるために彼女がとった手段は、自分をフった男が所属していたボクシングジムに通い始めるというもの。

いままでの何も考えない、何もしない毎日を送っていた一子は、恋愛のためではなく、自信を得るために、「プロボクサーになりたい」という願望を掲げてボクシングに没頭していく。

何度も殴られて、倒れて、顔面をぐちゃぐちゃにされながらも、初めて自分でやりたいと思ったことのためにまた立ち上がって...。ふらふらになりながら、自分に自信を持つために一子は戦う。

そんな姿を見ていると、結局自分を救うことができるのは自分しかいないんだろうなと心の底から思った。

私自身、自分のセクシャリティから何度も逃げ出したいって思ったことがある。

もし私がストレートだったらもっとしあわせに穏やかに過ごすことができていたのかなって考えたこともある。

誰かに自分の人生を丸投げしたくなったり、誰かの言いなりになったほうが楽だなって思ってた。

でも、『百円の恋』を観てからは、自分の人生は自分で責任持って生きなくちゃって思うようになった。

きっと私がストレートでもセクシャルマイノリティでも、生きている限り絶対に悩むことがあるし、どちらかでしか体験できないことが必ずある。それなら私は自分自身を受け入れて、愛するために全力で努力しようって。

きっかけは他人が与えてくれることもあるけど、やっぱり自分を救えるのって自分しかいないから。

そんな当たり前のことに気づかせてくれる素敵な作品だ。

>>「オカマと映画とマイノリティ」をもっと読む

Writing byおつね

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. あなたはどのニャンコ? 性格から猫タイプが分かっちゃう

    2. 女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? #ふたりごと

    3. お手本はオリビア・パレルモ。アシンメトリーなミディアムスカートで春をエッジィに迎える

    4. 仕事でのストレスは溜まらない。やる気はあるけど執着心はないオージーガールの働き方

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 無心で見ちゃう...。猫のチョコケーキがくるくる回る

    7. バーバリーチェックが虹色になった。LGBTQ+をハッピーに応援

    8. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. 海外の人気コスメが集結する「Sephora」に行きたくて仕方ない!

    1. いま、恋してる?

    2. ありのままの自分も意外と悪くないじゃん! コンプレックスが好きになれるプロジェクト

    3. あなたはどのニャンコ? 性格から猫タイプが分かっちゃう

    4. 仕事でのストレスは溜まらない。やる気はあるけど執着心はないオージーガールの働き方

    5. もっといい人がいるかも? って思っちゃう。でも、結婚したい。

    6. 女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? #ふたりごと

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. 【ライター募集】グリッティで記事を書いてみませんか?

    1. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    2. 合コン以来、初めてふたりきりで会った男女の会話 #東京で恋をする

    3. もうスッケスケ。2018年のランジェリーはヌーディに着る

    4. お風呂、いつ入ってる?

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 女子のアソコのプリントアート。人それぞれでなんか気持ち軽くなった

    7. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    8. パリジェンヌが驚いたのは、東京女子のあの習慣

    9. 答えは体幹。身長150センチ台のオルセン姉妹がモードを着こなせる理由

    10. 「似合う眉毛が分からない...」スマホでさくっと診断できるサービスできた

    やっぱり自分を救えるのって自分しかいないから #オカマと映画とマイノリティ

    FBからも最新情報をお届けします。