1. Home
  2. Trend
  3. キャリア
  4. 女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? #ふたりごと

女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? #ふたりごと

ふたりごと

3,210

20180221_hisako1

そうなの。私、テレビはほとんど観ないの。

観るとしても情報番組や企画ものだけ。きちんと見た海外ドラマは『SEX AND THE CITY』くらいかな。

あ、『Gossip Girl』も観たな。どちらもファッションの観点から観るつもりだったんだけど、女のめくるめく争いの世界に結果的にハマっちゃった。

観始めたら止まらないハマり症だから、生活にも仕事にも支障をきたす可能性がある。

その性格がよく分かっているから、できるだけ手を出さないようにしてるんだ。

久美ちゃんがいうように世界的に話題になったドラマだったら観てみたいな。それから大河ドラマを一気見したい!

「女性の敵は女性であるべきじゃない」って思ってる

20180221_hisako2

『Gossip Girl』を見ていたときに、ドラマのなかのできごとに似たびっくりするようなことが自分にも降りかかってきた。

人に陥れられるってこういうことか! と人生最初で最後(と切に願う)の体験。

プライベートと画面のなかがリンクしすぎて笑うしかなかった。

女子校出身だから女性に囲まれていた環境ではあるけれど、しあわせなことにいざこざに巻き込まれたことがなかったら心底驚いた。

ドラマや映画のなかだけの世界だと思っていたことが目の前に…!

20180221_hisako4

私ね、絶対に「女性の敵は女性であるべきじゃない」って思ってる。

友人の会社でもよく聞くことだし、私もバイト先や職場でいろんなパターンを見てきた。でも、結局どれも一緒。

正直言ってくだらない。もう少し長い目で自分を取り巻く環境を俯瞰して見ることができたなら、絶対にスルーできるはず。

女性はマウンティングの生きものだと言われるのは、もともと身体的に弱くて他力本願な生きかたしかできなかったから、仕方がないことなのかもしれない。

付き合ったり結婚する相手によって、かんたんに下克上がありえるから、嫉妬や妬みが湧いてきちゃう気持ちも分からなくはない。

よく言われていた「合コンに自分よりかわいい子は連れていかない」というのと仕事ではわけが違う。

仕事のときに女性同士が協力し合わないことは、結果的に女性全体としてまったく得しないことだって早く気づかなきゃね。

みんなが「とるに足らないこと」として処理できるようになったらいいな

20180221_hisako5

かつて、女性が力を合わせて自分以外の子どもも育てていたような時代があって。そもそも女性ってそういう姿勢が生態として自然なんじゃないかなって思うの。

女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? 敵はそこじゃない!

自分と一緒にまわりの女性をもどんどん押し上げていく気持ちでいないと、女性は進化しないんじゃないかと感じてる。

20180221_hisako6

もしも目先のことでイラッとしたり嫉妬心が芽生えてしまったり、仮に自分がそんな気持ちの矛先になってしまったとしても、みんなが「とるに足らないこと」として処理できるようになったらいいな。

男性も女性から生まれる。だからこそ女性が人間のすべての「美」を育むとても大切な役割を担っていると思うんだ。

じゃあ男の敵は男? うーん…権力と美人かな。それともおっぱいかな(笑)?

20180221_hisako7

ところで、もうすぐ春がやってくるね。

久美ちゃんは、今年はどんな新しいファッションアイテムを投入する予定?

>>連載「ふたりごと」をもっと読む

行方ひさこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    2. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    6. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    7. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    8. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    9. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 「価値観の違い」って結局なに? 東京の男女に聞いた、別れた本当のワケ

    4. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    5. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    6. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    7. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. 何これ、真似したい! 超簡単オージーガールのBBQレシピ

    10. ラブリさんに聞いた、なりたい自分に近づくためにやっていること

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    4. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    5. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    8. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    9. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    10. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? #ふたりごと

    FBからも最新情報をお届けします。