1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. 1か月限定でムダ毛を伸ばしてみるキャンペーン始まった

1か月限定でムダ毛を伸ばしてみるキャンペーン始まった

20180215_gethairyfebruary

2018年になったいまでもまだまだ存在する、ステレオタイプな女性像。

そんな環境を変えようとするキャンペーン「Get Hairy February」が、オーストラリアで今年も始まりました。

1か月限定で身体のヘアをそのままにしてみるキャンペーン

ありのままのナチュラルな自分の姿を見つめ直すためにも、1か月期間限定でワキや脚のヘアをそのままにしてみよう。

そんなおもしろいコンセプトをもとにスタートした「Get Hairy February」。

女性の自由な選択、パワー、男性との平等な権利を主張するために、メルボルン在住のロースチューデントであるAlex Andrews(アレックス・アンドリューズ)が立ち上げました。

初回となった2017年は、450人の女性が参加。

たった1か月の挑戦だけど、「これが私!」とセルフリスペクト & セルフラブが高まったと軒並み好評だったみたい。

男性のヘアはセクシーで、女性のヘアは不潔でだらしない?

「女性のヘアに対する反応って本当に強烈。男性は、ヒゲはもちろんのこと、手脚のヘアだって生やしていて問題ない。ボディヘアによって知性やパーソナリティを判断されてしまうこともないわ。でも、女性の私たちが同じことをすると、そうはいかないのよ」

と、「Get Hairy February」に込めた思いを語っているアレックス。

女性が季節に限らず毎日せっせとワキや脚のムダ毛処理をするのは、もう何十年も前から当たり前になっていること。

だけど、よくよく考えてみると、これってなんだか不自然。

男性の体毛は「セクシー」とか「男らしい」と捉えられるのに、女性が少しでも身体の毛をそのままにしていると「汚らしい」とか「だらしない」と思われてしまうのって、フェアじゃない。

レイプや暴力に苦しむ被害者をサポート。女性にとって居心地の良い世界へ

フェミニズムが大きく叫ばれるようになったけれど、まだまだ女性にとって不利なできごとはたくさん。

セクハラや性的暴力の被害をシェアする「#MeToo」がSNSで活発になってきているように、女性に対するレイプや暴力はいまでも深刻な問題のひとつ。

そんななか、「Get Hairy February」は、参加者からの募金をレイプ・暴行被害に遭って苦しんでいる女性をサポートしている「Full Stop Foundation」に寄付しています。

女性が一丸となってより良い環境を作っていこうとするムーヴメント、すごくポジティヴで心強い。

「女子としてこうあるべき」という常識や思い込みから解放されて、素の自分と向き合うためにも、この1か月は身体のヘアをそのままにしてみたくなりました。

Get Hairy February, Full Stop Foundation

写真/Shutterstock

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    5. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1か月限定でムダ毛を伸ばしてみるキャンペーン始まった

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More