1. Home
  2. Fashion
  3. 3千円から買えちゃう。ダサかわなダッドシューズ

3千円から買えちゃう。ダサかわなダッドシューズ

2,070

20180227_shoes_top

外へ出かける機会が増える春。

暖かくなるにつれて、スニーカーを履いてアクティヴに過ごしたい欲がむくむく湧いてきます。

スニーカーといえば、いまやっぱり気になるのが「ダッドシューズ」。

ぽってりとしたボリューム感、レトロなデザイン…。まるでお父さんが履いていそうな、ちょっと野暮ったいスニーカーが一周まわって新鮮に見えてきます。

コーディネートの外しとして、海外ファッショニスタたちも熱を上げているダッドシューズ。

じつはハイブランドだけじゃなくて、身近なブランドからも登場しているんです。

機能性とデザイン性を併せ持つ、ブラックスニーカー

20180227_shoes1

BILLY'S ENT / 5,184円(税込)

アッパーにレザーとスエードが織り込まれた、ブラックスニーカー。ランニング専門ブランド「Saucony(サッカニー)」のスニーカーだけあってクッション性が抜群。履き心地の良さとデザイン性の高さを兼ね備えた1足です。

>>このスニーカーが欲しい

4つの素材をミックス。アーバンシックなスニーカー

20180227_shoes8

emmi / 18,360円(税込)

「emmi」 × 「ASICS Tiger」のコラボレーションスニーカー。ツイードやブロッキングなど、4つの素材をミックス。スポーティななかにも個性が光ります。シャープな印象もありつつ温かみも感じる、女性らしいダッドシューズです。

>>このスニーカーが欲しい

飾り気のない、ベーシックなホワイトスニーカー

20180227_shoes11

SFW / 2,295円(税込)

ぽってりとしたフォルム、飾り気のないシンプルなデザイン…ダッド感たっぷりな1足です。履き心地を追求したというスニーカーは軽くてしなやか。足への負担を軽減してくれます。ベーシックなデザインなので、合わせるものを選ばずに使えるのもうれしい。

>>このスニーカーが欲しい

レトロな配色が新鮮。スポーツムード漂うスニーカー

20180227_shoes3

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS / 11,880円(税込)

「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS」が別注した、「ASICS」の名作ランニングシューズ。アパレルショップが手がけただけあって、ファッション性の高さも十分です。80年代を意識したレトロなカラーリングが新鮮。コーディネートのスパイスになってくれます。

>>このスニーカーが欲しい

カーキ × ブラック、渋さを感じるダッドスニーカー

20180227_shoes5

ASICS Tiger / 9,720円(税込)

カーキ × ブラックの渋いカラーリングにグッとくる1足。ボリューミーなフォルムが、さらにダッド感を際立たせています。ユニークな形のヒールプロテクターがかかとをしっかりホールド。履きやすさも抜群なスニーカーです。

>>このスニーカーが欲しい

個性が光る。型にはまらないボリュームスニーカー

20180227_shoes7

Reebok / 19,440円(税込)

色といい形といい「お父さんの運動靴」感たっぷりな1足。ハイテクスニーカーブームを牽引したスニーカーは、誕生から20年経ってもなお新鮮。ソールやシュータンのユニークなデザインが、周りとの差別化を図ってくれます。

>>このスニーカーが欲しい

一周まわって新鮮さを感じるダッドシューズ。春に向けて、気分もファッションも一新してくれそう。

写真/Shutterstock

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    2. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    6. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    7. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    8. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    9. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 「価値観の違い」って結局なに? 東京の男女に聞いた、別れた本当のワケ

    4. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    5. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    6. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    7. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. 何これ、真似したい! 超簡単オージーガールのBBQレシピ

    10. ラブリさんに聞いた、なりたい自分に近づくためにやっていること

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    4. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    5. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    8. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    9. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    10. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    3千円から買えちゃう。ダサかわなダッドシューズ

    FBからも最新情報をお届けします。