1. Home
  2. Fashion
  3. フィービー・ファイロが退任。新生「セリーヌ」はロックテイスト?

フィービー・ファイロが退任。新生「セリーヌ」はロックテイスト?

4,398

20180131_phoebe_philo

2017年末、モード界を衝撃のニュースが駆け抜けました。

「セリーヌ」が2月から生まれ変わる

WWDさん(@wwd)がシェアした投稿 -

フランスの老舗ブランド「CÉLINE(セリーヌ)」を生まれ変わらせ、数々のヒットアイテムを生んだイギリス人デザイナー、Phoebe Philo(フィービー・ファイロ)。

彼女が、2018年3月に開催されるパリファッションウィークの2018秋冬コレクションを最後に、退任することになりました。

残念に思う一方、気になるのは、10年という長きに渡って偉大な功績を残したフィービーの後任は誰か…。

さまざまな憶測を呼ぶなかでついに今月、Hedi Slimane(エディ・スリマン)が2018年2月1日よりアーティスティック、クリエイティヴ、イメージディレクターとして就任することが発表されました。

記憶に残るデザインばかり。フィービー・ファイロの10年間の軌跡

まずは、フィービー。

彼女のセリーヌは、茶、紺、緑などシックなカラーをメインに、大人のラグジュアリーを表現したデザイン。ミニマムで洗練されていて、まさにモードの楽しみを教えてくれました。

彼女のヒットアイテムとして、代表的と言えるのが「ラゲージ」。

@eve.melbournegirlがシェアした投稿 -

2010年の発売以来、現在も不動のいちばん人気を誇っているセリーヌのアイコンバッグ。

サイズもカラーヴァリエーションも豊富で、ファッショニスタからの支持を集め続けています。

「ラゲージ」のほかにも、トートバッグの「カバ」、ショルダーバッグの「クラシックボックス」など、ブームになったバッグはたくさん。

また、バッグだけでなく、ファーヒールや左右色違いのサンダルなど、ミニマムなスタイルにツイストを効かせる印象的なシューズも生み出してきたフィービー。

なかでも、バレエシューズが進化した「ソフトバレリーナ」は、どんなファッションとも合わせやすく、かつ日常着をモードに昇華するインパクトがあって革新的。ファストブランドもこぞって似たデザインを発売しました。

個人的に印象深いのが、タートルネックやレザーのトップス、シャツなどミニマムなアイテムに合わせたい大きなピアス。

勇気がいるほどの大きめなサイズですが、存在感が抜群。「おしゃれは冒険」だと、再認識させてくれます。

おまけに、「adidas(アディダス)」のスニーカー「スタン・スミス」も、彼女がコレクションの最後に登場した際に着用していたことで、人気が再燃しました。

フィービーを象徴するアイテムは、もう挙げたらきりがないほど。

こんなに記憶に残るデザインを生み出したクリエイターもめずらしい。

後任はエディ・スリマン。「ディオール」「サン・ローラン」で革命を起こした時代の寵児

そして、フィービーからセリーヌのバトンを受け取ったのが、フランス出身のデザイナーでフォトグラファーのエディ・スリマンです。

2000年に「Dior Homme(ディオール・オム)」のクリエイティヴディレクターに就任。

@hedislimaneworldがシェアした投稿 -

ロックをテーマとし、スキニーパンツをメンズに取り入れたエディ。

無駄なくタイトにフィットする作品は熱狂的なファンを呼び、2002年には、CFDA(アメリカファッション協議会)により「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれました。

@hedislimaneworldがシェアした投稿 -

なんでも、あのカール・ラガーフェルドも、エディのデザインしたスーツを着たいがためにダイエットをした、なんて逸話もあります。

2007年に任期満了にともなってディオール・オムを退任後、2012年には「Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)」のクリエイティヴディレクターに就任。

@hedislimaneworldがシェアした投稿 -

@hedislimaneworldがシェアした投稿 -

象徴的な「YSL」のロゴを廃止し、ブランドのロゴの字体を変え、さらにはブランド名まで「Saint Laurent Paris(サン・ローラン・パリ)」へ一新しました。

広告キャンペーンを自ら撮影し、店舗のインテリアをモダンなものへ。自ら銘打った「改革プロジェクト」をものすごいスピード実行していきました。

@hedislimaneworldがシェアした投稿 -

このハート型コート、一度見たら忘れられません。

@hedislimaneworldがシェアした投稿 -

こんなアーティスティックなデザインも手がける一方、ディオール時代から定評のあるレザージャケットは一生ものの上質な作りです。

フィービーによって、ミニマムななかにモード性の高いスタイルで人気を博した現在のセリーヌ。

そのさらりとした存在感は、ロックで少年ぽく、強い個性をもつエディの世界観と一見相反するようにも思えます。

これからどんなケミストリーを見せてくれるのか。

さらにシャープにクールに進化するセリーヌに大注目です。

REFINERY29

写真/gettyimages

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. 「セクシーな下着を着ていたせい」なんてありえない! 理不尽なレイプ裁判に女性たちが団結

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    9. 高学歴・高収入・高身長。あなたが男性に求めるものは? #女子のホンネ

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. ありそうでなかった広告画像。スリムとプラスサイズのモデルが同じドレスを着たら...

    5. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 終電を逃すと厄介だ。でもぼくは「帰る場所」を手に入れた #終電と私

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. ギクッ! 女子のちょっとお下品な生態がイラストになった

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    フィービー・ファイロが退任。新生「セリーヌ」はロックテイスト?

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More