1. Home
  2. Fashion
  3. 2018年ボーダーはマルチカラーで差をつける

2018年ボーダーはマルチカラーで差をつける

20180213_border_top

春夏の定番、ボーダー。

普段はベーシックなものを選んでしまいがちだけど、今年はカラフルなものに挑戦したい。

そう思わせてくれたのが、2018年春夏のコレクション。

Missoniさん(@missoni)がシェアした投稿 -

Fendiさん(@fendi)がシェアした投稿 -

カラフルなボーダー柄は見ているだけで気分が上がってきます。

とくに気になったのは、3色以上のカラーを使ったマルチボーダー。レトロなカラーリングが今年っぽい。

そこで今回は、マルチボーダーのトップスをピックアップしてみました。

デコルテをきれいに見せてくれるプルオーバー

20180209_multi4

Spick & Span / 11,880円(税込)

4色使いのプルオーバー。落ちついたカラーリングのなかにピンクが映えます。肩のほうまで広めに開いたネックラインが、デコルテを美しく見せてくれる。コットンを使用した着心地の良さもポイントです。

>>このトップスが欲しい

外国の子どもみたい。ポップなカラーリングのセーター

20180209_multi2

Levi's / 10,800円(税込)

外国の子どもをイメージさせるカラフルなセーター。ポップだけど子どもっぽくなりすぎないのは、くすんだ色味とさりげなく入ったグリッターのラインのおかげ。シンプルなボトムスと合わせて、さらりと着こなしたい。

>>このトップスが欲しい

コーデに新鮮さをもたらす、さわやかカラーのリブニット

20180209_multi5

nano・universe / 5,292円(税込)

ブルー、ホワイト、グレー、グリーンのさわやかな4色使い。太めの襟とリブがカジュアルな雰囲気。ほどよいリラックス感を出してくれます。マンネリ化したいつものコーディネートに新鮮さをもたらしてくれそう。

>>このトップスが欲しい

レトロな雰囲気たっぷり。フレア袖のプルオーバー

20180209_multi3

BABYLONE / 10,584円(税込)

長めのフレア袖が女性らしいリブニット。ピンク、イエロー、ブラックのレトロなカラーリングが今年っぽい。リブの間隔にも変化をつけるなど、さりげないこだわりがつまったアイテムです。

>>このトップスが欲しい

今年のボーダーは脱ベーシック。マルチカラーで個性を出していきたい。

写真/Shutterstock

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 彼の誕生日を祝いたい。だから新幹線に飛び乗った #終電と私

    5. ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

    6. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    9. 「価値観の違い」って結局なに? 東京の男女に聞いた、別れた本当のワケ

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    8. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    9. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    2018年ボーダーはマルチカラーで差をつける

    FBからも最新情報をお届けします。