1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. ありのままの自分も意外と悪くないじゃん! コンプレックスが好きになれるプロジェクト

ありのままの自分も意外と悪くないじゃん! コンプレックスが好きになれるプロジェクト

1,529

20180217_allwomanproject

昨年から盛んに叫ばれるようになったモデルの多様性を訴えるムーヴメントによって、ありのままの姿を堂々と披露する個性的なモデルが登場するようになりました。

とはいえ、実際はまだまだリアルな自分の姿に自信が持てない女子が多いのも事実。

そんななか、「もっと自分に自信を持ちたい」という女子の背中を押してくれるプロジェクトが話題になっています。

どこにでもいるリアルな女子がモデルになった

体型や年齢、性的アイデンティティ、肌や髪の色にとらわれず、どこにでもいるようなリアルな女子たちをモデルにしたキャンペーン「All Woman Project」。

立ち上げたのは「VOGUE」や「Harper's BAZAAR」などで活躍していたイギリスのモデル、Charli Howard(チャーリー・ホワード)です。

サイズ6でもファッション業界では「太りすぎ」と判断され、プラスサイズモデルとして起用された経験を持つ彼女。

ファッション雑誌やメディアを見ている若い女子が、強迫観念的に「ヤセていることが美人の条件」と感じてしまう現状を改善するために、「All Woman Project」をスタートさせたのだそう。

ぽっこりお腹も短い足も。コンプレックスこそ、いちばんのチャームポイント

これまで、「NIKE」やスキンケアブランド「BABOR」といった大手ブランドとコラボレーションして、さまざまな体型や外見のモデルたちをカメラの前に送り出してきた「All Woman Project」。

飾らないありのままの姿を披露する女子たちは、説得力があって存在感があります。

お腹が出ていても、足が隣の女子より短くても、顔のそばかすが目立っていても、それは決してマイナスなんかじゃない。

コンプレックスに感じているパーツが、じつはいちばん自分を輝かせてくれるチャームポイントなんだと実感。

当然ながら、写真は一切フォトショップで修正されていません。

「ありのままの自分も意外と悪くない」ポジティヴなフィードバックが続々

すべての女子がありのままの自分を受け入れて、セルフラブを高めることをあと押ししてくれるこのキャンペーン。

実際にモデルとして参加した女子からは、

「自分の顔にある傷にコンプレックスがあったけれど、今回撮影に参加して自分のことが初めてきれいだと思えた」

「短い足が嫌いだったけど、この撮影でそんな自分の足もチャーミングだと感じられた。もうヨガクラスに行くのも恥ずかしくない」

など、ポジティヴな意見がたくさん寄せられたとのこと。

ありのままの自分も意外と悪くないじゃん! そんな風に思えるのって、すごく素敵。

素の自分のよさに気づかせてくれる「All Woman Project」。

登場する女子たちがあまりにも魅力的で、私もチャンスがあれば参加したい!

All Woman Project

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    5. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    ありのままの自分も意外と悪くないじゃん! コンプレックスが好きになれるプロジェクト

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More