1. Home
  2. Cosmetics
  3. メイク術
  4. 色っぽいツヤ肌メイク。イガリシノブさんにコツ聞いてみた

色っぽいツヤ肌メイク。イガリシノブさんにコツ聞いてみた

6,169

20180116_whomee_top

難しいテクニックなしで、自分でもプロのようなメイクができたらいいのに…。

そんな夢のまた夢だった願いが、もうすぐ叶えられるかも!

イガリシノブさんがコスメをプロデュース。メイクはもっとポジティヴに楽しめる

20180116_whomee9

20180116_whomee3

そんな期待を持たせてくれたのが、2018年2月20日(火)にデビュー予定の「WHOMEE(フーミー)」のコスメ。

ブランドをプロデュースするのは、ヘア & メイクアップアーティストのイガリシノブさん。

メイクってテクニックが必要だと思われがちだけど、じつはかんたんなもの。メイクをもっと自由にポジティヴに楽しんでほしい──。

そんな思いから、だれでもかんたんに合格点が出せるコスメをプロデュースすることにしたのだそう。

今回そんなWHOMEEのコスメを使った、ベースメイクのコツをイガリさんに教えてもらいました。

ベースメイクは「押さえこんでなじませる」が基本

20180116_whomee4

イガリさんがまず教えてくれたのは、「押さえこんでなじませる」というイガリメイクの基本。

カラー下地、UVベースの順に、押さえこむようにやさしくなじませていきます。

ポイントは、外側から内側へとトントンしていくこと。

そうすることでシワが整ってふっくらした仕上がりに。年齢を重ねたときのシワ対策にもなるのだそう。

コンシーラーをファンデーション代わりに

20180116_whomee6

下地作りを終えて次はファンデーション…と思っていたら、登場したのは「コンシーラー」。今回はファンデーションではなくコンシーラーで仕上げていくとのこと。

決まったHOW TOやコスメの上下関係を取っ払って、メイクをもっと楽しんでほしいというのも、WHOMEEのこだわりのひとつ。

ベースメイクにファンデーションは欠かせないと思い込んでいたけど、メイクってもっと自由に楽しんでいいんだ! と、思わずはっとしてしまいました。

イガリさん: コンシーラーは2色をミックスすることで、自分の肌の色に近い色が作れるかなと思います。シワを追いかけるようにして、肌上で混ぜるようになじませていく。細かく細かく動かすのが化粧直しに手こずらないコツです。

顔の色味を見るためにリップを先付け

20180116_whomee5

次にイガリさんが取り出したのは、なんと「リップスティック」。

リップってメイクの仕上がりにつけるイメージだったから、これにはびっくり。

チークやハイライトで顔に色や陰影をつける前に、一度リップカラーを塗って全体の色味を見るのがイガリさん流のよう。

プロのメイクさんってリップブラシでていねいに色をつけていく印象があったけど、イガリさんはリップ自体でグリグリ。リップのシワを整えながらも、大胆に色をつけていきます。

リップブラシは仕上げになじませるために使うだけ。時短にもなるし、何よりかんたん!

「だれでもテクニックレスで合格点が出せるプロダクトを作りたい」というイガリさんの想いをひしひしと感じます。

「フェイスパウダー」は手のひらに伸ばしてトントンづけ

20180116_whomee8

20180116_whomee10

鼻根にハイライト、頰にチークを仕込んだら、「フェイスパウダー」で仕上げ。ここで驚いたのは、イガリさんがパウダーを手にとって使用し始めたこと。

手のひらに伸ばしてフェイスラインから内側へとトントン。

イガリさん:パフを使うと、パフ自体にムラがあるので顔にムラが出てしまいます。手にとって全体に伸ばして自分の油分でパウダーを湿らせる。 フェイスラインからなかに向かってトントンとつけていくと、顔の中心のツヤが出てきます。

ツヤ肌を作るポイントについても、パール感を使ったツヤと水分感を使ったツヤのバランスが大切なのだと教えてくれました。

WHOMEEのコスメは、そのツヤのバランスを整えられるようなラインナップとなっているのだそう。

20180117_whomee_12

フーミー コントロールカラーベース<化粧下地> 1,944円、フーミー クッション UVパクト<日焼け止め・化粧下地> 2,484円(税込)

手を汚さずにつけられるクッションタイプのUVベースや、なりたいイメージに合わせて色を選べる4色展開のカラー下地など、コスメのひとつひとつにイガリさんのこだわりを感じます。

難しいテクニックなしでメイクの仕上がりをぐっと高めてくれそうな、WHOMEEのコスメ。

「メイクってこういうもの」という固定概念を取っ払って、メイクをもっと純粋に楽しめる気がしてきました。

撮影・取材/グリッティ編集部

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    2. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    3. 顔が似ている人が性格も似る理由。答えは顔筋だった【GLITTY研究所】

    4. 「ヤセたいけどおかし食べたい」みたいな、女子あるあるを漫画にしてる。かずはりんぬの原動力

    5. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    6. シワ、くすみ、乾燥を1本でケア。オージーガールが偏愛する美容オイルって?

    7. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 童貞に恋をしました。進展しない関係性にヤキモキしています...【解決しない恋愛相談室】

    10. もんだら、引っ張る。凝り固まった頭をほぐすマッサージ

    1. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    2. モデルやスタイリストが恋する定番アイテム【スニーカー編】

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    5. 家賃は150万円。迎えはプライベートジェット。クレイジーリッチなアジア女子の世界

    6. 「私のサイズを作って!」プラスサイズ女子の憂鬱をコミカルに発信する

    7. 童貞に恋をしました。進展しない関係性にヤキモキしています...【解決しない恋愛相談室】

    8. 「ヤセたいけどおかし食べたい」みたいな、女子あるあるを漫画にしてる。かずはりんぬの原動力

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. まっしろなTシャツを着るなら自分を愛して。ある女優が語る本当の美しさ

    1. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    2. ぽっちゃりってかわいくない? リアルな女子の体型にフィットするブランド見つけた

    3. ここまできたか。クレジットカードもエモくなる時代になりそうです

    4. 童貞に恋をしました。進展しない関係性にヤキモキしています...【解決しない恋愛相談室】

    5. モデルやスタイリストが恋する定番アイテム【スニーカー編】

    6. 「私のサイズを作って!」プラスサイズ女子の憂鬱をコミカルに発信する

    7. 女子がイケメンに言われたいのは「〇〇しないで」。たまには妄想したっていいよね

    8. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    9. ZARAのパンプスが推し。洗練された足もとを作るコツ #東京女子のマイルール

    10. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    色っぽいツヤ肌メイク。イガリシノブさんにコツ聞いてみた

    FBからも最新情報をお届けします。