1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. 部活から帰ってきて観る連ドラが、唯一の心休まる時間だった。坂本真一の原動力

部活から帰ってきて観る連ドラが、唯一の心休まる時間だった。坂本真一の原動力

原動力を聞く

1,086

20180130_gendoryoku

行動を起こす源──。それが原動力。

世間からは「なんで?」と思われることでも、本人に聞くときちんと理由がある。そんな個人の「原動力」に迫ります。

──いま俳優業は舞台中心?

「はい。舞台中心ですね。最近はちょっと声の仕事も始めて。でも、基本は舞台ばっかりですね」

──舞台は楽しい?

「うん。楽しいです」

──失敗とかする?

「ありますね。セリフが飛んだり。もうめちゃめちゃ焦ります。セリフ出てこないときの体感時間はすっごく長いんですよ。そのあとビデオで確認すると、意外とすぐにセリフ出てるんですけどね」

──セリフ飛ぶとか、想像するだけでこわっ。

「ミスしても引きずらないことが大事なんですけど...まあ、引きずりますよね(笑)」

20180130_gendoryoku01

──ですよね...(笑)。声の仕事って、具体的にはどんなことしてるの?

「癒しのボイスが聴けるアプリがあって、それの『大丈夫編』に出ました。いろんなシチュエーションの『大丈夫』を100パターン収録するんですよ」

──えー!

「収録するときに使うマイクも人の耳の形をしていて、シチュエーションに応じて声をかける角度も変えます。そうすると、実際に再生したときに、本当にその角度から声をかけられているように聞こえるんです」

──どんなシチュエーションがあるの?

「エレベーターが停電で止まっちゃって、真っ暗になったときに言う『大丈夫』とか。いちばんおもしろかったのが、ターザンになりながらの『大丈夫』」

──どういう状況(笑)。

「ターザンってつるにぶら下がって『あ〜ああ〜』って言ってるイメージじゃないですか。そんな感じで『だ〜いじょぶ〜』って言うんですよ(笑)。もうこっちが大丈夫じゃない(笑)」

20180130_gendoryoku05

──やばい、おもしろい。

「F1に乗っての『大丈夫』もありましたよ。しかも3周目まで(笑)。癒し、笑い、セクシーってジャンルが分かれていたんですけど、笑いの要素がもう攻めてましたね」

──レコーディング何時間くらいかかったの?

「4時間くらいかな」

──4時間「大丈夫」って言い続ける...。

「自分でも途中から何言ってるのかわかんなくなりました(笑)。全部同じ『大丈夫』に思えてきちゃった」

20180130_gendoryoku02

──ところで、役者になったきっかけは?

「えっと、もともと僕、福岡の高校で野球をやってたんですよ。一応甲子園にもいくようなところで」

──意外ー!

「そのころ部活から帰ってきて観る連ドラがすごく好きで、唯一の心休まる時間だったんです。それで、部活を引退したくらいから、役者やってみたいなって思い始めました。自分が会社で働くっていうイメージがまったく湧かなかったのもありますけど」

──うんうん。

「将来どうしようかなーってぐちぐちしてたら、父親が『とりあえず東京でもいいから大学は行っとけよ』って言ってくれて。僕はそれまで狭い世界しか知らなかったから、思い切って東京行ってみようかな! と思って、大学進学と一緒に上京しました」

──東京での新生活だね。

「でも、大学入ったら入ったで、役者とかせずにダラダラしちゃってたんですよ。んで、大学3年のときに周りが就活してるときに、『俺、そういえば役者やりたかったんだ』って思い出して(笑)。とりあえず養成所に入ってみました」

──へえ。

「それから1年後に事務所に入って、23、24歳くらいから本格的に活動を始めました。両親もやりたいことはやりなよって感じだったんで、反対されることもなかった」

──素敵なご両親。...ねえ、さっきから思ってたんだけど、サカシンさんってめっちゃ肌きれい。

「え、ありがとうございます(笑)」

──普段からケアしてるの?

「そうですね。いろいろ気をつけてますよ」

20180130_gendoryoku04

20180130_gendoryoku03

──やっぱり。いつから美容に気をつけるようになったの?

「高校で部活してたときは坊主だったし、肌も焼けるしで、ぜんぜん美容には気を使ってなかったんです。でも、部活を引退して、髪を伸ばし出してから、外見のことを気にするようになってきて。もともと肌が弱かったのもあって、母親や姉がいろいろ教えてくれたんですよね。東京に出てきてからも、肌の相談にのってくれたり、情報くれたりしました」

──仲良いんだね。

「僕が東京にきて、離れたからこそ仲良くなった感はありますね」

──あーわかる。

「舞台のメイクも基本は自分でやらないといけないんですけど、やっぱりぜんぜん分かんなくて。だからいろいろ聞きましたね。あと、やっぱり長時間メイクしていると肌が乾燥しちゃうので、舞台の楽屋ではパックをよくしてます。家でもやります。やるときは毎日ぐらいの頻度で」

──ほかの俳優さんもパックしてるの?

「そうですね。みんなけっこうメイク前とかにしてます」

20180130_gendoryoku06

──すごい女子力が高い現場だ。

「そうかも。みんな休憩中はジェラピケとか着てます(笑)。ジェラピケ男子(笑)」

──みんなモコモコしてるんだ。

「あとは僕、ときどき美容点滴もしてるんです。1回で4、5種類くらい成分を入れられるんですよ。疲れてたらニンニクとか、新陳代謝あげる成分とか。そういう情報交換も楽屋でやってますね。『〇〇クリニックのあれがすごい効くらしいよー』みたいな」

──美意識高まりそう。普段遊ぶのも役者の仲間が多い?

「そうですねー。だいたい役者ばっかりですね」

──大学時代の友だちとかは?

「たまに遊びます。でもみんな会社員なんで、なかなか時間が合わなくて何か月に1回くらいでしか会えないですね。会うと『いつまでもフラフラしやがって』って言われる(笑)。もちろん冗談ですけどね。とか言いつつ、みんな舞台観に来てくれるんです」

──いいお友だちだ。これからどうしていきたいとかある?

「声優にも挑戦していきたいし、映画も出たいですね。もちろん舞台も好きなんで、全部バランスよくやっていけたらいいなと思います。あとは、舞台をやっていて、どの現場でも『この人みたいになりたいな』っていう目標にしたい人がいるんですよ。僕もそんな風に影響を与えられる役者というか、人間になりたいですね。これ僕の今年の抱負です(笑)」

[坂本真一 出演情報]

2018年1月30日(火)~2月4日(日)

舞台『Hi☆Jack!!

築地ブディストホールにて出演

[坂本真一のTwitter, Instagram

>>連載「原動力を聞く」を読む

撮影・取材/グリッティ編集部

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 菊乃さんの素顔が知りたい。1日の過ごし方は? しあわせを感じる瞬間は?【ライフスタイル編】

    5. こんな89歳になりたい! 草間彌生は時代をスケボーで駆け抜ける

    6. 「化粧したい!」と思わせてくれる。オージーガールが夢中の「Tarte」って?

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    3. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. シルエット命。カーディガンを旬に着こなす5秒テク

    7. 同僚を勘違いさせてしまった。好意がないことを伝えるには?【解決しない恋愛相談室】

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. 前後にごろんでOK。シャンシャン体操でお腹引き締める

    10. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    1. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    2. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    7. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    8. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    9. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    10. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    部活から帰ってきて観る連ドラが、唯一の心休まる時間だった。坂本真一の原動力

    FBからも最新情報をお届けします。