1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. フォロワー360万人。アジア人スーパーモデルがいい意味で普通っぽい

フォロワー360万人。アジア人スーパーモデルがいい意味で普通っぽい

2,028

20180111_liuwen

アジア人で初めて「スーパーモデル」として認識された、Liu Wen(リウ・ウェン)。

若い世代が多いモデル社会で、29歳になったいまもさらに活躍の場を広げている彼女のInstagramは、現在360万人のフォロワーがいます。

とくに女性のフォロワーが多い理由は、彼女の飾らない素顔。

いつだって自然体なリウの魅力に迫ってみました。

大きな目、高い鼻、厚い唇こそが美しいと思ってた

私は自分の内面からでるものが、美しさやユニークさを変えてくれていると思っている。

THE CUT」でのインタビューでそう語ったリウ。

でも、子どものころは、ほかの中国女性と同じように、大きな目、高い鼻、厚い唇が美しさの象徴だと思っていたのだそう。

彼女が、美しさは内面からでるもので、その人独特のものに変わっていくものだと気づいたのは、モデルを始めてから。

リウがモデルとしてニューヨークに来たばかりのころは、「アジア顔」とひとくくりで見られていた時代でした。

アジアにはいろんな国があって、それぞれ顔も違う。

そのことがあまり浸透していなかった時代を生き抜いた彼女は、最近ではアジアモデルとしての活躍の場も広がりつつある、と話しています。

以前はアジア系モデルだと、中国のイメージだからという理由で真っ赤なリップを塗られていたの。でもいまは、アジア人の肌の色に映えるからという理由で真っ赤なリップを塗られてるのよ。

前とは違った意味で、個性あるアジアンビューティが見直されているのは、リウの登場があったからだと私は思います。

アジア人初。アメリカ版「VOGUE」の表紙を飾った

彼女が注目されたきっかけとなったのは、2007年にアジア人で初めてアメリカのランジェリーブランド「Victoria's Secret(ヴィクトリアズ・シークレット)」のモデルに選ばれたこと。

それから29歳になったいまでもヴィクトリアズ・シークレットのショーに欠かせない存在となっています。

また、忘れられないのが、2017年3月号のアメリカ版「VOGUE」。

リウが、ジジ・ハディッドなど7人のトップモデルたちとともに、アジア人モデルとして初めて飾った表紙は、ファッション界でも大きなニュースとなりました。

アジアンビューティだからというだけではなく、ただひとりの女性として、女性の権利を謳う号の表紙に登場したことは、とても意味があります。

親しみやすさに惹かれる。Instagramで素顔を惜しみなく披露

リウのInstagramが非常に人気があるとスタイリストの友人に教えてもらい、フォローし始めてから約2年。

私も、彼女が女性たちに支持される理由がわかりました。

とにかく、すべてが自然。

なんてことないひとりの女性の素顔。トップモデルという肩書きよりも、もっと身近に感じられる存在であり、内面からにじみ出る親しみやすさがたまらないのです。

整形しなくて本当によかったわ。

そんな風に話すざっくばらんなリウの魅力がInstagramにはあふれています。

THE CUT

写真/gettyimages

フレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 出血したり、13時間ブリーチしたり。キムの美容法がとにかくすごかった

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. ガールズパワー炸裂。生理をテーマにしたシンクロがなんかリアル

    4. お絵描きみたいにメイクする。秋のツヤ肌を作るLUSHのマルチスティック

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 自分の胸のなかでは、大きくなる必要も、よく見せる必要もない #ねこのひげ

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 出血したり、13時間ブリーチしたり。キムの美容法がとにかくすごかった

    6. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    7. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. ガールズパワー炸裂。生理をテーマにしたシンクロがなんかリアル

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    5. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    9. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    10. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た