1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. 胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

6,060

20180116_body_positive

女性にとって、決して他人事ではない乳がん。

だからこそ、乳がん検診は病院で定期的に受けるだけでなく、普段からセルフチェックもおこなっておきたい。

だけど、自分の胸にコンプレックスを抱えている女子ほど、乳がんの発見が遅れてしまう…という衝撃的な事実に注目が集まっています

75%の女子が胸にコンプレックスがある

イギリスのAnglia Ruskin University(アングリア・ラスキン大学)のViren Swami(ヴィレン・サワミ)教授がおこなったボディイメージの研究によると、自分の胸のサイズや形に不満を感じている人ほど、普段のセルフチェックから遠ざかってしまっていることが判明。

さらに、何か異変を感じたとしても、なかなか婦人科での受診を受けようとしないのだそう。

これって、女性として決して楽観視することができない現実です。

研究の対象となった384人のイギリス人女性のうち、自分の胸に何かしらのコンプレックスがあると答えたのは、なんと全体の75%。

また、全体の3分の1にあたる33%の女性が、「めったに、あるいは一度も胸のしこりのセルフチェックをしたことがない」と回答しています。

「乳がんのセルフチェックの大切さ」は、海外でもさまざまなメディアで叫ばれているけれど、まだまだ100%その真意は伝わっていないんだな、と少し残念に感じてしまいます。

異変を感じても病院には行かないという人も...

さらに、研究結果をくわしく見ていくと、胸に何か異変を感じたとしても、8%が「できる限り病院に行くのを遅らせる」、2%が「病院には行かない」と回答したとのこと。

自分の胸のサイズや形が好きではないから、あまり普段から考えないようにしている…。

コンプレックスを感じている部分からなるべく目をそらしたくなる気持ちも理解できますが、乳がんは女性なら誰もが発症するリスクを抱えている病気。

コンプレックスを理由に普段のケアを怠るのは、自分の身体にとって、とても無責任な行為のような気がしてしまいます。

乳がんの早期発見、40%はセルフチェックのおかげ

毎回バスタイムのあと、服を着る前に鏡で見たり、手で触ったりしておこなう乳がんのしこりチェック。

私もなるべく意識しておこなうようにしていますが、これが意外と面倒くさい…。

とくに寒い冬は、身体を拭いたあとはさっさと服を着たくなるし、病院の先生にセルフチェックのやりかたを聞いても、いまいち自分ではポイントがよく分からなかったり…。

毎日チェックしていたのが、いつのまにか1週間おきに、それが1か月おきになっていた…ということも珍しくありません。

前出のヴィレン先生によれば、乳がんの発見のうち、40%は普段のセルフチェックによるものなのだそう。

セルフチェックを毎日きちんとおこなっていれば、乳がんを早期発見して治療していくことが可能なのです。

大きさや形など、女子ならではの悩みは尽きないけれど、それでも自分のかけがえのない胸をしっかり守るのは、女子の役目。

ポジティヴなボディイメージをしっかりと持って、自分の身体のケアに向き合っていきたい、と感じます。

HELLO GIGGLES, EurekAlert, Pink Ribbon

写真/Visualhunt

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    5. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More