GLITTYの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. 胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

20180116_body_positive

女性にとって、決して他人事ではない乳がん。

だからこそ、乳がん検診は病院で定期的に受けるだけでなく、普段からセルフチェックもおこなっておきたい。

だけど、自分の胸にコンプレックスを抱えている女子ほど、乳がんの発見が遅れてしまう…という衝撃的な事実に注目が集まっています

75%の女子が胸にコンプレックスがある

イギリスのAnglia Ruskin University(アングリア・ラスキン大学)のViren Swami(ヴィレン・サワミ)教授がおこなったボディイメージの研究によると、自分の胸のサイズや形に不満を感じている人ほど、普段のセルフチェックから遠ざかってしまっていることが判明。

さらに、何か異変を感じたとしても、なかなか婦人科での受診を受けようとしないのだそう。

これって、女性として決して楽観視することができない現実です。

研究の対象となった384人のイギリス人女性のうち、自分の胸に何かしらのコンプレックスがあると答えたのは、なんと全体の75%。

また、全体の3分の1にあたる33%の女性が、「めったに、あるいは一度も胸のしこりのセルフチェックをしたことがない」と回答しています。

「乳がんのセルフチェックの大切さ」は、海外でもさまざまなメディアで叫ばれているけれど、まだまだ100%その真意は伝わっていないんだな、と少し残念に感じてしまいます。

異変を感じても病院には行かないという人も...

さらに、研究結果をくわしく見ていくと、胸に何か異変を感じたとしても、8%が「できる限り病院に行くのを遅らせる」、2%が「病院には行かない」と回答したとのこと。

自分の胸のサイズや形が好きではないから、あまり普段から考えないようにしている…。

コンプレックスを感じている部分からなるべく目をそらしたくなる気持ちも理解できますが、乳がんは女性なら誰もが発症するリスクを抱えている病気。

コンプレックスを理由に普段のケアを怠るのは、自分の身体にとって、とても無責任な行為のような気がしてしまいます。

乳がんの早期発見、40%はセルフチェックのおかげ

毎回バスタイムのあと、服を着る前に鏡で見たり、手で触ったりしておこなう乳がんのしこりチェック。

私もなるべく意識しておこなうようにしていますが、これが意外と面倒くさい…。

とくに寒い冬は、身体を拭いたあとはさっさと服を着たくなるし、病院の先生にセルフチェックのやりかたを聞いても、いまいち自分ではポイントがよく分からなかったり…。

毎日チェックしていたのが、いつのまにか1週間おきに、それが1か月おきになっていた…ということも珍しくありません。

前出のヴィレン先生によれば、乳がんの発見のうち、40%は普段のセルフチェックによるものなのだそう。

セルフチェックを毎日きちんとおこなっていれば、乳がんを早期発見して治療していくことが可能なのです。

大きさや形など、女子ならではの悩みは尽きないけれど、それでも自分のかけがえのない胸をしっかり守るのは、女子の役目。

ポジティヴなボディイメージをしっかりと持って、自分の身体のケアに向き合っていきたい、と感じます。

HELLO GIGGLES, EurekAlert, Pink Ribbon

写真/Visualhunt

Writing byTimmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. あなたはどのニャンコ? 性格から猫タイプが分かっちゃう

    2. 女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? #ふたりごと

    3. お手本はオリビア・パレルモ。アシンメトリーなミディアムスカートで春をエッジィに迎える

    4. 仕事でのストレスは溜まらない。やる気はあるけど執着心はないオージーガールの働き方

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 無心で見ちゃう...。猫のチョコケーキがくるくる回る

    7. バーバリーチェックが虹色になった。LGBTQ+をハッピーに応援

    8. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. 海外の人気コスメが集結する「Sephora」に行きたくて仕方ない!

    1. いま、恋してる?

    2. ありのままの自分も意外と悪くないじゃん! コンプレックスが好きになれるプロジェクト

    3. あなたはどのニャンコ? 性格から猫タイプが分かっちゃう

    4. 仕事でのストレスは溜まらない。やる気はあるけど執着心はないオージーガールの働き方

    5. もっといい人がいるかも? って思っちゃう。でも、結婚したい。

    6. 女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? #ふたりごと

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. 【ライター募集】グリッティで記事を書いてみませんか?

    1. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    2. 合コン以来、初めてふたりきりで会った男女の会話 #東京で恋をする

    3. もうスッケスケ。2018年のランジェリーはヌーディに着る

    4. お風呂、いつ入ってる?

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 女子のアソコのプリントアート。人それぞれでなんか気持ち軽くなった

    7. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    8. パリジェンヌが驚いたのは、東京女子のあの習慣

    9. 答えは体幹。身長150センチ台のオルセン姉妹がモードを着こなせる理由

    10. 「似合う眉毛が分からない...」スマホでさくっと診断できるサービスできた

    胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

    FBからも最新情報をお届けします。