1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. 答えは体幹。身長150センチ台のオルセン姉妹がモードを着こなせる理由

答えは体幹。身長150センチ台のオルセン姉妹がモードを着こなせる理由

4,826

20180129_olsen_sisters

世界一スタイリッシュな双子といえば、オルセン姉妹。

「The Row(ザ・ロウ)」、「Elizabeth and James(エリザベス・アンド・ジェームス)」のデザイナーとして活躍している彼女たちは、最近では、元子役というよりもファッション分野で大成功を納めている印象。

小柄なのにマキシ丈だってバランスよく着こなし、フロントロウやスナップの常連です。

洗練されたスタイルを作る、オルセン姉妹のセンス

子役から少女、そしてビジネスウーマンへと、彼女たちの変遷を見ると「同じ人でここまで垢抜けるのか」と思わず目を疑うほど。

やはり彼女たちが秀でているのはセンスです。

~ Ashley (left) & Mary-Kate 💕 #marykateandashley #olsentwins

Mary-Kate & Ashley Olsenさん(@marykatetomyashley)がシェアした投稿 -

どちらかというと「かわいい」より辛口、ミニマムでシックなモードを愛するふたり。

無造作なブロンドヘアは、ロングながらも軽やかで、雰囲気があります。しかも、バランスがいい。

モノトーンが好きなふたりのスタイルにもマッチしていて、センスにあふれています。

小柄なのにバランスがいい。その秘密は毎日の「プランク」にあった

そんなふたりの身長は、妹のメアリー・ケイトが155センチ、姉のアシュリーが158センチと、アメリカ人としてはかなり小柄です。

それなのにモードなファッションも自在に着こなす秘密は、センスだけでなく、華奢で均整のとれたスタイルにもありそう。

アシュリーのトレーナーであるジェシカが、彼女のワークアウトについて「People(ピープル)」誌に語っています。

なんでも、彼女のスタイルの秘密は、ほぼ毎日おこなっている体幹トレーニング、ピラティスのプランクなのだそう。

リバース、サイド、脚など、さまざまな種類のプランクをたくさんおこなっています。

(『People』より翻訳引用)

プランクは、腕立てふせをする態勢になって、そのポーズをキープするエクササイズ。

道具不要、また休養をとることで体幹を回復させ、強化してくれます。

実際にアシュリーも、ニューヨーク滞在中はピラティスの道具なしでワークアウトをおこなっているようです。

ジェシカ曰く、

アシュリーはかなり真面目に一生懸命取り組んでいるし、新しいことにトライすることにもオープンよ。

(『People』より翻訳引用)

こんなところにも、彼女たちがどんどん輝きを増している秘密が垣間見えます。

春までもう少し。

つい厚着になってバランスをとるのが難しい冬のファッションを、オルセン姉妹のセンスとすっきりしたスタイルを目指しながら、素敵に着こなしたいです。

People

写真/gettyimages

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    2. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    3. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    4. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    5. 髪は女の命じゃなかった

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    10. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    6. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    7. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    8. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    4. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    答えは体幹。身長150センチ台のオルセン姉妹がモードを着こなせる理由

    FBからも最新情報をお届けします。