1. Home
  2. Trend
  3. スイーツ
  4. 「ギャレンタイン」って知ってる? 女子だけで盛り上がるバレンタインが楽しそう!

「ギャレンタイン」って知ってる? 女子だけで盛り上がるバレンタインが楽しそう!

1,256

20180126_galentine

もうすぐバレンタイン。

日本では恋人や好きな人にチョコを渡すという風潮が強いイベントだけど、海外では楽しみかたが変化しているみたい。

楽しみかたは十人十色。女子のためのバレンタイン

海外で盛り上がりを見せているのが、「GALENTINE(ギャレンタイン)」。

ギャレンタインとは「GAL(ギャル)」と「VALENTINE(バレンタイン)」を組み合わせた造語で、女の子だけで集まってバレンタインを過ごすこと。

アメリカの人気ドラマ「Parks and Recreation(パークス アンド レクリエーション)」で、主人公がバレンタインデーの前日に失恋した親友のためにランチパーティを開いたシーンをきっかけに広まったのだそう。

#galentine」で去年のバレンタインの様子を探ってみると、思い思いに楽しんでいる女子の姿が…!

定番はやっぱりホームパーティ。部屋を飾りつけたりテーブルの上をドレスアップしたり…。ギャレンタインは準備からもう楽しい!

ハートのピザを半分こ。真っ二つにぱっくり割れたハートでふざけ合えるのもギャレンタインならではかも。

ギャレンタインの主役は自分たち。ドレスアップしてちょっといい店にディナーしに行くのも大いにありです。

食べものや飲みものを持ち寄ってピクニック気分でギャレンタイン。チルな音楽をかけて日光浴しながらヘルシーに楽しむのがいまっぽい。

パーティだけじゃない、ジムでだってギャレンタイン。バレンタイン仕様のおそろコーデをするだけで、いつも以上に楽しい気分になってくるから不思議。

バレエのクラスも、バレンタインにはドレスコードを決めて参加。これだけピンクや赤の衣装をまとった女子たちが集まると壮観です。

バレンタインチョコレートは、誰かのためじゃなく自分たちのために。好きなチョコを持ち寄って、チョコパーティするのも楽しい。

いつもはSNSでくだらない話ばかりしてる親友に、たまには手紙で感謝の気持ちを伝えてみるのも良し。

これぞ女子会! みたいなものを想像していたけど、ドレスコードを決めてジムに行ったり外でまったりしたり、ギャレンタインってすごく自由。「こうしなきゃいけない」という決まりなしで、女子たちが思い思いに楽しんでいる姿が印象的です。

ホテルのスイートルームでギャレンタインが楽しめちゃうかも

ギャレンタインの波はじわじわと日本にも。

GODIVA(ゴディバ)」では、今年のバレンタインに女性たちがハッピーになれるようなキャンペーン「#ゴディバでギャレンタイン」を実施中。

それは、今年のゴディバのバレンタインコレクションのなかから「あげたい」と思う商品画像を選び、TwitterやInstagramで投稿すると、合計14組(1組3名)にバレンタイン前日にラグジュアリーホテルなどに泊まれる権利が当たるというもの。

ギャレンタインデビューにはふさわしいキャンペーン。これは見逃せない…!

バレンタインにチョコを贈る文化はもちろん大切にしたい。でもそれだけじゃなくて、バレンタインを口実にいろんなことをもっと自由に楽しんでもいいのかも。

ギャレンタインを自分なりに楽しむ女子たちを見ていたら、今年のバレンタインが待ち遠しくなりました。

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 「中国」をイメージした鮮やかなアイシャドウ。独創的な色を楽しみたい

    5. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    「ギャレンタイン」って知ってる? 女子だけで盛り上がるバレンタインが楽しそう!

    FBからも最新情報をお届けします。