1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. イギリスで「孤独大臣」が誕生。寂しいと思っているのは世界共通なのかも

イギリスで「孤独大臣」が誕生。寂しいと思っているのは世界共通なのかも

1,725

20180126_lonely

1月17日、なんとイギリスで「孤独担当大臣」が誕生しました。

孤独は、1日に15本たばこを吸うのと同じぐらい健康に影響する

「孤独担当大臣」といっても大臣が孤独なのではなく、孤独問題を担当する大臣というわけ。

正式には、「Minister for Loneliness」という名称です。

イギリスではとくに高齢者を中心に孤独な生活を送っている人が多く、社会問題になっているのだそう。

「いつも、または頻繁に孤独だと感じている」という人は900万人、「1か月以上友だちや家族と会話をもたない」という高齢者は20万人いるという推定があるほど。

孤独がなぜ問題なのかというと、1日に15本タバコを吸うのと同じぐらい健康によくないというデータがあるから。

孤独による影響は、心だけではなく身体にも及ぶのです。

人とのつながりはそれほど大事だということが分かります。

家族も友だちもいる。でも孤独を感じるときがある

正直な話、これまで日本の高齢者の「孤独死」ニュースを見ても、どこか他人事のように感じていました。

でも、東京に住んでいたころ、都会の喧騒に囲まれていても、いえ、むしろ周りがにぎやかだからこそ、無性に寂しくなったことがあったのを思い出します。家族や友だちもいたのに。

それなら、ひとりきりで暮らしている人はもっと孤独を感じていて当然。

誰だって孤独を感じることはあります。国や性別や年齢は関係ないのです。

SNSはリアルな交友関係の完全な代用にはならない

とくに、いまはSNSで大勢の人と「つながっている」とかたくさんの「友だち・フォロワー」がいると感じているからこそ、実生活での孤独感が強調されるような気がします。

SNSで楽しそうな人たちを見て、自分にはなにか欠けているような、取り残されたような気持ちになることがないと言ったらウソになる。

もちろんSNSの友だちが悪いとか不要だとは思いません。

でも、せめて実際に友だちと会っているときには目の前の人を優先したい。スマホはバッグに入れたままにして。

SNSはリアルな関係をより深めてくれるツールであって、リアルな交友関係に完全にとってかわるモノにはならないと思うのです。

NPR

写真/Shutterstock

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 「中国」をイメージした鮮やかなアイシャドウ。独創的な色を楽しみたい

    5. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    イギリスで「孤独大臣」が誕生。寂しいと思っているのは世界共通なのかも

    FBからも最新情報をお届けします。