1. Home
  2. Fashion
  3. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

1,637

 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

モデルやファッショニスタたちが、スタイリッシュに履きこなしている黒のレギンス。

黒は引き締め効果のある色だし、どんな色とも相性がいいので、いつものコーディネートに取り入れるのは簡単そう。

@fashionpic1224がシェアした投稿 -

@fashionpic1224がシェアした投稿 -

そう思っていても、実際に自分が履いてみると、下半身のシルエットが丸見えでピチピチしていたり、ぽっこりお腹が気になったり....。

でも、じつは3つのポイントさえ押さえておけば、黒レギンスをすっきりと履きこなすことができるのです。

足の甲が開いたヒールを履いて脚長効果を狙う

ひとつめのポイントは、脚を長く見せるために、ヒール × 足の甲が広く開いているシューズを選ぶこと。

黒いスキニーパンツを履くときと同じ要領で、カジュアルスタイルでも女性らしさをプラスすることができます。

ただし、ヒールが高すぎて美しく歩けなかったら台無しです。ヒールの高さは5〜8センチ程度が◎。

また、ヌーディな色のシューズを選ぶと、脚となじんでよりいっそう脚長効果が期待できます。

トップスにはお尻が隠れる丈のものを

@fashionpic1224がシェアした投稿 -

ふたつめのポイントは、お尻が隠れるくらいの丈感のトップスを選ぶこと。

体型がもろに出やすい黒レギンスも、お腹や腰まわりを隠すだけでいっきにスタイルアップさせてくれるアイテムになるのです。

@fashionpic1224がシェアした投稿 -

ヒール無しの靴やブーティと合わせるときは、足首を見せると脚が細く見えます。レギンスの裾部分を、あえていつもより3センチほど上げて履くのがコツです。

ボリューミーなトップスで逆三角形シルエットを作る

@fashionpic1224がシェアした投稿 -

@fashionpic1224がシェアした投稿 -

3つめのポイントは、ボリュームのあるデザインのトップスを着て、重心を上に持ってくること。そうすれば、逆三角形のシルエットによって脚が自然と細く見えます。

また、どうしてもウエスト周りが気になるなら、思い切ってバッグを利用して隠してしまうというのもひとつの手です。

体型や脚の形などを気にして履くことを躊躇してしまいがちな黒レギンス。

でも、たった3つのポイントさえ取り入れればかっこよく履きこなせるなら、使わない手はありません。

黒レギンスは、カジュアルからレディライクなものまでどんなスタイルにも着回ししやすいので、きっとファッションの幅もぐっと広がるはずです。

写真/gettyimages

ELIE INOUE

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    2. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

    5. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    6. 彼の誕生日を祝いたい。だから新幹線に飛び乗った #終電と私

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

     黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    FBからも最新情報をお届けします。