GLITTYの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. Fashion
  3. 東京でも人気出る予感。洗練 × エッジが絶妙なノルウェーブランド見つけた

東京でも人気出る予感。洗練 × エッジが絶妙なノルウェーブランド見つけた

東京でも人気出る予感。洗練 × エッジが絶妙なノルウェーブランド見つけた

2017年秋に世界の各都市でおこなわれたファッションウィーク。

なかでもスタイリストの間で好評だったのが、ノルウェーのオスロファッションウィークです。

今回は、ノルウェーの首都・オスロでスタイリストをしているセルマと、ノルウェーのファッション事情について語ってみました。

東京とオスロの共通点。若い世代にファストファッションが人気

STREETSTYLEさん(@tuvians)がシェアした投稿 -

「ノルウェーと聞いて『ファッション』と連想する人は少ないわよね」

そう話すセルマ。

彼女曰く、ノルウェーはファッション性が高い国とは認識されていなくて、どちらかと言えば、寒い国ならではの保温や防寒といった機能性が高いアパレル商品が目立つのだそう。

また、美しい自然に囲まれた国と知られるノルウェーは、ファッション的にも自然なスタイルが好まれ、「ナチュラル」「シンプル」なスタイルが定番。

ヨーロッパのほかの都市に比べると飾らないベーシックなファッションなのだ、とセルマは言います。

Cubusさん(@cubusofficial)がシェアした投稿 -

Bik Bokさん(@bikbok)がシェアした投稿 -

さらに、いまの若い世代は、ファッションにお金をかけないとのこと。それは東京でも同じ状況かもしれません。

オスロではスウェーデンのファストファッションブランド「H&M」がまだまだとても人気があり、ノルウェー発の「Cubus」や「BIK BOK」などの低価格ブランドも指示を得ているようです。

そんななか、オスロではノルウェー発のインディーズブランドを国が支援するなど、ファッション界を盛り上げようと国をあげて努力しているのだとか。

シンプルなのにエッジが効いてる。オスロで人気のふたつのブランド

今回、セルマが着用していて目を引いたのが「FWSS(FALL WINTER SPRING SUMMER)」というブランド。

個性あるデザインとなんともいえない淡いカラーが絶妙なバランスで、オスロのファッショニスタにファンが多いのだそう。洗練された雰囲気のなかにエッジが効いていて、東京でも人気が出そうな予感。

また、セルマからお土産にともらったTシャツのブランド「C.L.E.A.N」も魅力的。

オスロのスタイリスト仲間の間でもとくに人気のブランドだそうで、カラーやロゴ、デザインのすべてがいままでのノルウェーブランドにはなかった新生だ、とセルマのイチオシでした。

日本ではなかなか知られていないノルウェーブランドですが、シンプルかつエッジの効いたオスロスタイルは、これから東京でも浸透していく期待大です。

写真/gettyimages

Writing byフレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. あなたはどのニャンコ? 性格から猫タイプが分かっちゃう

    2. マシュマロがタンポン代わり!? 思わず人に話したくなる女子のアソコのびっくり歴史

    3. まるでブレードランナー。夜の東京を切り取ったらSF感がすごかった

    4. 僕はきっと、世の中からしたら「出る杭」だ【文太の日記】

    5. 女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? #ふたりごと

    6. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. ヘルシーに肩出ししちゃえ。ワンショルダーなら嫌味ないセクシーさが手に入る

    9. 部分やせした〜い! お腹と太ももを足踏みエクササイズですっきり

    10. 女子のアソコのプリントアート。人それぞれでなんか気持ち軽くなった

    1. あなたはどのニャンコ? 性格から猫タイプが分かっちゃう

    2. まるでブレードランナー。夜の東京を切り取ったらSF感がすごかった

    3. マシュマロがタンポン代わり!? 思わず人に話したくなる女子のアソコのびっくり歴史

    4. 部分やせした〜い! お腹と太ももを足踏みエクササイズですっきり

    5. 仕事でのストレスは溜まらない。やる気はあるけど執着心はないオージーガールの働き方

    6. もっといい人がいるかも? って思っちゃう。でも、結婚したい。

    7. 女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? #ふたりごと

    8. ありのままの自分も意外と悪くないじゃん! コンプレックスが好きになれるプロジェクト

    9. いま、恋してる?

    10. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    1. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    2. 合コン以来、初めてふたりきりで会った男女の会話 #東京で恋をする

    3. もうスッケスケ。2018年のランジェリーはヌーディに着る

    4. 女子のアソコのプリントアート。人それぞれでなんか気持ち軽くなった

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. パリジェンヌが驚いたのは、東京女子のあの習慣

    7. あなたはどのニャンコ? 性格から猫タイプが分かっちゃう

    8. 答えは体幹。身長150センチ台のオルセン姉妹がモードを着こなせる理由

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. 「似合う眉毛が分からない...」スマホでさくっと診断できるサービスできた

    東京でも人気出る予感。洗練 × エッジが絶妙なノルウェーブランド見つけた

    FBからも最新情報をお届けします。