1. Home
  2. Fashion
  3. 東京でも人気出る予感。洗練 × エッジが絶妙なノルウェーブランド見つけた

東京でも人気出る予感。洗練 × エッジが絶妙なノルウェーブランド見つけた

1,188

東京でも人気出る予感。洗練 × エッジが絶妙なノルウェーブランド見つけた

2017年秋に世界の各都市でおこなわれたファッションウィーク。

なかでもスタイリストの間で好評だったのが、ノルウェーのオスロファッションウィークです。

今回は、ノルウェーの首都・オスロでスタイリストをしているセルマと、ノルウェーのファッション事情について語ってみました。

東京とオスロの共通点。若い世代にファストファッションが人気

STREETSTYLEさん(@tuvians)がシェアした投稿 -

「ノルウェーと聞いて『ファッション』と連想する人は少ないわよね」

そう話すセルマ。

彼女曰く、ノルウェーはファッション性が高い国とは認識されていなくて、どちらかと言えば、寒い国ならではの保温や防寒といった機能性が高いアパレル商品が目立つのだそう。

また、美しい自然に囲まれた国と知られるノルウェーは、ファッション的にも自然なスタイルが好まれ、「ナチュラル」「シンプル」なスタイルが定番。

ヨーロッパのほかの都市に比べると飾らないベーシックなファッションなのだ、とセルマは言います。

Cubusさん(@cubusofficial)がシェアした投稿 -

Bik Bokさん(@bikbok)がシェアした投稿 -

さらに、いまの若い世代は、ファッションにお金をかけないとのこと。それは東京でも同じ状況かもしれません。

オスロではスウェーデンのファストファッションブランド「H&M」がまだまだとても人気があり、ノルウェー発の「Cubus」や「BIK BOK」などの低価格ブランドも指示を得ているようです。

そんななか、オスロではノルウェー発のインディーズブランドを国が支援するなど、ファッション界を盛り上げようと国をあげて努力しているのだとか。

シンプルなのにエッジが効いてる。オスロで人気のふたつのブランド

今回、セルマが着用していて目を引いたのが「FWSS(FALL WINTER SPRING SUMMER)」というブランド。

個性あるデザインとなんともいえない淡いカラーが絶妙なバランスで、オスロのファッショニスタにファンが多いのだそう。洗練された雰囲気のなかにエッジが効いていて、東京でも人気が出そうな予感。

また、セルマからお土産にともらったTシャツのブランド「C.L.E.A.N」も魅力的。

オスロのスタイリスト仲間の間でもとくに人気のブランドだそうで、カラーやロゴ、デザインのすべてがいままでのノルウェーブランドにはなかった新生だ、とセルマのイチオシでした。

日本ではなかなか知られていないノルウェーブランドですが、シンプルかつエッジの効いたオスロスタイルは、これから東京でも浸透していく期待大です。

写真/gettyimages

フレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    2. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

    5. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    6. 彼の誕生日を祝いたい。だから新幹線に飛び乗った #終電と私

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    東京でも人気出る予感。洗練 × エッジが絶妙なノルウェーブランド見つけた

    FBからも最新情報をお届けします。