1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. 性別関係ない。やせてなくてもいい。2017年のファッション誌は個性にあふれてた

性別関係ない。やせてなくてもいい。2017年のファッション誌は個性にあふれてた

性別関係ない。やせてなくてもいい。2017年のファッション誌は個性にあふれてた

ファッション、ビューティ業界で活発になっている、モデルの多様性を訴えるムーヴメント。

その流れはいま、ファッション雑誌にまで及んでいます。

白人以外のモデルが次々と雑誌のカバーに起用された

海外のファッション雑誌のカバーに起用されるのは、いつも決まって「ブロンド × 細身 × 歯並びのきれいなモデル」ばかり。

毎月書店に新しいファッション雑誌が置かれるたびに、「なんだかみんな同じ洋服のカタログに見える...」なんて思っていました。

そんな矢先、「The Fashion Spot」が掲載しているDiversity Report(多様性レポート)なるものを発見。

レポートによると、2017年に海外の49の出版社によって発行されたファッション雑誌789冊をくまなくチェックしたところ、カバーモデルに起用された白人以外のモデル(黒人・アジア系・インド系・ヒスパニック系など)は、全体の32.5%を記録し、2016年に比べると3.5%UPしたとのこと。

また、ランウェイ、キャンペーン、雑誌の3つのカテゴリーで、「人種の多様性」を示す割合が30%を超えたのは、2017年が初めてなのだそう!

これって、たしかな進歩です。

ティーン向けの雑誌にも。トランスジェンダー、プラスサイズ、オーバーエイジモデルが登場

2017年、雑誌のカバーにフューチャーされたのは、人種の多様性だけではありません。

老舗のファッション雑誌が、こぞってトランスジェンダー、プラスサイズ、オーバーエイジなど、個性あふれるモデルたちを起用しています。

プラスサイズのアメリカモデル、Ashley Graham(アシュレイ・グラハム)は、11月号の「ELLE」カバーに登場。太めのボディを惜しげもなくカメラの前で披露している姿が、とってもキュート。

9月号の「Allure」には、イギリスの名女優で今年72歳のHelen Mirren(ヘレン・ミレン)が登場。

フォトショップで修正していないありのままの自分を堂々と披露したヘレン。年を重ねていくことを恐れなくていい...と思わせてくれます。

7月号の「ELLE Brazil」には、トランスジェンダーモデルのValentina Sampaio(ヴァレンティナ・サンパイオ)が満を持して登場。本家パリの「VOGUE」でも、その存在感をみごとに発揮していました。

男でも女でもないけれど、男でもあり女でもある。そんな危うい魅力にドキドキしてしまいます。

また、自身を男でも女でもない「Non-Binary Gender(ノン・バイナリー・ジェンダー)」と公言している若干19歳のAmandla Stenberg(アマンドラ・ステンバーグ)も「Teenvogue」のカバーガールとして登場。

ティーン向けの雑誌だって、さまざまな性のアイデンティティを持つモデルを積極的に起用しているのには感動です。

雑誌のアイコン的存在であるカバーモデルにも、多様性は確実に広がっている。

個人的には2018年、小柄で華奢なアジア系モデルがカバーを飾っている雑誌が見たい! と願っています。

The Fashion Spot

写真/gettyimages

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 意外とありかも! パーティドレスを活用した「ちょっとそこまでコーデ」

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. トイレで5秒ストレッチ。カチコチ腰をさくっとほぐす

    5. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    6. お風呂めんどくさい日の救世主。ソファで座りながら髪洗えるシャンプー

    7. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    8. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    9. メイク落とし、何使ってる?

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    2. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    3. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    4. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    7. トイレで5秒ストレッチ。カチコチ腰をさくっとほぐす

    8. 湯船、どれくらいの頻度で入る?

    9. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    10. お気に入りの曲を着信音にしちゃったら、それはもう彼を好きってことだよ

    1. 【タイプ別】ゲッターズ飯田の2018年下半期占い。この1年、どう締めくくる?

    2. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    3. やっぱ世界共通なんだね。他人には見せない女子の本性

    4. ドライヤーめんどくさい。この夏、髪を乾かすのがぐっとラクになる

    5. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    8. 早く海行きたい。寝転びエクササイズでプリッと上がったお尻になる

    9. セフレや不倫相手以上の男が見つからない。でも、結婚したい。

    10. 変化を感じるアラサー肌。いまの自分にいちばん合うスキンケアが知りたい

    性別関係ない。やせてなくてもいい。2017年のファッション誌は個性にあふれてた

    FBからも最新情報をお届けします。