1. Home
  2. ヘア・メイク
  3. 意外とまじめかも...。カイリー・ジェンナーのコスメブランドがアメリカ女子にウケる理由

意外とまじめかも...。カイリー・ジェンナーのコスメブランドがアメリカ女子にウケる理由

9,028

意外とまじめかも...。カイリー・ジェンナーのコスメブランドがアメリカ女子にウケる理由

リアリティショーやInstagramでおなじみのKylie Jenner(カイリー・ジェンナー)。

昨年スタートさせたコスメブランド「KYLIE COSMETICS(カイリーコスメティクス)」が、いまアメリカで大ブレイクしています。

2016年夏の発売からいままでに、日本円にして約460億円売り上げたと言われていて、世界のトップコスメブランドも脅威を感じているとのこと。

ポップなヴィジュアルが人気。カイリーのコスメブランド

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

パッケージはカイリーのシンボルともいえる、唇のデザイン。とにかくポップでかわいいヴィジュアルが大人気なのです。

宣伝カーだってこんなに目を引くデザインに。

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

8月に販売されたバースデーコレクションは、なんと初日に約11億円(日本円)を売り上げたと報道され、ますます話題になりました。

ただのセレブじゃない。ブランドに対する徹底したカイリーのこだわり

カイリーといえば、カーダシアン家のリアリティショー「Keeping Up With the Kardashians」でのセレブ生活ぶりが有名。

ところが、カイリーを主役にしたリアリティショー「Life of Kylie」が始まると、彼女がコスメブランドのCEOとして奮闘する姿が見られると話題になっています。

ロサンゼルスにある化粧品の工場にひんぱんに足を運び、自らブランドの商品を真剣にチェックする姿は、すっかり実業家の顔。

カイリーのブランドならではの、カラーやデザインに対する彼女のこだわりを強く感じます。

「KYLIE COSMETICS」は、ハリウッドセレブによくあるような、名前だけをライセンスで貸してあとは勝手に作ってもらうようなブランドではなく、まさにカイリーの息のかかったブランドです。

それだけに、人気が高いのも納得。

お騒がせヤングセレブの印象が強かったカイリーのイメージが変わり、さらに女子からの人気に拍車がかかりました。

整形だってオープンに話す

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

「メイクは女性に自信を与えてくれるもの」と話すカイリーですが、彼女のシンボルといえば、やっぱりふっくらとした唇。

普段のメイクから唇に対するこだわりが見え、自身のコスメブランドでもリップ商品に対する意気込みを強く感じます。

あの唇、じつはフィラーを入れて大きくしているということを、カイリーはオープンにしています。

カイリーは美への追求のために努力していることを隠しません。

ハリウッドスターなら誰もが知る美容整形医であるサイモン・オーリアンにかかっていることもオープンにしていて、「きれいになる努力をして何が悪いの?」という正直な彼女のスタイルもまた人気の理由なのです。

TOPSHOPとコラボ。2018年はますます勢いに乗りそう

2017年のクリスマスには、新たなローンチが注目されているカイリー。クリスマスまでの期間限定で、アメリカの都市を中心に、イギリスの「TOPSHOP」とコラボレーションしたポップアップストアをオープンしています。

ポップアップストアでは、限定アイテムも並び、すでに完売のアイテムもあるのだとか。

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

ポップアップストアのローンチをアナウンスするカイリーのインスタ動画は、約1,300万人が視聴したとのこと。彼女のInstagramには、1億人のフォロワーがいます。

今回のローンチで、さらにブランドの人気が加熱し、また新たなプロジェクトもあるとのことで、今後も楽しみです。

さっそく、いちばん人気だという、カイリーの唇に近づけるというリキッドリップを買ってみたところ、なかなかほかのブランドにはないカラーと、パッケージのデザインが目を引きました。

そして、カイリーが工場に足を運び、何度も意見していたこだわりの使用感にも大満足。

最近では、ボーイフレンドとの子供を妊娠をしてさらに話題を集めているカイリー。実業家としてとことん関わった「KYLIE COSMETICS」は一度試してみる価値ありです。

KYLIE COSMETICS

写真/gettyimages

フレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. えっ、そこにアイライン引いちゃう!? 次世代のイット・ガールのメイクが遊び心にあふれてる

    2. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    3. マッチングアプリから恋愛に発展したことある? #女子のホンネ

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. 大本命は白! いつものパンツスタイルをアップデートしたい

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 女子の8割が持つデリケートゾーンの悩み。手のひらサイズのアレが解消してくれるかも

    1. えっ、そこにアイライン引いちゃう!? 次世代のイット・ガールのメイクが遊び心にあふれてる

    2. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    3. 女子の8割が持つデリケートゾーンの悩み。手のひらサイズのアレが解消してくれるかも

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    6. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. マッチングアプリから恋愛に発展したことある? #女子のホンネ

    10. 江戸時代はクリスマスカラーのリップが流行ってた! 昔の美意識どうかしてるぜ...

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 「最近の若者は...」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. 懐かしみがすごい! 平成の女子高生ファッションを振り返ってみた

    4. えっ、そこにアイライン引いちゃう!? 次世代のイット・ガールのメイクが遊び心にあふれてる

    5. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    6. 「私たち付き合ってるの?」な状態。経験ある? #女子のホンネ

    7. ホワイトデーのお返し問題。迷惑だったもの1位は、まさかのアレ...!

    8. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    9. 「不思議ちゃんだよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    10. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    意外とまじめかも...。カイリー・ジェンナーのコスメブランドがアメリカ女子にウケる理由

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More