1. Home
  2. ヘア・メイク
  3. 意外とまじめかも...。カイリー・ジェンナーのコスメブランドがアメリカ女子にウケる理由

意外とまじめかも...。カイリー・ジェンナーのコスメブランドがアメリカ女子にウケる理由

4,311

意外とまじめかも...。カイリー・ジェンナーのコスメブランドがアメリカ女子にウケる理由

リアリティショーやInstagramでおなじみのKylie Jenner(カイリー・ジェンナー)。

昨年スタートさせたコスメブランド「KYLIE COSMETICS(カイリーコスメティクス)」が、いまアメリカで大ブレイクしています。

2016年夏の発売からいままでに、日本円にして約460億円売り上げたと言われていて、世界のトップコスメブランドも脅威を感じているとのこと。

ポップなヴィジュアルが人気。カイリーのコスメブランド

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

パッケージはカイリーのシンボルともいえる、唇のデザイン。とにかくポップでかわいいヴィジュアルが大人気なのです。

宣伝カーだってこんなに目を引くデザインに。

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

8月に販売されたバースデーコレクションは、なんと初日に約11億円(日本円)を売り上げたと報道され、ますます話題になりました。

ただのセレブじゃない。ブランドに対する徹底したカイリーのこだわり

カイリーといえば、カーダシアン家のリアリティショー「Keeping Up With the Kardashians」でのセレブ生活ぶりが有名。

ところが、カイリーを主役にしたリアリティショー「Life of Kylie」が始まると、彼女がコスメブランドのCEOとして奮闘する姿が見られると話題になっています。

ロサンゼルスにある化粧品の工場にひんぱんに足を運び、自らブランドの商品を真剣にチェックする姿は、すっかり実業家の顔。

カイリーのブランドならではの、カラーやデザインに対する彼女のこだわりを強く感じます。

「KYLIE COSMETICS」は、ハリウッドセレブによくあるような、名前だけをライセンスで貸してあとは勝手に作ってもらうようなブランドではなく、まさにカイリーの息のかかったブランドです。

それだけに、人気が高いのも納得。

お騒がせヤングセレブの印象が強かったカイリーのイメージが変わり、さらに女子からの人気に拍車がかかりました。

整形だってオープンに話す

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

「メイクは女性に自信を与えてくれるもの」と話すカイリーですが、彼女のシンボルといえば、やっぱりふっくらとした唇。

普段のメイクから唇に対するこだわりが見え、自身のコスメブランドでもリップ商品に対する意気込みを強く感じます。

あの唇、じつはフィラーを入れて大きくしているということを、カイリーはオープンにしています。

カイリーは美への追求のために努力していることを隠しません。

ハリウッドスターなら誰もが知る美容整形医であるサイモン・オーリアンにかかっていることもオープンにしていて、「きれいになる努力をして何が悪いの?」という正直な彼女のスタイルもまた人気の理由なのです。

TOPSHOPとコラボ。2018年はますます勢いに乗りそう

2017年のクリスマスには、新たなローンチが注目されているカイリー。クリスマスまでの期間限定で、アメリカの都市を中心に、イギリスの「TOPSHOP」とコラボレーションしたポップアップストアをオープンしています。

ポップアップストアでは、限定アイテムも並び、すでに完売のアイテムもあるのだとか。

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

ポップアップストアのローンチをアナウンスするカイリーのインスタ動画は、約1,300万人が視聴したとのこと。彼女のInstagramには、1億人のフォロワーがいます。

今回のローンチで、さらにブランドの人気が加熱し、また新たなプロジェクトもあるとのことで、今後も楽しみです。

さっそく、いちばん人気だという、カイリーの唇に近づけるというリキッドリップを買ってみたところ、なかなかほかのブランドにはないカラーと、パッケージのデザインが目を引きました。

そして、カイリーが工場に足を運び、何度も意見していたこだわりの使用感にも大満足。

最近では、ボーイフレンドとの子供を妊娠をしてさらに話題を集めているカイリー。実業家としてとことん関わった「KYLIE COSMETICS」は一度試してみる価値ありです。

KYLIE COSMETICS

写真/gettyimages

フレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    2. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    3. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    4. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    7. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    8. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    2. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    5. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    6. 湯船、どれくらいの頻度で入る?

    7. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    8. カイリー・ジェンナーが最も成功した女性起業家に。自分で稼ぐのってやっぱりかっこいい

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. 夏。レトロな柄の水着でビーチの主役になる

    1. 【タイプ別】ゲッターズ飯田の2018年下半期占い。この1年、どう締めくくる?

    2. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    3. やっぱ世界共通なんだね。他人には見せない女子の本性

    4. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    5. ドライヤーめんどくさい。この夏、髪を乾かすのがぐっとラクになる

    6. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 早く海行きたい。寝転びエクササイズでプリッと上がったお尻になる

    9. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    10. 変化を感じるアラサー肌。いまの自分にいちばん合うスキンケアが知りたい

    意外とまじめかも...。カイリー・ジェンナーのコスメブランドがアメリカ女子にウケる理由

    FBからも最新情報をお届けします。