1. Home
  2. フィットネス
  3. 女性専用K-1ジムで気分爽快。パンチ! キック! で冬太り解消する

女性専用K-1ジムで気分爽快。パンチ! キック! で冬太り解消する

女性専用K-1ジムで気分爽快。パンチ! キック! で冬太り解消する

ワークアウトはハードなほうが好き!

そんなハードトレーニング派にうれしい、女性専用のK-1ジムが自由が丘にオープンしました。

打って蹴って、K-1で気持ちよく汗をかく

11月27日にオープンしたばかりの「K-1ジム自由が丘」。男性向けのイメージが強いK-1というスポーツを、女性も気軽に始められるようにと作られた、女性専用ジムです。

K-1の「K」は、空手、キックボクシング、カンフー、拳法などの立ち技を使う格闘技と、KINGの頭文字。「1」はナンバーワンを意味していて、打撃系スポーツのナンバーワンを決める競技として、1993年から始まったのだそう。

キックボクシングや拳法だけなら、これまでも女性専用のジムがあったけど、すべてを試してみたいと思ったら、それぞれのジムに通う必要がありました。

K-1の女性専用ジムの登場で、さまざまなハードトレーニングをワンストップでできるようになったのはうれしい。

ストレス発散しながら楽しく脂肪燃焼

女性がK-1をおこなうメリットを、代表兼トレーナーで、元K-1選手の戸邊隆馬(とべ・りゅうま)さんにお聞きしました。

「K-1をすると、心身の強さが手に入ります。瞬発的な運動で筋肉に刺激を入れ、パンチ! キック! と、全身を大きく動かすことで、体全体の筋力向上ができます。K-1は有酸素運動なので脂肪燃焼、ストレス発散など、さまざまな効果をもたらし、さらに護身術にもなります」

ストレス発散しながら運動ができ、脂肪燃焼にもなるなら、いますぐにでも始めたいところ。

ただひとつ気になるのが、K-1をすると筋肉ムキムキになってしまうのではないか...という点です。

強いけれどしなやかな体をつくるためのプログラム

筋肉がついた体にあこがれるけど、ムキムキにはなりたくない...。そんな不安に対して、

「K-1ジム自由が丘では、"トレーニングをしてそのまま終わり" ということをしません。なぜなら、もったいないから。身体を強く動かしたあと、そのままにしてしまえば固く大きな筋肉や乳酸、疲労物質がたまったままとなります。そこでK-1ジム自由が丘ではヨガを取り入れ、『しなやかな美しさ』が手に入るようにしました。まずヨガで心身を内側から温め、K-1では強く激しく、ときにはやさしく動き、最後にまたヨガを取り入れると、やわらかく強い心身が作られます」

と、戸邊さん。しなやかな美しさも同時に手に入るよう、K-1にヨガをプラスしたプログラムを考案しているというK-1ジム自由が丘。

実際、トレーニングジムとヨガスタジオの両方に別々に通うとなると続かないので、ワンストップでできるプログラムは助かります。

K-1ジム自由が丘では、まったくのビギナーから始められるようクラス分けが成されていて、自分の運動レベルを気にすることなく始められるがうれしい。

また、平日は20時スタートのクラスもあり。仕事の帰りに立ち寄ったら、1日のストレスも吹き飛びそうです。

K-1ジム自由が丘

写真/Shutterstock

力武亜矢

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    2. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    3. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    4. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    7. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    8. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    2. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    5. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    6. 湯船、どれくらいの頻度で入る?

    7. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    8. カイリー・ジェンナーが最も成功した女性起業家に。自分で稼ぐのってやっぱりかっこいい

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. 夏。レトロな柄の水着でビーチの主役になる

    1. 【タイプ別】ゲッターズ飯田の2018年下半期占い。この1年、どう締めくくる?

    2. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    3. やっぱ世界共通なんだね。他人には見せない女子の本性

    4. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    5. ドライヤーめんどくさい。この夏、髪を乾かすのがぐっとラクになる

    6. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 早く海行きたい。寝転びエクササイズでプリッと上がったお尻になる

    9. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    10. 変化を感じるアラサー肌。いまの自分にいちばん合うスキンケアが知りたい

    女性専用K-1ジムで気分爽快。パンチ! キック! で冬太り解消する

    FBからも最新情報をお届けします。