1. Home
  2. フィットネス
  3. 女性専用K-1ジムで気分爽快。パンチ! キック! で冬太り解消する

女性専用K-1ジムで気分爽快。パンチ! キック! で冬太り解消する

女性専用K-1ジムで気分爽快。パンチ! キック! で冬太り解消する

ワークアウトはハードなほうが好き!

そんなハードトレーニング派にうれしい、女性専用のK-1ジムが自由が丘にオープンしました。

打って蹴って、K-1で気持ちよく汗をかく

11月27日にオープンしたばかりの「K-1ジム自由が丘」。男性向けのイメージが強いK-1というスポーツを、女性も気軽に始められるようにと作られた、女性専用ジムです。

K-1の「K」は、空手、キックボクシング、カンフー、拳法などの立ち技を使う格闘技と、KINGの頭文字。「1」はナンバーワンを意味していて、打撃系スポーツのナンバーワンを決める競技として、1993年から始まったのだそう。

キックボクシングや拳法だけなら、これまでも女性専用のジムがあったけど、すべてを試してみたいと思ったら、それぞれのジムに通う必要がありました。

K-1の女性専用ジムの登場で、さまざまなハードトレーニングをワンストップでできるようになったのはうれしい。

ストレス発散しながら楽しく脂肪燃焼

女性がK-1をおこなうメリットを、代表兼トレーナーで、元K-1選手の戸邊隆馬(とべ・りゅうま)さんにお聞きしました。

「K-1をすると、心身の強さが手に入ります。瞬発的な運動で筋肉に刺激を入れ、パンチ! キック! と、全身を大きく動かすことで、体全体の筋力向上ができます。K-1は有酸素運動なので脂肪燃焼、ストレス発散など、さまざまな効果をもたらし、さらに護身術にもなります」

ストレス発散しながら運動ができ、脂肪燃焼にもなるなら、いますぐにでも始めたいところ。

ただひとつ気になるのが、K-1をすると筋肉ムキムキになってしまうのではないか...という点です。

強いけれどしなやかな体をつくるためのプログラム

筋肉がついた体にあこがれるけど、ムキムキにはなりたくない...。そんな不安に対して、

「K-1ジム自由が丘では、"トレーニングをしてそのまま終わり" ということをしません。なぜなら、もったいないから。身体を強く動かしたあと、そのままにしてしまえば固く大きな筋肉や乳酸、疲労物質がたまったままとなります。そこでK-1ジム自由が丘ではヨガを取り入れ、『しなやかな美しさ』が手に入るようにしました。まずヨガで心身を内側から温め、K-1では強く激しく、ときにはやさしく動き、最後にまたヨガを取り入れると、やわらかく強い心身が作られます」

と、戸邊さん。しなやかな美しさも同時に手に入るよう、K-1にヨガをプラスしたプログラムを考案しているというK-1ジム自由が丘。

実際、トレーニングジムとヨガスタジオの両方に別々に通うとなると続かないので、ワンストップでできるプログラムは助かります。

K-1ジム自由が丘では、まったくのビギナーから始められるようクラス分けが成されていて、自分の運動レベルを気にすることなく始められるがうれしい。

また、平日は20時スタートのクラスもあり。仕事の帰りに立ち寄ったら、1日のストレスも吹き飛びそうです。

K-1ジム自由が丘

写真/Shutterstock

力武亜矢

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. 「セクシーな下着を着ていたせい」なんてありえない! 理不尽なレイプ裁判に女性たちが団結

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    9. 高学歴・高収入・高身長。あなたが男性に求めるものは? #女子のホンネ

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. ありそうでなかった広告画像。スリムとプラスサイズのモデルが同じドレスを着たら...

    5. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 終電を逃すと厄介だ。でもぼくは「帰る場所」を手に入れた #終電と私

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. ギクッ! 女子のちょっとお下品な生態がイラストになった

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    女性専用K-1ジムで気分爽快。パンチ! キック! で冬太り解消する

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More