1. Home
  2. お出かけ
  3. もう今すぐNYに飛びたくなった。クリスマスの街はまるでアミューズメントパーク

もう今すぐNYに飛びたくなった。クリスマスの街はまるでアミューズメントパーク

1,100

もう今すぐNYに飛びたくなった。クリスマスの街はまるでアミューズメントパーク

日本でも毎年ニュースになる、ロックフェラーセンターの大きなツリーが点灯し、ホリデーシーズン真っただなかのニューヨーク。

五番街やブライアントパークなど、ニューヨークのあらゆる場所がクリスマス一色になって輝いています。

週末は見学者で身動きがとれないほど混んでいる場所もありますが、見ているだけで寒さも吹き飛ぶようなハッピーさに街中が包まれています。

ここはアミューズメントパーク? サックス・フィフスの豪華ショー

「ホリデー」といえば、まず思い浮かぶほど有名なのが、ニューヨークの老舗デパート「サックス・フィフス・アベニュー」。

今年80周年を迎えたディズニーの『白雪姫と7人の小人』を祝し、例年と比べてもさらに豪華でファンタジックな世界を繰り広げています。

五番街に面したビルの壁一面を使用した光のショーは、お城を描いたイルミネーションが。さまざまな光でめくるめく世界を見せ、『いつか王子様が』『ハイホー』などのディズニーでもお馴染みの音楽がさらに盛り上げています。

白雪姫のスローライドみたいなホリデー・ウィンドウ

光のショーのほかにサックスで大人気なのが、ホリデー・ウィンドウ。五番街に面した14のショーウィンドウを使い、白雪姫のストーリーを再現しています。

どのウィンドウも、なかで白雪姫が、小人が、継母が、そして王子様が動くのです。

その精巧さはまるでアミューズメントパークのスローライドを、歩きで、しかも街中で体験しているかのようで、まさにスペクタキュラー。

20171214_ny02.jpeg20171214_ny03.jpeg

白雪姫のドレスは、ファッションデザイナーであるアルベルタ・フェレッティ、ナイーム・カーン、モニーク・リュイリエー、マルケーザが手がけていて、子どもだけでなくファッション好きな大人の心もわしづかみにしています。

20171214_ny04.jpeg20171214_ny05.jpeg20171214_ny06.jpeg20171214_ny07.jpeg20171214_ny08.jpeg

じつはけっこうスリリングな白雪姫の物語。臨場感たっぷりです。

20171214_ny09.jpeg

最後に王子様が登場。添えられた言葉は「Happily Ever After(永遠にしあわせに)」。

しあわせそうな白雪姫の笑顔はホリデーの温かなムードにぴったり。

ニューヨークの魅力が詰まったバーグドルフ・グッドマン

20171214_ny10.jpeg

ニューヨークを代表するラグジュアリーなデパート「バーグドルフ・グッドマン」の今年のテーマは「To New York With Love(ニューヨークへ愛を込めて)」。

20171214_ny11.jpg20171214_ny12.jpg20171214_ny13.jpg

ニューヨーク・フィルハーモニック、ニューヨーク・ボタニカル・ガーデンなど、この街のアイコンといえるアトラクションをフィーチャーしたウィンドウは、それぞれクリエイターたちの解釈がおもしろいアート作品。

恐竜をスワロフスキーのクリスタルで表現した自然史博物館など、さすがバーグドルフ・グッドマンだけあって、ゴージャスな世界観です。

カフェも話題。象徴的なブルーボックスが輝くティファニーのウィンドウ

20171214_ny14.jpeg

ニューヨーク五番街、しかもクリスマス。

ここに行かないでどこでギフトを買うの? というくらい、ホリデーシーズンを代表するジュエリーブランド「Tiffany & Co.(ティファニー)」。

ティファニーブルーのボックスを見てときめかない人はいないかもしれません。

五番街フラッグシップに待望の「ブルーボックスカフェ」がオープンし、本当にティファニーで朝食ができる! と話題になった今年のテーマは、やはり「ブルーボックス」。

20171214_ny15.jpeg

オーストリアのガラスメーカー「Lobmeyr(ロブマイヤー)」が製作したシャンデリアも、すべてのウィンドウで強烈な光を放っています。

なんだかほのぼの。異彩を放つバーニーズ

20171214_ny16.jpeg

お洒落セレブをはじめ、感度の高い人たちのお気に入りショッピングスポットいえば「バーニーズ・ニューヨーク」。今年のテーマ「Haas For the Holidays」。

20171214_ny17.jpeg

20171214_ny18.jpeg

ぱっと見はホリデー・ウィンドウとは認識しにくいポップな世界は、クリスティ・デジタル・システムズによるLED技術を使っています。

各ウィンドウを原始、ユートピア、ミレニアム、キノコのブラックホールといった個性的な時代設定で地球を解釈したというユニークさ。

独自路線とゆるキャラのようなほのぼのムードが一周回ってお洒落、といった感じです。

アップルサイダーにスケート。クリスマスの楽しさはエンドレス

20171214_ny20.jpeg

ホリデー・ウィンドウのほかにも、ニューヨークでクリスマスを感じる要素はたくさんありますが、この時期だけ現れるクリスマスマーケットもこのシーズンを象徴するイベント。

コロンバスサークルやブライアントパーク、ユニオンスクエアなどにたくさんの屋台が立ち並びます。

寒い冬の夜、湯気を立てるホットアップルサイダーを片手にお店をのぞくのは、理想的なホリデーの夜の過ごしかた。

20171214_ny19.jpeg

セントラルパークやロックフェラーセンターでするアイススケートもホリデー気分を盛り上げます。

ストリートにはツリーのマーケットが立ち並び、前を通るたびに爽やかな木の香りに包まれるこのシーズン。

初めてクリスマスをニューヨークで過ごす知人は、そこら中にあふれるツリーやイルミネーションに「本場(?)は違う!」と目を白黒させていました。

あまりの寒さに感覚が研ぎ澄まされるようなニューヨークの冬。華やかな街が心を温め、冷たい夜も忘れさせてくれます。

Time Out

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 高学歴・高収入・高身長。あなたが男性に求めるものは? #女子のホンネ

    9. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    10. これはお洒落...なのか? バレンシアガのインスタがいろいろカオス

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. ありそうでなかった広告画像。スリムとプラスサイズのモデルが同じドレスを着たら...

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 終電を逃すと厄介だ。でもぼくは「帰る場所」を手に入れた #終電と私

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. ギクッ! 女子のちょっとお下品な生態がイラストになった

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    もう今すぐNYに飛びたくなった。クリスマスの街はまるでアミューズメントパーク

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More