手ぶらはかどる、ウエストバッグ

バッグとしても使えるし、コーディネートのアクセントにもなるし、手ぶらで颯爽と歩く姿がかっこいい。でも、一歩間違えたらダサくなってしまいそう...。

そこで参考にしたいのが、海外ファッショニスタたちのコーデ術です。

ベルト代わりにウエストマーク。ワントーンコーデのアクセントに

上下赤でまとめたシンプルなスタイルに、黒のウエストバッグをオン。ワントーンコーデは小物使いで変化を出すと、グッとこなれた印象に。

コートの上に身につけて、バランスと雰囲気を引き締める

トレンチコートの上からウエストマークすれば、コーディネートのバランスも全体の雰囲気もキリッと引き締まります。切りっぱなしデニムと白のスニーカーで、ほどよくカジュアルさも演出。

スタイルアップしたいなら、ウエストバッグで視線を上に

レインボーなスカートが目を引くコーディネート。ヴィヴィッドなウエストポーチで視線を上に持ってくることで、スタイルアップも叶います。

モノトーンコーデの差し色としてウエストバッグを投入

コーディネートに色を差したいときにも、ウエストバッグがお役立ち。バッグとソックスを同じ色で統一することで、より垢抜けた印象に。

柄 × 柄のごちゃっと感を、ウエストバッグが中和してくれる

チェック × チェックの上級者コーデ。野暮ったく見えそうな柄と柄の組み合わせも、かっちり感のあるウエストバッグがうまくまとめてくれます。

肩落としとウエストバッグで、デニムオンデニムも垢抜ける

デニムオンデニムは、アウターの肩落としとウエストバッグで変化をプラス。デニムに馴染みやすいブルーのポーチを選べば、全体の雰囲気も崩しません。

メンズライクなスタイルには、斜め掛けするのもあり

メンズライクなスタイルは、ウエストバッグを斜め掛けしてとことんクールに。ブラックレザー素材のポーチなら、初心者でも取り入れやすい。

後ろづけすれば、バックスタイルのアクセントに

ウエストバッグをくるっとまわして後ろづけ。小ぶりのバッグがさりげなく、コーディネートにアクセントをプラスしてくれます。

ハードルが高そうだと思っていたけど、ウエストバッグってむしろコーディネートの悩みを解決してくれる優秀なアイテムなのかも。

凛とした冬の空気のなか、ウエストポーチを身につけて手ぶらで街を闊歩する。そんなイメージを膨らませていたら、冬のおしゃれがますます楽しめそうな気がしてきました。

写真/Shutterstock