女って楽しい。でも、ときどきつらい。とくにそれを実感するのが生理週間

体はだるいし、気分は不安定だし、ときには楽しみにしていた予定が台無しになることも...。

予定日が近づくたびに嫌だなと思っていた生理週間が、ちょっと楽しみになりそうなブランドが今年の秋にデビューしました。

これがナプキン!? 生理用品の概念くつがえるアイテムが勢ぞろい

アパレル中心に事業展開をしている「BAYCREW'S(ベイクルーズ)」から、今年の9月に誕生したのが「EMILY WEEK(エミリーウィーク)」。

エミリーウィークは、ベイクルーズで働くひとりの女性の「女性が生理をポジティヴに捉えられるようなブランドを立ち上げたい」という思いから誕生したブランド。

生理週間を軸とした4週間の女性のバイオリズムに着目し、そのバイオリズムに沿ったアイテムを取りそろえています。

看板商品は、オリジナルのデリケートパッド(布ナプキン)。

まず驚いたのが、パッケージのデザイン性。布ナプキンが入っているとは到底思えないスタイリッシュさがあります。

肌面にはベビー用品にも使われる、ふかふかのオーガニックコットンを使用し、肌ざわりの良さも抜群。

布ナプキンは敷居が高いと感じる人も大丈夫。使い捨てのナプキンも用意されています。

布ナプキンと同様、生理用品の概念をくつがえすようなシンプルなデザイン。

これまでナプキンは見えないようにボックスに入れて保管していたけど、これなら部屋にポンと置いてあっても自然。むしろおしゃれなくらい。

オーガニックコットンを100%使用し、布ナプキンさながらのふっくらしたやさしいつけ心地を実現した、気持ちいいナプキンです。

ほかにも、アメリカのオーガニック下着ブランドのブラやパンツを取り扱っていたり、

生理周期に合わせて体を整えられる、ハーブティやアロマグッズがあったり...。

生理をポジティヴに捉えられそうなアイテムがそろっています。

洋服や小物のように、生理用品も「ほしい」で選びたい

20171201_emily.jpg

エミリーウィークではこの冬、ブランドデビュー以来2度目となる期間限定ショップをオープン。

12月1日(金)〜12月10日(日)までアトレ恵比寿に、12月26日(火)〜1月10日(水)まで渋谷ヒカリエに出店します。

普段はオンラインでしか買うことができないアイテムを、実際に手にとって選べるのがうれしい。

「これでいっか」と、これまで仕方なく買っていた生理用品。

洋服や小物を選ぶように「ほしい」という気持ちで選んだら、もっとポジティヴに生理と向き合えそう。

生理がちょっと好きになれる気がしてきました。

EMILY WEEK

アトレ恵比寿
期間:2017年12月1日(金)~12月10日(日)
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿店本館4F フォンティーヌテラス
営業時間:10:00~21:30

渋谷ヒカリエ
期間:2017年12月26日(火)~1月10日(水)
住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエShinQs 2F
営業時間:10:00~21:00