1. Home
  2. Fashion
  3. ジェンダーフリーにファッションを楽しむサンフランシスコ女子「男が着ようが女が着ようが、関係なくない?」

ジェンダーフリーにファッションを楽しむサンフランシスコ女子「男が着ようが女が着ようが、関係なくない?」

1,384

ジェンダーフリーにファッションを楽しむサンフランシスコ女子「男が着ようが女が着ようが、関係なくない?」

ファッション業界でも「ジェンダーフリー」という言葉が目立つここ最近。

将来、「メンズ」「ウィメンズ」なんて仕分けがなくなるんじゃないか、と毎回友人と話しています。

今回は、とくにジェンダーフリーなファッションを楽しむサンフランシスコのファッショニスタたちと、ランチをしながら語ってみました。

私は体は華奢な女。それでも男っぽさを出したい気持ちもある

サンフランシスコでアートギャラリーのバイヤーをしているアシュリーは、細くて華奢な体型の持ち主。

いつもメンズライクなジャケットにスキニージーンズという、まさにジェンダーフリーなスタイルが定番です。

こだわりはTシャツだそうで、つねに各地のヴィンテージショップに立ち寄っては、ロックなヴィンテージTシャツを買いあさっているのだそう。

「私は体は華奢な女だからね。それでも男っぽさを出したいという気持ちがあるのは事実。だからジャケットとTシャツにはこだわっているの」

「選ぶTシャツが私の自己表現」とまで語る彼女は、この日も黒のヴィンテージTシャツに革のジャケットがかっこいい。

そんなアシュリーが参考にしているのは、モデルのSara Cummings(サラ・カミングス)。

「DIESEL(ディーゼル)」や「GAP(ギャップ)」の広告などに出演しているサラは、ジェンダーフリーのファッションの代名詞。華奢な体でメンズライクなスタイルを着こなし、独特の雰囲気が大人気の注目のモデルです。

ファッショニスタ注目のジェンダーフリーなブランド

スタイリストをしているジェイコブは日本の「COMME des GARÇONS(コム・デ・ギャルソン)」と「UNDERCOVER(アンダーカバー)」が大好きな32歳。

彼はスカートとパンツの重ね着など、モードなスタイルが得意です。

この日はレディースのツイードジャケットにヴィンテージデニムという、彼にしか似合わないであろう上級者スタイル。

そんなジェイコブに注目のブランドを聞くと、「RAD HOURANI(ラッド・ハウラニ)」というブランドを教えてくれました。

ジェンダーフリーなブランドとしてファッショニスタたちもチェックしているのだそう。シャツやニットなど、まさに性別やサイズを気にせず誰もが着れるモードなブランドです。

私もさっそくグレーのニットを購入してみました。なかなかほかのブランドのウィメンズサイズにはないであろう、メンズライクなシルエットのニットは最高です。

いま、日本でもLGBTが社会的に認知されていますが、世界のなかでもサンフランシスコはその認知度がナンバーワンと言われています。

モデルやセレブリティ、またファッションの業界に限らず、さまざまな環境でも堂々とジェンダーフリーなファッションを楽しむ人が多く、職場でもプライベートでも、彼女、彼らのファッションに注目してしまいます。

ランチの最後にジェイコブはこう話していました。

「男が着ようが女が着ようが、その人のスタイルになっていれば関係なくない? ただ、着たいのにサイズがないっていうのがいちばん辛いから、早くトップブランドがジェンダーフリーになってくれたらなあ」

写真/Shutterstock

フレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    2. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    3. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    4. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    7. もう女友だちと比べたくない。本当の美しさって何だろう?

    8. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. ガガは素肌にビッグスーツ。レッドカーペットで貫いた信念って?

    1. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    2. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    5. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    6. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    4. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    9. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    10. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    ジェンダーフリーにファッションを楽しむサンフランシスコ女子「男が着ようが女が着ようが、関係なくない?」

    FBからも最新情報をお届けします。