1. Home
  2. Fashion
  3. グッチがファー利用廃止へ。ファッションは思想的に納得して楽しむ時代きた

グッチがファー利用廃止へ。ファッションは思想的に納得して楽しむ時代きた

1,736

グッチがファー利用廃止へ。ファッションは思想的に納得して楽しむ時代きた

「GUCCI(グッチ)」が、2018年春夏コレクションからファーを使わないことを宣言しました。

とうとうグッチも。続々と増えるファー不使用のブランドたち

Gucciさん(@gucci)がシェアした投稿 -

Business of Fashion」によると、これはデザイナーのアレッサンドロ・ミケーレ氏とともに下された決断で、グッチのマルコ・ビッザーリCEOは「ファーはちょっと時代遅れ」だと言い切っています。

これからは、ファーの代わりにフェイクファーや新素材を使っていくとのこと。

ファーを使わないブランドといえば「STELLA McCARTNEY(ステラ・マッカートニー)」がよく知られていますが、この10年ほどでファー不使用のブランドはどんどん増えています。

たとえば、「Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)」は2006年にファー利用禁止を決めているし、最近ではオンラインストアの「Net-a-Porter(ネッタポルテ)」がファー製品を取り扱わないと発表しました

Gucciさん(@gucci)がシェアした投稿 -

この流れは法律にも及んでいて、「Fur Free Alliance」によれば、イギリスでは2000年、オーストリアでは2004年に毛皮農場が禁止されています。

さらに、じつは日本でも2016年に最後の毛皮農場が閉鎖されていたそうです。

一昔前はフェイクファーというと手触りがチープだったり、やけに重たかったりして、あまり食指が動かないものでした。

でも、いまはリアルファーのように繊細な風合いを持ったものがたくさん出ていて、しかもたいていはリアルファーよりお手ごろで、クリーニングなどの取り扱いも楽なものが多くなっています。

もう「お洒落をとるか、思想をとるか」の二択ではない

Gucciさん(@gucci)がシェアした投稿 -

とはいえ、ファーを避けることは、どこかお洒落より思想を優先しているようなお硬いイメージがあったような気がしていました。

でも、ミケーレ氏のもとでスタイリッシュ全開のデザインをこれでもかと提案し、ファーをポイントにしたローファーやスリッパをヒットさせたばかりのグッチがファー禁止を宣言したことは、かなりのインパクトです。

そうでなくても、「Business of Fashion」が指摘しているように、いまは「お洒落をとるか、思想をとるか」という二択でなく、思想的に納得していないと、どんなにかわいいものを着ていても楽しめないという人が増えている気がします。

でも、もちろん「みんなファーをやめるべき」ということではなくて、ひとりひとりが自分なりの感覚で、納得できる選択をしていけばいいのです。

Business of Fashion, Fur Free Alliance

写真/gettyimages

福田ミホ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    2. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    3. ファッショニスタに学ぶ、セットアップをさらっと着こなすテクニック

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    9. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    8. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    9. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    4. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    グッチがファー利用廃止へ。ファッションは思想的に納得して楽しむ時代きた

    FBからも最新情報をお届けします。