1. Home
  2. Cosmetics
  3. ヘア・メイク
  4. くすみ、クマ、ニキビ跡...。肌悩みをカバーする素肌メイクをプロに聞いてみた

くすみ、クマ、ニキビ跡...。肌悩みをカバーする素肌メイクをプロに聞いてみた

くすみ、クマ、ニキビ跡...。肌悩みをカバーする素肌メイクをプロに聞いてみた

ベースメイクは厚ぬりするよりも、素肌感を残した薄づきがいまの気分。

とはいえ、薄づきだけを意識してメイクをすると、肌悩みが隠しきれないことも...。

実際、20代女性は薄づきメイクに好感を持っている一方で、その約7割が「自分の肌に自信がない」と答えています。

ヘアメイクアップアーティスト・KUBOKIさんが教える悩み別ベースメイク方法

20171003_kate01.jpg

ヘアメイクアップアーティスト KUBOKIさん

それなら、あえて厚づきにして、なのに厚づきに見えないベースメイクをすればいい! と「KATE」が発表したのが「ケイト シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド)」。

20171003_kate05.jpgケイト シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド)

今回は、厚づきで肌悩みをカバーしつつも素肌感を出すベースメイク方法を、ヘアメイクアップアーティストのKUBOKIさんに聞いてきました。

血色が悪い

20171003_kate02.jpg

「血色が悪い人には、僕は基本的にピンクベージュのような暖色系の下地を仕込んでいます。まず、おでこ、両ほほ、あごの4点に下地を置いたら、顔の中心から外に伸ばして。

ピンクの色味が入っているので、顔のトーンが明るくなって、顔の透明感をぐっと上げてくれます。とくに目の下のくすみが強い人は、下地をもう一度重ねてあげてもOKです」

目の下のクマが目立つ

20171003_kate03.jpg

「リキッドファンデーションを手の甲に1プッシュ出したら、先ほどの下地のように顔に4点置きしてください。そして、中心から外に向かってぬっていく。あごまわりは、下から上に引き上げるようにぬるのがおすすめ。気持ちも変わってきて、表情も上がります。

目に下のクマをカバーするには、コンシーラをがっつり使わなくてもファンデーションで十分。目の下にやさしく置く感覚でとんとんとぬると、色ムラもなく素肌っぽさが出ます」

ニキビ、ニキビ跡が気になる

20171003_kate04.jpg

「あまり目立たないニキビの場合は、クマをカバーするときと同様にファンデーションを重ねる方法で大丈夫。もし隠れないほどの大きなニキビの場合は、ピンポイントでコンシーラを使ってあげるのが良いですね。

スティックコンシーラをニキビに直でとんとんとのせます。そして、やさしく上から叩いてあげる。このときに注意点としては、大きなニキビは何度も上から叩くんじゃなくて、まわりをぼかすだけに止めておく、ということ。必要以上に叩くと、刺激を与えてしまうので」

ベースメイクさえうまくいけば、その日のメイクは完成する

20171003_kate06.jpg

KUBOKIさんにとって、ベースメイクは、

「ベースメイクさえうまくいけば、その日のメイクは完成、と言えるくらい大事にしているもの」

なのだそう。それほど、全体の印象が左右する大切なパーツのようです。

自分の素肌に自信がないまま、無理に薄づきベースメイクをするよりも、しっかりカバーしつつも厚づきに見えないベースメイクをしたほうが、顔の印象だけでなく、気分も明るくなれる気がします。

撮影・取材/グリッティ編集部

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    4. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 終わりはいつだって悲しい。でも、私たちには「いま」が広がっている

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. 1年でなんと3500時間! 化粧している間にスキンケアできるファンデが出るよ

    9. 復縁したことある? 忘れられない人っているよね... #女子のホンネ

    10. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 女子の8割が持つデリケートゾーンの悩み。手のひらサイズのアレが解消してくれるかも

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. 江戸時代はクリスマスカラーのリップが流行ってた! 昔の美意識どうかしてるぜ...

    5. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    6. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 好きな人からの返信、どれくらい待てる? #女子のホンネ

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. 1年でなんと3500時間! 化粧している間にスキンケアできるファンデが出るよ

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 「最近の若者は...」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. 懐かしみがすごい! 平成の女子高生ファッションを振り返ってみた

    4. 「私たち付き合ってるの?」な状態。経験ある? #女子のホンネ

    5. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    6. ホワイトデーのお返し問題。迷惑だったもの1位は、まさかのアレ...!

    7. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    8. 「不思議ちゃんだよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    9. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    10. セルライトぐんぐん流すぞ! お尻の穴をキュッと締めるバレエポーズ

    くすみ、クマ、ニキビ跡...。肌悩みをカバーする素肌メイクをプロに聞いてみた

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More