1. Home
  2. 恋愛
  3. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

36,337

挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

ついつい他人と比べてしまうセックスのあれこれ

なかでも気になることのひとつが、挿入してから彼がイクまでにかかる時間。

「なんだかいつもアッという間に終わってしまうけど、これってもしかして短すぎ?」と悩んでいる女子って意外と多いようです。

短い? 長い? 挿入時間の平均は5分4秒

オーストラリアにあるクィーンズランド大学の心理学者、Brendan Zietsch(ブレンダン・ズィエッチ)先生が、とても興味深いリサーチデータを発表しました

500人の男性を対象に、ペニスをヴァギナに挿入してからイクまでの時間を測ったところ、最短で33秒、最長で44分という結果が出たとのこと。

「40分以上」という数字には少し驚きましたが、平均値は意外にも5分4秒と予想していた時間より短め。

何より数字にかなりのバラツキがあり、個性が出ているな、という印象を受けます。

セックスの平均時間は12分。432組のカップルを調査

また、アメリカのセックストイ & アプリ「Lovely」が432組のカップルを対象に、2千回以上のセックスの統計をとった結果、セックスにかかる平均時間は12分であることが判明

このデータには前戯が含まれているのか、それとも挿入してからの時間なのかは不明ですが、それでも前出のブレンダン先生のおこなったリサーチの結果の範囲以内。

仮に前戯を含む時間だったとしても、決して「長すぎる」という時間ではありません。

セックスの長さと愛情は関係ない

ふたつの調査結果から確信できるのは、セックスの長さはカップルによって違っていて、「正しいセックスの長さ」の定義なんて存在しないということ。

そのときのお互いの体調やムードによって長さも変わっていくし、「短すぎるのは愛情が足りないから」とか、「長ければ長いほど、ふたりが愛し合っている」というわけでもありません。

実際、『The New Naked: The Ultimate Sex Education for Grown-Ups(新しい裸族:オトナのための究極のセックス教育)』の著者であるHarry Fisch(ハリー・フィスチ)先生が、約45パーセントの男性は、挿入してから2分以内にフィニッシュを迎えることを証明している通り、生物学的に早く「イってしまう」男性も多いのです。

カップルによって、セックスの長さもそれぞれ。

お互いがセックスの最中に満足感を得られているのなら、短くても長くても問題なし。

それでも「もう少し長くセックスを楽しみたい」と思うなら、前戯にたっぷり時間をかけてみるのもありです。

THE CONVERSATION, LOVELY, NEW REPUBLIC

写真/Shutterstock

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    2. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    3. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    4. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    7. もう女友だちと比べたくない。本当の美しさって何だろう?

    8. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. ガガは素肌にビッグスーツ。レッドカーペットで貫いた信念って?

    1. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    2. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    5. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    6. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    4. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    9. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    10. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた