1. Home
  2. Cosmetics
  3. ヘア・メイク
  4. 「ブリーチすると髪傷む」の常識変わった。ヘアカラーはもっと自由に楽しめる

「ブリーチすると髪傷む」の常識変わった。ヘアカラーはもっと自由に楽しめる

「ブリーチすると髪傷む」の常識変わった。ヘアカラーはもっと自由に楽しめる

素髪の美しさを大切にしたい。

だからこそ、髪を傷めるブリーチはあきらめるしかない、と思っていました。

そんな考えを覆してくれたのが、9月19日にヘアコスメブランド「Schwarzkopf(シュワルツコフ)」が開催した「touch & feel FIBREPLEX night」。

道端アンジェリカさん登場。ヘアスタイルを変えたくなるときって?

2017920_angelica01.jpg

ステージには、特別ゲストとして道端アンジェリカさんが登場。これまでモデルとしてさまざまなヘアを経験してきた彼女が、ヘアスタイルについて語ってくれました。

「ヘアスタイルは女性にとってすごく大事なポイント。テンションをあげてくれるものだし、気分が変わります。

とくに季節の変わり目、ファッションが変わるときはヘアスタイルを変えたくなりますね。あと、恋愛をすると、女性って髪型変わりませんか? まわりの友だちにも、好きな男性に合わせて変える子が多いんですよ」

ショートヘアからロングヘア、エクステンション、金髪まで挑戦してきたというアンジェリカさん。彼女にとって、ヘアスタイルは気分と直結しているようです。

「ブリーチは傷んだ経験しかない...」

20170920_angelica03.jpg

さまざまなヘアスタイルを叶える手段のひとつがブリーチ。あらかじめ髪を脱色することで、きれいにカラーリングすることができます。

ところが、アンジェリカさんには、ブリーチにあまり良い思い出がないみたい...。

「ブリーチはもう傷んだ経験しかないです(笑)。ブリーチしないと良い色がでないので、傷んでもいいから妥協してブリーチする、ということもありました。でも、家でドライヤーを当てていると切れ毛が床に落ちていたり、傷んでいるっていうのを実感するんですよね」

きれいなカラーにしたい。だから、髪が傷むのはしょうがない。アンジェリカさんがブリーチをするときには、そんな「妥協」がつきものだったようです。

髪へのダメージを最大94%削減するヘア強化アイテム

そんな悩みを解決してくれるのが、「シュワルツコフ」の「FIBREPLEX ファイバープレックス」。

「ボンド ブースター(前処理剤)」と「ボンド シーラー(専用アフタートリートメント)」の2ステップで、傷んだ髪の補修をうながすだけでなく、ハイトーン施術のダメージを軽減してくれます。

なんと、ハイトーンカラーやブリーチをしたときの枝毛や切れ毛を最大94%削減した、というデータもあるとのこと。これは期待できそう!

20170920_hair01.jpg

さらに驚いたのが、カラーの高い再現度。

ステージには、「シュワルツコフ」のプロフェッショナル インターナショナル クリエイティヴ ダイレクターであるサイモン・エリスが登壇。日本人モデルの髪を実際にカラーリングし、その変化を披露してくれました。

20170920_model01.jpg20170920_model02.jpg20170920_model03.jpg20170920_model04.jpg20170920_model05.jpg20170920_model06.jpg

「本当に元は黒髪だったの?」と疑いたくなるほどの鮮やかなカラー。

にもかかわらず、遠くからでもわかるほど艶やかな髪の質感は、ブリーチしたあととは思えないほど。

「シュワルツコフ」のテクノロジーによって、もうブリーチは「髪を傷めるもの」じゃなくて、「髪を美しくするもの」へと生まれ変わったようです。

Schwarzkopf(シュワルツコフ)

撮影・取材/グリッティ編集部

Writing byGLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    2. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    3. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    4. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    5. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    6. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    7. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    8. 色っぽいツヤ肌メイク。イガリシノブさんにコツ聞いてみた

    9. 記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

    10. 1日1人は新しい人と出会うっていうのを自分に課してる。佐藤ドンドコの原動力

    1. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    2. 勇気を出して成人式へ行った。心の黒い部分が洗われた気がした【文太の日記】

    3. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 「デブ」「ブス」「モンスター」ネガティヴな言葉を強さに変えたビューティブロガー

    9. 胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

    10. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    1. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    2. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    3. 引っ越して3か月。年始にだらだらしすぎている同棲中カップルの会話 #東京で恋をする

    4. ユニクロ × スヌーピーのルームウェア。もう1日中着ていたい...

    5. 普段、何デニールのタイツ履いてる?

    6. 彼から「好きだけど結婚する気はない」と言われた。どうしたらいい?【解決しない恋愛相談室】

    7. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    8. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    9. 結婚はあこがれじゃなくてリアル。いまどき男女の結婚観

    10. 勇気を出して成人式へ行った。心の黒い部分が洗われた気がした【文太の日記】

    「ブリーチすると髪傷む」の常識変わった。ヘアカラーはもっと自由に楽しめる

    FBからも最新情報をお届けします。