もう当然のようにデニムが大好き。

だからこそ、秋もデニムはマストアイテムです。

さわやかないまの季節は、サンダルからブーツまで幅広いシューズのセレクトを楽しむのにもってこい。

デニムの丈をちょっと意識するだけで、シューズとのバランスがぐっと秋らしくなります。

どんなシューズとも好相性のくるぶし丈デニム

服は秋にシフトしつつも、足もとはくるぶしを見せてまだまだヌーディに。このミスマッチを遊べるのも、心地良いいまの季節ならではです。

これから出番が増えてくるショートブーツ。くるぶし丈のデニムを選ぶと、もたつかずにスマートなバランスで履けます。

スタイルにアクセントを加える前後差丈デニム

秋色パンプスには、裾を前後差丈にカットオフされたデニムをチョイス。

短めに切りっぱなしされた前裾が、コーディネートのポイントであるパンプスを強調し、脚を美しく演出してくれます。

ベーシックなレザースリッポンの日は、シンプルにまとまりすぎないように、デニム裾の前後差とワンポイント刺繍でアクセントを加えます。

遊び心のある前後差丈デニムをアピールしたいなら、選ぶブーツはフィット感のあるものを。足もとにメリハリをつけてくれます。

裾フリンジデニムで足もとに動きを出す

足もとにヘルシーさを出したいなら、素足にパンプスが正解。裾がフリンジになっている印象的なデニムが、足もとに動きを出してくれます。

ハイカットブーツを美しく見せるロールアップデニム

裾次第では、ハイカットブーツだってきれいに着こなせます。裾を太めに折り返して短め丈に調整すれば、インパクトのあるデザインブーツをスタイリングの主役に。

今日もデニム、明日もデニム。

デニムの丈とシューズの組み合わせ次第でコーディネートの幅が無限に広がるんだと思うと、もっとデニムが好きになりました。

こちらも読まれています

秋はモノトーンチェック。ガーリーもマニッシュも自由自在

毛穴の黒ずみどうにかしたい。正しい「いちご鼻」ケアをプロに聞いてみた #sponsored

状況を打破するためにまず始めたのが、靴を新調すること #ふたりごと