1. Home
  2. Trend
  3. iPhone、Androidアプリ
  4. スマホで撮ったら取引完了。ストレスフリーにブランド品を売るサンフランシスコ女子

スマホで撮ったら取引完了。ストレスフリーにブランド品を売るサンフランシスコ女子

スマホで撮ったら取引完了。ストレスフリーにブランド品を売るサンフランシスコ女子

憧れのハイブランドのバッグ。買いたいけれど、手が出ない。

そこで、いまアメリカで人気なのが、ユーズドファッションオンラインサービス。

今回はとにかく素早くて大人気。スマホさえあれば、その場で売れちゃうバッグの買取オンラインサービスを紹介します。

アメリカで人気。ユーズドファッションオンラインサービス

最近、日本でも「ZOZO」がユーズドのブランド品を買取、販売するサービスを展開し、利用者が多いと聞きました。

アメリカでも、以前から、数々のブランド品のユーズド買取、販売オンラインサイトがあり、ニューヨークやロサンゼルスなどの都市部はとても利用者が多いとのこと。

とはいえ、ブランド品のユーズドを個人で売買するのは、本物かどうかの不安がつきものです。

売る側の場合でも、かなりのインフォメーションを与えなければ、信用に関わります。

また、アメリカは返品が多いので、個人で売買して返品されるケースはけっこうストレス...。

スマホと売りたいブランドバッグさえあれば取引できる「REBAGG」

いま注目の「REBAGG(リバッグ)」は、ニューヨークで2014年にスタートしたブランドバッグの買取サービス。

スマホと売りたいブランドバッグさえあれば、すぐに取引することができます。これが本当に素早い!

バッグの表、裏、底、ダメージ部分など、約6パターンの写真をスマホで撮って、アプリからポスト。そのときに、ブランド名やモデル名などインフォメーションを入力。

あとは、「REBAGG」から査定額が送られてくるのを待つだけ。とにかくかんたんです。

私も試しにルイヴィトンのバッグの写真をスマホから送ってみると、なんと翌日には査定額が送られてきました。その値段で承認すると、あとは送られてきたボックスに入れて送り返すだけ。

気になる査定額ですが、思っていたよりもかなり良い値段。個人で売る場合の手間を考えると、「REBAGG」ならストレスフリーです。

送ったバッグが「REBAGG」に着いてから、なんと3日ほどで買取額が支払われました。

こんなにかんたんなら、使わないブランドバッグはすべて「REBAGG」で売ろうかな....。

状態の悪いものは受け付けてもらえないので注意

友人たちにもすぐにこの情報をシェア。さっそく彼女たちも「REBAGG」を利用し始めました。

「かんたんで支払いまでがスムーズ。とにかく早いわ!」

と話したアマンダは、セリーヌなどのブランド品を数点売ったそうです。

「買取額がすぐに支払われるから、それで新しいバッグを買ったわ」

とまたバッグを購入していました。

ただし、「REBAGG」は状態の悪いものは受け付けてもらえないので、要注意。ブランドバッグは大事に使いましょう。

REBAGG

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

排卵期はセクシーなアイテムが欲しくなる。生理周期とショッピングの関係性

毛穴パックは逆にNG? 正しい「いちご鼻」ケアをプロに聞いてみた #sponsored

ブクブク、ペッで息きれい。持ち歩きに便利なマウスウォッシュ

フレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. おめでとう! メーガン・マークルが結婚でゲットしたもの

    2. 2泊3日の韓国旅行。女子旅って楽しい! #ふたりごと

    3. 「ティファニーで朝食を」が生まれ変わった。パーカーにデニムの気軽さがうれしい

    4. 買い物はスマホでずる賢く。いまどき女子のマイルール

    5. 発想に脱帽。アクセサリーを作るプラモデルにワクワク止まらない

    6. 衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

    7. キャミソール1枚でもいやらしくならない着こなしのコツ

    8. パンプス履くとき、靴下どうしてる?

    9. 正社員にこだわりはない。どう生きたいかで仕事を選ぶオージーガール

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. パンプス履くとき、靴下どうしてる?

    2. おめでとう! メーガン・マークルが結婚でゲットしたもの

    3. 衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

    4. 30秒じっとするだけでお腹ほっそり

    5. 買い物はスマホでずる賢く。いまどき女子のマイルール

    6. 結局、一生いじめや争いが完全になくなることはない【文太の日記】

    7. バツイチ歴18年目。「結婚」について考えてみた #ふたりごと

    8. 「ティファニーで朝食を」が生まれ変わった。パーカーにデニムの気軽さがうれしい

    9. JINSのメガネ。女子の「かわいい」が盛り盛りでもう胸が痛い

    10. 発想に脱帽。アクセサリーを作るプラモデルにワクワク止まらない

    1. 生理の3Dアニメでタブーを打破。このシュールさがどこか懐かしい...

    2. パンプス履くとき、靴下どうしてる?

    3. おめでとう! メーガン・マークルが結婚でゲットしたもの

    4. 衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

    5. 30秒じっとするだけでお腹ほっそり

    6. バツイチ歴18年目。「結婚」について考えてみた #ふたりごと

    7. 買い物はスマホでずる賢く。いまどき女子のマイルール

    8. 生理用品、何使ってる?

    9. あ、アソコ蒸れてる...。デリケートゾーンの不快感をささっと拭き取るウェットティッシュ

    10. ぶっちゃけ、貯金してる?

    スマホで撮ったら取引完了。ストレスフリーにブランド品を売るサンフランシスコ女子

    FBからも最新情報をお届けします。