1. Home
  2. Trend
  3. iPhone、Androidアプリ
  4. スマホで撮ったら取引完了。ストレスフリーにブランド品を売るサンフランシスコ女子

スマホで撮ったら取引完了。ストレスフリーにブランド品を売るサンフランシスコ女子

スマホで撮ったら取引完了。ストレスフリーにブランド品を売るサンフランシスコ女子

憧れのハイブランドのバッグ。買いたいけれど、手が出ない。

そこで、いまアメリカで人気なのが、ユーズドファッションオンラインサービス。

今回はとにかく素早くて大人気。スマホさえあれば、その場で売れちゃうバッグの買取オンラインサービスを紹介します。

アメリカで人気。ユーズドファッションオンラインサービス

最近、日本でも「ZOZO」がユーズドのブランド品を買取、販売するサービスを展開し、利用者が多いと聞きました。

アメリカでも、以前から、数々のブランド品のユーズド買取、販売オンラインサイトがあり、ニューヨークやロサンゼルスなどの都市部はとても利用者が多いとのこと。

とはいえ、ブランド品のユーズドを個人で売買するのは、本物かどうかの不安がつきものです。

売る側の場合でも、かなりのインフォメーションを与えなければ、信用に関わります。

また、アメリカは返品が多いので、個人で売買して返品されるケースはけっこうストレス...。

スマホと売りたいブランドバッグさえあれば取引できる「REBAGG」

いま注目の「REBAGG(リバッグ)」は、ニューヨークで2014年にスタートしたブランドバッグの買取サービス。

スマホと売りたいブランドバッグさえあれば、すぐに取引することができます。これが本当に素早い!

バッグの表、裏、底、ダメージ部分など、約6パターンの写真をスマホで撮って、アプリからポスト。そのときに、ブランド名やモデル名などインフォメーションを入力。

あとは、「REBAGG」から査定額が送られてくるのを待つだけ。とにかくかんたんです。

私も試しにルイヴィトンのバッグの写真をスマホから送ってみると、なんと翌日には査定額が送られてきました。その値段で承認すると、あとは送られてきたボックスに入れて送り返すだけ。

気になる査定額ですが、思っていたよりもかなり良い値段。個人で売る場合の手間を考えると、「REBAGG」ならストレスフリーです。

送ったバッグが「REBAGG」に着いてから、なんと3日ほどで買取額が支払われました。

こんなにかんたんなら、使わないブランドバッグはすべて「REBAGG」で売ろうかな....。

状態の悪いものは受け付けてもらえないので注意

友人たちにもすぐにこの情報をシェア。さっそく彼女たちも「REBAGG」を利用し始めました。

「かんたんで支払いまでがスムーズ。とにかく早いわ!」

と話したアマンダは、セリーヌなどのブランド品を数点売ったそうです。

「買取額がすぐに支払われるから、それで新しいバッグを買ったわ」

とまたバッグを購入していました。

ただし、「REBAGG」は状態の悪いものは受け付けてもらえないので、要注意。ブランドバッグは大事に使いましょう。

REBAGG

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

排卵期はセクシーなアイテムが欲しくなる。生理周期とショッピングの関係性

毛穴パックは逆にNG? 正しい「いちご鼻」ケアをプロに聞いてみた #sponsored

ブクブク、ペッで息きれい。持ち歩きに便利なマウスウォッシュ

Writing byフレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    2. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    3. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 丸、三角、六角形。バッグの形がどんどん自由化してる

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    9. 記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

    10. 1日1人は新しい人と出会うっていうのを自分に課してる。佐藤ドンドコの原動力

    1. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    4. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    5. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

    9. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    10. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    1. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    2. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    3. 引っ越して3か月。年始にだらだらしすぎている同棲中カップルの会話 #東京で恋をする

    4. ユニクロ × スヌーピーのルームウェア。もう1日中着ていたい...

    5. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    6. 普段、何デニールのタイツ履いてる?

    7. 彼から「好きだけど結婚する気はない」と言われた。どうしたらいい?【解決しない恋愛相談室】

    8. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    9. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    10. 結婚はあこがれじゃなくてリアル。いまどき男女の結婚観

    スマホで撮ったら取引完了。ストレスフリーにブランド品を売るサンフランシスコ女子

    FBからも最新情報をお届けします。