1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. 排卵期はセクシーなアイテムが欲しくなる。生理周期とショッピングの関係性

排卵期はセクシーなアイテムが欲しくなる。生理周期とショッピングの関係性

排卵期はセクシーなアイテムが欲しくなる。生理周期とショッピングの関係性

生理のときって、イライラしたり甘いものばかり食べたくなったり、自分で自分をコントロールするのが大変...。

そんな、まだまだ知らないことが多い、生理と女子の行動パターンの関係性。

じつは生理って、ショッピングにも大きな影響を与えているんです。

生理の2週間前になるとショッピング欲が高まる

カナダにあるコンコーディア大学のGad Saad(ギャド・サアド)教授が、56人の女性の35日間における行動を記録したダイアリーをもとに、生理周期とショッピングの関係性についてのリサーチを発表しました。

毎日のショッピングのパターンから、美容ケア、食事内容、ファッションにいたるまで、その日一日どんなことに関心・興味があったのかを、細かくチェック。

集めたデータをくわしく分析した結果、56人ほぼすべての女性が、生理期間中はほとんどショッピングをせず質素な生活を送っていたのに対し、生理の始まる2週間前の排卵期には、積極的に欲しいものを買っていたことが明らかになりました。

排卵期にはセクシーなアイテムが欲しくなる

女性のショッピング欲が高まる原因として考えられるのが、排卵期に増加する女性らしさを生み出すエストロゲンホルモンの影響。

消費サイコロジストのKristina Durante(クリスティーナ・ドゥランテ)先生によると、

「この時期は、自分の容姿や外見を引き立たせたいというメスの本能がむき出しになるため、セクシーな下着やゴージャスなドレス、アクセサリーといった、男性の視線を意識したアイテムを買い求めたくなる」

とのこと。

逆に生理中は、エストロゲンホルモンが減少するため、ショッピング熱も徐々にクールダウンするのだそう。

自分のショッピングのパターンを振り返ってみても、「なるほど」と思い当る節が...。

生理前になると普段は欲しくないバッグやコスメがどうしても欲しくなったり、ネットショッピングにどっぷりハマったり、何だかいつもの自分のテイストと違うものが、急に気になりだしてしまいます。

でも、いったん生理が始まると、あんなに欲しいと思っていたものがウソのようにどうでもよくなってしまうのです。

スーパーへの買い出しは排卵期がベストタイミング

「女性の本能が高まる排卵期は、自分の外見にばかり意識が向くため、自分のおなかを満たすスイーツや高カロリーの食べ物には興味がわかなくなる」

と語るクリスティーナ先生。

逆に排卵期を狙って、食材をそろえにスーパーへ買い出しに行くと、冷静に必要なものだけを賢くショッピングできます。あれもこれもと欲張って「買いすぎ = 食べ過ぎ」を防ぐこともできそう。

一見何の関係もないように見えるけれど、じつは深いところでつながっている生理と女子のショッピング事情。

自分の生理周期を知ることで、もっと経済的にショッピングが楽しめそうです。

Period!

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

「生理がくると胸が大きくなるの」ジジもケンダルもケイティ・ペリーも堂々と生理のホンネを語ってる

毛穴ケア間違ってたかも...。正しい「いちご鼻」ケアをプロに聞いてみた #sponsored

「生理や出産がどういうものか知らない」インターセックスのモデル、ハンネ・ギャビー・オディール

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    2. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    3. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    4. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    7. もう女友だちと比べたくない。本当の美しさって何だろう?

    8. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. ガガは素肌にビッグスーツ。レッドカーペットで貫いた信念って?

    1. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    2. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    5. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    6. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    4. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    9. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    10. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた