1. Home
  2. ヘア・メイク
  3. スマホで肌をスキャンするだけ。自分だけに合うファンデーションが作れるアプリ

スマホで肌をスキャンするだけ。自分だけに合うファンデーションが作れるアプリ

2,511

スマホで肌をスキャンするだけ。自分だけに合うファンデーションが作れるアプリ

自分に合ったファンデーションを選ぶのって、意外と難しい...。

そんな悩みを解決してくれる、自分専用のファンデーションを作れるアプリが、いま海外で注目されています

スマホで世界にたったひとつだけのファンデーションが作れる

ニューヨークのコスメブランド「bareMinerals(ベアミネラル)」がローンチした「Made-2-Fit」。

スマホを顔に当てるだけで、自分の肌にぴったり合うファンデーションが作れるという画期的なアプリです。

鼻の付け根、あご、両頬、額といった各パーツの肌の色を、最新のテクノロジーを駆使してスキャン。データを総合的に分析して、自分の肌専用のファンデーションを作り出してくれるのです。

できあがったボトルには自分の名前が刻まれていて、それだけでテンションが上がります。

世界でひとつだけの自分専用のコスメなんて、とても贅沢な響きです。

意外と難しいファンデーション選び。もう妥協はしたくない

メイクアイテムのなかで、いちばんベーシックで、だからこそ選ぶのが難しいのがファンデーション。

自分の肌に合わないファンデーションをつけていると、浮いてしまってなんだか野暮ったくなってしまいます。

たとえば、「ライトベージュ」といっても、その色味はさまざま。

いままではコスメストアにあるファンデーションのなかで、自分の肌色にもっとも近くて無難なものを選ぶしかなかったけれど、もう妥協はしたくない。

これからは、素肌がいちばん輝く自分だけのファンデーションをつけたい気分です。

緑茶やビタミンEを配合。つけている間、美肌ケアも期待できる

10年連続で「allure」のReader's Choiceに選ばれるなど、以前から高い機能性と使い心地が評価されていたベアミネラルのファンデーション。

今回のカスタムメイドバージョンには、緑茶やビタミンE、カモミール等が配合されていて、つけている間アンチエイジング効果が期待できるとのこと。

肌をきれいに見せるだけじゃなく、同時に美肌ケアもしてくれるなんて、もう手放せません。

これからは自分の肌に合うオリジナルをオーダーメイドする時代。ビューティー × テクノロジーのコラボレーションが、ますます進化していることを実感します。

HELLO GIGLLES, Made-2-Fit, bareMinerals, allure

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

サッと拭くだけ。顔、洗わなくてもいい

脱・いちご鼻。黒ずみ毛穴の正しいケア方法って? #sponsored

つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    スマホで肌をスキャンするだけ。自分だけに合うファンデーションが作れるアプリ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More