最近、肌で感じるのが秋の気配。

まだ暑くても、着る服は秋仕様にシフトしたい気持ちがふつふつわいてきます。

それならボトムスは夏のまま、トップスだけをパフスリーブにチェンジ。

ふわりとした袖のシルエットが特徴のパフスリーブ。レディでクラシックなルックスが、自然と気持ちを秋へとスライドさせてくれます。

うすブルーのワントーンコーデ。さわやかに秋を迎える

夏にはきたおした、アイスブルーのデニムパンツ。長袖シャツを合わせて、秋要素をプラスする。とはいえ、さわやかなうすブルーを選んだのは、夏への名残惜しさの表れかも。

ふんわりパフスリーブは、ジャストフィットなデニムと好バランス

どんなトップスとも相性が良いから、つい手にとってしまうジャストフィットなデニムパンツ。パフスリーブのふんわりとしたシルエットが、カジュアルさのなかに女性らしさを匂わせます。

とことんメリハリのある袖シルエットを楽しむ

パフスリーブをもっと楽しむなら、とことんメリハリのついたデザインを選ぶのもあり。シンプルなボトムスであればあるほど、ユニークさが際立つスタイルが完成します。

スポーティボトムス × パフスリーブで秋仕様に

スポーティに傾きがちだった夏スタイル。そのまま秋仕様に落とし込むなら、フリルがとびきりガーリーな、パフスリーブブラウスを。絶妙なアンバランスさが実現します。

もはや欠かせない白シャツ。この秋はパフスリーブで取り入れる

もはやオールシーズン欠かせない白シャツ。ベーシックな形のものはすでに持っているから、この秋は袖のデザインに遊び心があるものをチョイス。

リゾートワンピだってカーディガンを羽織れば秋っぽい

この夏お気に入りのリゾートワンピースは、まだまだ着たい。袖に表情のあるカーディガンをオンすれば、リラックスした空気感を、秋にも引き続き楽しめます。

サマーワンピに絶妙にマッチするパフスリーブのライトコート

夏仕様のワンピースを秋らしい装いで楽しむなら、ライトコートを羽織る。袖にパフが施されているだけで、スタイルに新鮮さがプラスされます。

動くたびにふわん。

風をはらむその姿が、長袖なのにどこか涼しげにみせてくれます。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

白シャツは、大きければ大きいほどいい

毛穴パックは逆にNG? 正しい「いちご鼻」ケアをプロに聞いてみた #sponsored

スマホで肌をスキャンするだけ。自分だけに合うファンデーションが作れるアプリ