電車のなかでも布団のなかでも、暇さえあれば見ちゃうスマホ。

スマホと距離をおこうと思ったことは何度もあるけれど、SNSの誘惑に負けてすぐに断念...。

そんななか、デジタルデトックスがはかどりそうな方法を、兄弟メディア「ライフハッカー(日本版)」で発見しました。

スマホ中毒から抜け出したいなら、画面をモノクロに

グーグルの元デザイン倫理学者であり、非営利法人「Time Well Spent」の創設者Tristan Harris(トリスタン・ハリス)さんが、スマホ中毒を克服する方法としてすすめるのが、スマホの画面をモノクロにすること。

カラーではなくモノクロにすることで、ついつい見ちゃうインスタやスナチャも、あまり魅力を感じなくなるのだそう。

たしかに考えてみると、色ってけっこう大事。くもりの日のグレーの海は魅力が半減するし、ごはんだって彩り豊かなほうが見ていて食欲がわいてきます。

それはどうやらスマホの画面にも言えるようで...。

20170818_smartphone1.jpg

カラーとモノクロ。こうやって画面を見比べてみると一目瞭然!

同じ画面のはずなのに、カラーのほうが見ていてわくわくするし、アプリのアイコンをタップしたくなります

20170818_smartphone2.jpg

カラーの画面をモノクロにするには、

画面をモノクロにする方法はAndroidのスマホは機種ごとに異なりますが、基本的にはメニューの「アクセシビリティ」のところに行きましょう。iOS 10の場合は、「設定 > 一般 > アクセシビリティ > ディスプレイ調整 > カラーフィルタ」を開き、カラーフィルタをオンにして、グレイスケールを選びます。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

とのこと。

たったの数十秒でできる設定で、スマホ中毒とさよならできるなら、試してみる価値がありそう。

ボタンを3回クリックして切り替え。ショートカット機能が便利

ただひとつ気になるのが、数十秒でできるとはいえ、スマホを見るたびに設定を切り替えるのが面倒くさそうだということ。

だからといって、ずっとモノクロにしておくわけにもいきません。LINEだってインスタだってカラーで楽しみたい。

そんなときに便利なのが、ショートカット機能です。

「設定 > 一般 > アクセシビリティ > ショートカット」で、「カラーフィルタ」にチェックを入れると、もっと簡単にカラーとモノクロの切り替えができます。これで、ホームボタンを3回クリックするだけで(これまで色を反転していた画面が)、グレイスケールになります。また3回クリックすれば元に戻ります。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

このようにカラーとモノクロを、ホームボタンひとつで簡単に切り替えることができるみたい。

スマホはいまや、いちばん身近なテクノロジー。だからこそ、上手に付き合うことが大切です。

ライフハッカー(日本版)

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

ブラの外し方で危険を察知。レイプから身を守るステッカー

インスタの写真でうつ状態がわかるかも。色は白黒、頻度は高め

意外だった。世界を旅する女子ふたりの必須アイテムって? #sponsored