1. Home
  2. Fashion
  3. 「ユニクロはシンプルすぎて難しい...」サンフランシスコ女子のリアルな意見聞いてみた

「ユニクロはシンプルすぎて難しい...」サンフランシスコ女子のリアルな意見聞いてみた

「ユニクロはシンプルすぎて難しい...」サンフランシスコ女子のリアルな意見聞いてみた

サンフランシスコでも店舗が増え、じわじわと人気の出てきた「UNIQLO(ユニクロ)」。

最近では、アメリカの空港に設置された衣料品用の自動販売機の「Uniqlo To Go(ユニクロ・トゥ・ゴー)」が話題になっています。

サンフランシスコの女子からすると、ユニクロはちょっと地味でシンプルなイメージのようで、みんなが支持しているのはデザインではないようです。

ファッショニスタの友人たちと、サンフランシスコでユニクロについて語りました。

「ユニクロは外出着には向いてない」

「クオリティはとてもいいんだけど、デザインがシンプルすぎて、あまり外出着には向いてない」

「ほとんど下着か部屋着しか買ったことがないわ。保温機能のある下着がお気に入り」

「あの軽いダウンジャケットはいいわ! キャンプやハイキング用に買ったわよ」

友人たちと話していると、そんな声が多く、クオリティの高さについては、とても評価しているように感じます。

とはいえ、高いクオリティだとわかっていても、シンプルなアイテムが多いユニクロの商品は、ファッションアイテムとしての人気はまだまだみたい。

ユニクロのブラは最高。でも、デザインはZARAが好き

一方、アメリカで人気が急上昇しているのが「ZARA(ザラ)」。

ヨーロッパのトレンディなデザインに定評があるのですが、どちらかというとモードなイメージのあるZARAが、これだけサンフランシスコでも人気があるのには驚きます。

「デザインよ。ZARAはアメリカのファストファッション系にはない、おもしろいデザインや柄があって、とても個性があるの」

そう話す友人・イザベルがこの日着ていたのは、トレンドの真っ白なフリルトップスにギンガムチェックのスカート。どちらもZARAで購入したのだそう。

そんな彼女に、ユニクロアイテムについて聞いてみると、

「肌触りがいいし、長時間つけていてもすごく快適」

と、ブラジャーを絶賛していました。やっぱりサンフランシスコ女子は、インナーとしてユニクロを愛用している様子。

では、外出着としてはどうなのか聞いてみたところ、

「コーディネートが難しいのよ。カラーもデザインも、シンプルすぎて」

と答えてくれました。

接客もていねい。サンフランシスコでのユニクロの評価は?

今回、話を聞いた4人は、みんなファッション関係の仕事をしているトレンドセッターな友人たち。

とはいえ、トレンドに敏感でなくても、大きな路面店がユニオンスクエアにあるくらいなので、ユニクロのサンフランシスコでの認知度は高いはず。

ユニオンスクエア店の店員さんに聞いてみると、年中気温が低めのサンフランシスコでは、軽くて保温性の高いダウンジャケットや、保温下着のヒートテックなどはやはり人気があるのだそう。

店員さんたちはとてもフレンドリーで、日本式のていねいな接客が浸透している様子。店内も清潔で、掃除や整頓がきちんとされています。

これ、日本では当たり前ですが、棚に置いてある商品がぐちゃぐちゃだったり、誰かが飲んだスタバのカップが棚に置かれていたりすることがあるアメリカでは、なかなか貴重なことなのです。

そのため、アイテムに加えて接客についてもクオリティの高さが認められているユニクロ。

とはいえ、「ファッションとしてのユニクロ」に関心を持ってもらえていないのは悲しいので、さっそく4人を連れて、そのままユニクロに行きました。

「ユニクロのシンプルなアイテムで、個性あるコーディネートを見せてよ」

なんて言われ、プレッシャーを感じながらも、けっこういいレクチャーができたと思います。

これだからファッションっておもしろい!

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

ユニクロ。パリジェンヌは非凡に着こなす

ユニクロがデニムに本気出した

服はベーシック。スキンケアは全て持って行く。旅慣れ女子の旅のこだわり #sponsored

Writing byフレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    2. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    3. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 丸、三角、六角形。バッグの形がどんどん自由化してる

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    9. 記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

    10. 1日1人は新しい人と出会うっていうのを自分に課してる。佐藤ドンドコの原動力

    1. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    4. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    5. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

    9. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    10. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    1. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    2. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    3. 引っ越して3か月。年始にだらだらしすぎている同棲中カップルの会話 #東京で恋をする

    4. ユニクロ × スヌーピーのルームウェア。もう1日中着ていたい...

    5. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    6. 普段、何デニールのタイツ履いてる?

    7. 彼から「好きだけど結婚する気はない」と言われた。どうしたらいい?【解決しない恋愛相談室】

    8. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    9. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    10. 結婚はあこがれじゃなくてリアル。いまどき男女の結婚観

    「ユニクロはシンプルすぎて難しい...」サンフランシスコ女子のリアルな意見聞いてみた

    FBからも最新情報をお届けします。