最近、ますますヒートアップしているフィットネスブームの影響で、ファッション性の高いフィットネスウェアがどんどん登場してきています。

そのため、ジムに通っていてもいなくても、ファッショナブルなヨガパンツやスポーツブラを普段使いしている女性が急増中です。

90%の女性が日常的にフィットネスウェアを愛用している

ゴルフアパレルブランド「Golf Support」が1,700人の女性を対象におこなった調査によると、90%の女性が、「エクササイズの場面以外でも、ジムウェアやヨガパンツを日常的に愛用している」とのこと。

また、そのうち75%が「ジムウェアって着心地がいい」と回答しています。

この結果には納得!

私も毎日ジム通いしていますが、トレーニング用のスパッツやブラって、激しい運動をしても胸が揺れたり、肌にこすれたりすることがないようにデザインされているため、機能性が抜群。

だから、着ていてとてもリラックスできるのです。

着るだけでアクティヴな気持ちになれる

フィットネスが盛んなオーストラリアでは、スポーツブラ × ノースリーブのトップス × タイトなレギンスを休日ウェアとして着こなしている女性がたくさん。

また、女性の心をくすぐるキュートでセクシーなフィットネスウェアを展開しているブランドも豊富です。

なかでも、手ごろな価格とカラフルなデザインが魅力的な「Cotton On Body」や、働く女性向けの洗練された「Lorna Jane」が人気。

ノーメイクや簡単にまとめたヘアスタイルでも様になるフィットネスウェアは、「今日はどんなファッションにしよう」と悩む必要もないから、すごくラク。

それに、着ているだけでアクティヴになれるから不思議です。

「フィットネスウェア=ジム」の時代は終わった

動きやすさを考えて計算され尽くした機能性に加え、背中のデザインが網目状になっているキャミソール、ロゴがインパクト大のタンクトップなど、ファッション性の高いアイテムが勢ぞろい。

ほどよい露出でセクシーに、でもヘルシーに着こなせるのもフィットネスウェアの魅力です。

「フィットネスウェア=ダサい」なんていうのはもう時代遅れ。

カラフルでキュートなデザインのフィットネスウェアは、ジムのなかだけでなく、アクティヴに過ごしたい休日にこそ着たいアイテムです。

METRO

写真/gettyimages

こちらも読まれています

むくんでいるときが試着チャンス。ランニングシューズの選びかた

服はベーシックで小物はビーチ映え。旅慣れ女子の必須アイテムを聞いてみた

深田恭子の健康美スタイルの源。ドラマ現場で必ず履いているものって...?