ファッションの最先端を行く街・パリにも夏が到来。

パリジェンヌたちの服装も、すっかりサマーモードになっています。

ここ最近、街でよく見かけるファッションカラーはホワイト。日焼けした肌にも、色白の肌にも合うホワイトは、暑い夏をさわやかに過ごすのに最適。

ファッションが大好きなパリジェンヌたちの白の着こなしは、個性があってバリエーション豊かです。

着こなしかたは無限。パリジェンヌのホワイトファッション

リトルブラックドレスならぬリトルホワイトドレスは、普段よりちょっとだけドレスアップしたい、というときに重宝するアイテム。

やわらかい印象で、ほどよくカジュアルに決まります。

小ぶりのチェーンバッグを合わせたら、フェミニンで夏らしいコーディネートの完成です。

暑い真夏日は、ホワイトタンクトップでヘルシーに。シンプルなアイテムだからこそ、大ぶりアクセを合わせたり、ヘアスタイルにこだわったりと、自分だけの着こなしが楽しめます。

タンクトップはジャケットやカーディガンと合わせればオフィスシーンでも着られるので、オンオフでがらっと印象を変えることが可能です。

ストリートライクに着こなしたいなら、ホワイトをデニムで取り入れて、柄やロゴの入ったTシャツとのマッチングを楽しむのもあり。

ベルトとブーツをブラックで合わせてコントラストをつけることで、全体のバランスが引き締まり、マニッシュなスタイルになります。

Gwennさん(@sweetieytb)がシェアした投稿 -

バカンスを快適に過ごすためにパリジェンヌが選ぶのは、ホワイトレースが華やかなコンビネゾンスタイル。

バックが大胆に開いたデザインでも、旅行先なら気にせず着られます。

いまや、東京を含む世界中の都市で開催されるイベント「Dîner en blanc(ディネ・アン・ブラン)」も、じつはフランス発。

フランスでは、本場なだけあって、みんなホワイトに身を包むものの服装がまったく被っていません。フランス人にとって、じつに多くのホワイトの着かたがあるのだと再確認できます。

ホワイトはどんな色にも合わせやすいので、そのぶんデザインや形における選択肢もたくさん。だからこそ、組み合わせを考えるのが楽しいし、毎日でも取り入れられます。

TPOによって服装をがらりと変えるパリジェンヌにとって、ホワイトの着こなしはまさに無限なのです。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

「人間のヘアケアっていつも的外れ」髪の悩みを聞いてみた #sponsored

もうずれ落ちない。日本人の鼻にぴったりのサングラス見つけた

アラサー女子騒然。世界で6600万回以上再生された話題の動画 #sponsored