GLITTYの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. Fashion
  3. パリジェンヌと白

パリジェンヌと白

パリジェンヌと白

ファッションの最先端を行く街・パリにも夏が到来。

パリジェンヌたちの服装も、すっかりサマーモードになっています。

ここ最近、街でよく見かけるファッションカラーはホワイト。日焼けした肌にも、色白の肌にも合うホワイトは、暑い夏をさわやかに過ごすのに最適。

ファッションが大好きなパリジェンヌたちの白の着こなしは、個性があってバリエーション豊かです。

着こなしかたは無限。パリジェンヌのホワイトファッション

リトルブラックドレスならぬリトルホワイトドレスは、普段よりちょっとだけドレスアップしたい、というときに重宝するアイテム。

やわらかい印象で、ほどよくカジュアルに決まります。

小ぶりのチェーンバッグを合わせたら、フェミニンで夏らしいコーディネートの完成です。

暑い真夏日は、ホワイトタンクトップでヘルシーに。シンプルなアイテムだからこそ、大ぶりアクセを合わせたり、ヘアスタイルにこだわったりと、自分だけの着こなしが楽しめます。

タンクトップはジャケットやカーディガンと合わせればオフィスシーンでも着られるので、オンオフでがらっと印象を変えることが可能です。

ストリートライクに着こなしたいなら、ホワイトをデニムで取り入れて、柄やロゴの入ったTシャツとのマッチングを楽しむのもあり。

ベルトとブーツをブラックで合わせてコントラストをつけることで、全体のバランスが引き締まり、マニッシュなスタイルになります。

バカンスを快適に過ごすためにパリジェンヌが選ぶのは、ホワイトレースが華やかなコンビネゾンスタイル。

バックが大胆に開いたデザインでも、旅行先なら気にせず着られます。

いまや、東京を含む世界中の都市で開催されるイベント「Dîner en blanc(ディネ・アン・ブラン)」も、じつはフランス発。

フランスでは、本場なだけあって、みんなホワイトに身を包むものの服装がまったく被っていません。フランス人にとって、じつに多くのホワイトの着かたがあるのだと再確認できます。

ホワイトはどんな色にも合わせやすいので、そのぶんデザインや形における選択肢もたくさん。だからこそ、組み合わせを考えるのが楽しいし、毎日でも取り入れられます。

TPOによって服装をがらりと変えるパリジェンヌにとって、ホワイトの着こなしはまさに無限なのです。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

「人間のヘアケアっていつも的外れ」髪の悩みを聞いてみた #sponsored

もうずれ落ちない。日本人の鼻にぴったりのサングラス見つけた

アラサー女子騒然。世界で6600万回以上再生された話題の動画 #sponsored

Writing byELIE INOUE

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. あなたはどのニャンコ? 性格から猫タイプが分かっちゃう

    2. 女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? #ふたりごと

    3. お手本はオリビア・パレルモ。アシンメトリーなミディアムスカートで春をエッジィに迎える

    4. 仕事でのストレスは溜まらない。やる気はあるけど執着心はないオージーガールの働き方

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 無心で見ちゃう...。猫のチョコケーキがくるくる回る

    7. バーバリーチェックが虹色になった。LGBTQ+をハッピーに応援

    8. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. 海外の人気コスメが集結する「Sephora」に行きたくて仕方ない!

    1. いま、恋してる?

    2. ありのままの自分も意外と悪くないじゃん! コンプレックスが好きになれるプロジェクト

    3. あなたはどのニャンコ? 性格から猫タイプが分かっちゃう

    4. 仕事でのストレスは溜まらない。やる気はあるけど執着心はないオージーガールの働き方

    5. もっといい人がいるかも? って思っちゃう。でも、結婚したい。

    6. 女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? #ふたりごと

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. 【ライター募集】グリッティで記事を書いてみませんか?

    1. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    2. 合コン以来、初めてふたりきりで会った男女の会話 #東京で恋をする

    3. もうスッケスケ。2018年のランジェリーはヌーディに着る

    4. お風呂、いつ入ってる?

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 女子のアソコのプリントアート。人それぞれでなんか気持ち軽くなった

    7. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    8. パリジェンヌが驚いたのは、東京女子のあの習慣

    9. 答えは体幹。身長150センチ台のオルセン姉妹がモードを着こなせる理由

    10. 「似合う眉毛が分からない...」スマホでさくっと診断できるサービスできた

    パリジェンヌと白

    FBからも最新情報をお届けします。