1. Home
  2. Fashion
  3. 「あの子は、僕のどこが好きなんだろう」それが、彼からのはじめての電話 #ふたりごと

「あの子は、僕のどこが好きなんだろう」それが、彼からのはじめての電話 #ふたりごと

ふたりごと

「あの子は、僕のどこが好きなんだろう」それが、彼からのはじめての電話 #ふたりごと

私にとって、居心地がいい人...。

久美ちゃんが言うように、嫌いなもの、嫌いなことに対する感覚が同じってとても重要なことだよね。

嫌いなことのなかでも、ものすごく嫌いなことが同じってことがポイント。

居心地がいいのは、自分と違う考えかたをする人

21070712_hisakon_02.jpg20170712_hisakon_03.jpg

嫌いなこと...。それは、「地雷」にもなりうる。地雷を踏んでしまったら、そこで関係が終わってしまうくらい致命的なときもあるもんね。

人に傾倒し過ぎない人、共通点はあるけれどまったく違う考えかたやアプローチをする人といると居心地がいい。そして、そういう人が好きなのかもしれない、って最近わかってきた。

とはいっても、人を攻撃することで自分を正当化する人や、ネガティヴな考えかたの人は苦手。視野がせまいのも、困る。お互いのことを尊重しようとするキャパはないとね。

なんて言ってはいるけれど、自分のことはまったく分析できないの。

周りの仲良しからは「久子はチャレンジャーだねぇ」ってよく言われる。お付き合いする人のキャラクターや、友だちのジャンルや範囲がどうやら広いらしい(笑)。

恋愛だけじゃなくて、人と付き合うことの始まりは、頭でするものじゃなくて、心でするもの。

友だちに弁護士がいると使えるから知り合いになっておこうとか、つながっておくと得しそうとか、そういう戦略的な考えかたにはどうしてもならない。

一緒に過ごす楽しい時間は、頭じゃなくて心に貯めていきたい。勉強になるような有意義な時間も、同じこと。

言わなくてもわかるでしょう、なんて思っちゃダメだよね

201704_hisakon_05.jpgいまでは、いろいろなジャンルの友だちが増えてきたけれど、20代のころは女友だちと2人でお茶をすることも稀だった。

男性しかいない職場だったからなのか、女子校出身なのに、女性と何を話していいのかさえもよくわからなかった。仕事に忙殺されて気が付かなかったけれど、完全にコミュニケーション障害だったのかも。

そんな私だっただから、いまはいろいろな人の話を聞いたり、意見を交換できたりすること自体をとてもしあわせに感じる。

人が、好き。私が人とコミュニケーションをとるときに、決めていることがある。

それは、相手に期待し過ぎないってこと。

人の数だけ考えかたはいろいろあるし、違いやズレがある。違うからこそ楽しいってことも多いよね。

だから、相手が自分の思った通りの答えを出してくれなくても、それはそれ。相手が何を言おうが、それはその人の状況もあるし自由だよね。私にはコントロールできないことだから。

そして、押し付けがましい馴れ合いの気持ちをもたないようにも意識してる。言わなくてもわかるでしょう、なんて思っちゃダメだよね。

「あの子は、僕のどこが好きなんだろう」彼からのはじめての電話

20170712_hisakon_06.jpg「あの子は、僕のどこが好きなんだろう」

仕事からの帰り道、ふとそんなふうに思って電話してみたって。それが、彼からのはじめての電話。

「君のことを考えてるってことだよ」と言われたけれど、うれしいような、ちょっと物足りないような。

でも、どこが好きか、なんて説明しだしたら止まらない。ううん、まったく説明できないかも。

尊敬できるとか、頼り甲斐があるとか...。好きってことは、私にとって具体的な感情をすべてひっくり返すような感じ。言葉ではうまく言い表せない。

映画や音楽...。心が揺れるものの背景は調べようといってきたけれど、私にとって、好きな人の背景はどうでもいいんだってことがわかった。

その人といることで、いままで知らなかった自分が出てきて、新しい自分に気づいたり。

そう、ただただ、私はあなたを魅力的に感じている。そして、私もあなたにとって魅力的な存在でありたい。

誰かと一緒にいたい理由って、そんなんじゃダメかな(笑)。

なかなか素直になれない

20170712_hisakon_08.jpgでも、なかなか素直になれない。

私、喧嘩をすると、黙るほう。それは、勢いに任せて人を傷つけるようなことを言いたくないって気持ちが強いからなんだけれど。

それにしても、もっと素直に考えていることや、気持ちを伝えられたら、なんて思う熱帯夜です。

久美ちゃんは、素直に自分の気持ちを伝えられない...そんなときはどんな表現をするようにしてる?

こちらも読まれています

「アラサー」に異議あり。実年齢に誇りをもって生きていく #sponsored

9億年前のダイヤモンドがお守り。モデル・有末麻祐子さん25歳からのMy First #sponsored

「ドライヤーあてられるときとか歯を食いしばってる」髪の悩みを聞いてみた #sponsored

Writing by行方ひさこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    4. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    5. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    6. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    7. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    8. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    9. 冬こそシースルーソックス。春をひとさじ加えてみる

    10. もうUV怖くない。紫外線の量がわかるネイルチップ

    1. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 勇気を出して成人式へ行った。心の黒い部分が洗われた気がした【文太の日記】

    7. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    8. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    9. 「デブ」「ブス」「モンスター」ネガティヴな言葉を強さに変えたビューティブロガー

    10. 胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

    1. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    2. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    3. 引っ越して3か月。年始にだらだらしすぎている同棲中カップルの会話 #東京で恋をする

    4. ユニクロ × スヌーピーのルームウェア。もう1日中着ていたい...

    5. 普段、何デニールのタイツ履いてる?

    6. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    7. 彼から「好きだけど結婚する気はない」と言われた。どうしたらいい?【解決しない恋愛相談室】

    8. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. 結婚はあこがれじゃなくてリアル。いまどき男女の結婚観

    「あの子は、僕のどこが好きなんだろう」それが、彼からのはじめての電話 #ふたりごと

    FBからも最新情報をお届けします。